CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
新しい、MikuMikuDance関連本、「MikuMikuDanceユーザーのためのCLIP STUDIO ACTION活用ガイド」




(CLIP STUDIO ACTION)


(可動フィギュアで、「3DCG」を操作する、人型3D入力デバイスQUMARION (クーマリオン))

新しい、MikuMikuDance本が出たみたいで、「MikuMikuDanceユーザーのためのCLIP STUDIO ACTION活用ガイド」という本です。
「CLIP STUDIO ACTION」というのは、MikuMikuDanceで使われているPMD形式のファイルに対応した、セミプロ向けの3DCGツールです。
セミプロ向けといっても、25000円で、一般の人でも、買えない値段ではないので、これで、「QUMARION (クーマリオン)」の値段も、25000円程度に、下がれば、一般の人でも、VOCALOIDを買っているようなユーザーだと、だいぶ、売れるはずだと思います。
一般の人のクリエイターが買える値段の目安は、「25000円」位が限界で、それ以上の値段は、セミプロ向けです。

けっこう、凄い事ができて、特徴を書くと、
・「ボーン」が入っていない3DCGキャラクターも、動かせる
・3DCGキャラクターに、「ポーズ」を取らせて、それを、ドラッグ&ドロップすると、連続した動きの作成が可能
・3DCGキャラクターに、「ポーズ」を取らせる時には、可動フィギュアで、「3DCG」を操作する、人型3D入力デバイス「QUMARION (クーマリオン)」を使えるので、2D絵描きさんなど、3DCGツールに慣れていないクリエイターでも、比較的簡単に、3DCGを動かす事が可能。
MMDで難点だった事は、腕などを回転させる時に、「肘」を、グルグルと回し過ぎて、モーションポイントを打つと、どんどん、ねじれていってしまうので、初心者が、モーションを作ると、肘がよくねじれたのですが、可動フィギュアで、「3DCG」を操作する、人型3D入力デバイス「QUMARION (クーマリオン)」のように、実際のフィギュアで、可動可能な範囲が、ある程度決まっている事で、「ポーズ」データに、ねじれが入り込まないので、3DCGキャラクターに、「ポーズ」を取らせて、それを、ドラッグ&ドロップすると、連続した動きの作成が可能になるという所です。
・できあがったモーションデータは、汎用データとして書き出しが可能

どのような事ができそうなのか?は、ホームページや、説明動画を見た方がわかりやすいです。
こういったような、セミプロ向けの製品は、簡単に扱える半面、自由度が減る所も出てくるので、(要するに、「肘にねじれが入らない簡単操作」=「肘を限界以上に動かす必要性のある場合は使えない(特殊ロボットなどの場合)」などの事)、作る動画の種類によっては、MMDの方が、無限の自由度が高いので、例えば、「全ての親」とか「多段ボーン」的な、無限の自由度で、未来が未知数なのが、MMDの特徴なわけです。
これは、基本コンセプトの違いという事で、「2D絵描きさんなどでも、直感的に扱いやすい簡単操作」の実現する「CLIP STUDIO ACTION」というコンセプトと、「3DCGを自由度が高く、比較的簡単に動かす事が可能」なMMDの違いなわけです。
ただ、「CLIP STUDIO ACTION」と、人型3D入力デバイス「QUMARION (クーマリオン)」の組み合わせは、3DCGの世界に、新しい風を巻き起こす事が可能な、新しいコンセプトのツールだと思うので、例えば、今まで、2D絵描きさんとか、プロの2Dアニメ制作のクリエイターとかで、3DCGは、難しそうで扱えなかったクリエイターでも、3DCGに気軽に触れ合う事ができるので、セミプロや、プロの制作支援とか、例えば、アニメの会議などの中で、即興で、ポーズのイメージ確認をする事ができたり、かなり、セミプロや、プロの制作支援の場では、活躍しそうです。
他にも、「AR」と組み合わせたりして、スマートフォンや、パソコンで、「AR」で、3DCGを登場させたりといった、未来の未知のテクノロジーの可能性を秘めています。

(CLIP STUDIO ACTION)
http://www.clip-studio.com/clip_site/download/clipstudioaction/clipstudioaction_top

評価:
アスキー書籍編集部
アスキー・メディアワークス
¥ 1,785
(2013-03-16)

評価:
---
セルシス
¥ 109,698
(2012-09-21)

| MikuMikuDance参考 | 05:35 | - | - | -
MMD関連本の「MikuMikuDance サードパック」が発売!

 MMD関連本の「MikuMikuDance スターターパック」「MikuMikuDance セカンドパック」の続編の「MikuMikuDance サードパック」が、ついに発売されました!
毎回、書く事ですが、このシリーズは、「ムック」という出版形態をとっているので、欲しい人は、早めに買っておいた方がいいです!
「ムック」という出版形態は、ちょうど、書店においては、「雑誌」と「本」の中間に位置付けされる出版形態で、どちらかというと、「雑誌」に近くて、要するに、「雑誌よりも、長く出版できる形態の、中期間、書店における雑誌」が、「ムック」という出版形態なのです。
この「ムック」という出版形態は、雑誌の「特版」とか、「永久保存版」とかいわれるような、今までの集大成の事が多いので、とても充実した内容となっているので、買って損はない程、いろいろな物が入っている事が多いので、お勧めです!
要するに、「雑誌」は、書店に置ける期間は、ほぼ1ヶ月ごとに、無くなっていってしまいますが、「ムック」という出版形態にすれば、もうちょっと長く、中期間、書店における「雑誌」にする事ができるわけです。
そういったわけで、「ムック」という出版形態の本は、「雑誌」に近いので、「無くなってしまうと、かなり入手困難になる」ので、あるうちに買っておく事を、特に、お勧めするわけです。
今回の、「MikuMikuDance サードパック」では、MMDの後継で開発中のMMMで、増えた機能の解説や、MMEの解説などが載っています。
後は、メインの豪華付録が、MMDの3DCGモデルキャラクターが、「17体」も入っています!
これは、「Windows100%」という雑誌の連載をまとめたものなので、「Windows100%」という雑誌の連載では、この3DCGキャラモデルを、実際に、作っていく過程をやっているので、興味のある人は、それを読むといいです。

(「MikuMikuDance サードパック」付録の17体のMMDの3DCGキャラモデル)
・猫村いろは(ハローキティといっしょ!)
・雪代マイ(ハローキティといっしょ!)
・消臭妖精ノール(「消臭剤」用マスコットキャラクター)
・クラリス(DIVINA)
・楪いのり(ギルティクラウン)
・因果(UN-GO)
・gdgd妖精s(シルシル、ピクピク、コロコロ)
・SV01 SeeU(シユ)(韓国向け出荷VOCALOID)(現在、YAMAHAのVOCALOID開発は、日本語以外の発話が可能な、いろいろな外国語独特の発音を可能にする技術開発が進められている。現在は、英語、スペイン語、韓国語、中国語などの発音が可能になった。)
・結月ゆかり(VOCALOID3)
・蒼姫ラピス(VOCALOID3)
・ファルン(「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!」(ゲーム名だからねっ!))
・貝がらブラッコ(プリティ、ビューティ、ポチャッコ)(広島地方キャラ)
・歌ウタコ(musicるTV)

| MikuMikuDance参考 | 08:04 | - | - | -
MMDの、わかりやすい「多段ボーン講座」と「ぬるぬるモーション作成講座」(PAC氏作)


(たこルカの多段ボーン講座)(PAC氏作)

MikuMikuDanceでの、
・センター
・IK
・全ての親
・全ての親の多段化ボーン
・いろいろな多段ボーン
の違いと、モーション付けをする際の特徴の違いについての、とてもわかりやすい講座です。
自分なんかは、もともと頭が理系とか技術系なので、普通は、こちらの感覚の方が理解しやすいです。
この主に、「全ての親の多段化ボーン」化した場合には、「センター」「IK」「全ての親」「全ての親の多段化ボーン」「いろいろな多段ボーン」の、どれをいじって、今自分が、これから作ろうとしているモーションを作るのか?の設計を、頭の中で、きちんと考えて、管理していかないと、だんだん、無秩序で、滅茶苦茶なモーション付けになっていって、後で、その動画一発でしか使えないようなモーションになって、取り返しの付かないような状態に陥る事が多いので、まずは、ノートに、自分が作りたいモーションの座標管理や、今回は、「どのモーション付けの行動を、どれを使ってやっていくのか?」の管理表を作った方がいいです!
しかし、この「多段ボーン」の使い方は、別に、完全な決まりがあるわけではなくて、「特徴」といった物は、あるわけですが、要するに!「センス」の問題なのです!
「特徴」を、生かしながら、より効率的に管理できれば、最小の労力で、最大の効果を発揮できる!というわけです。
1度、コツが分かってしまえば、今現在、どこをどうするべきか?がわかるのですが、その前の大前程として、この動画を、じっくりと見ながら、各、ボーンなどの特徴について、理解しておいた方がいいと思います。
その後は、もう各個人の「センス」なので、自分の作りたいモーションが作りやすいように考えて、ノートに管理表を書き出してみて、じっくりとやれば、考え方は、できるようになるはずです。
「どのボーンを使うべきか?の管理表」の作り方の考える一例を書くと、
・「補完曲線」を扱いやすい管理表の配置にする。
・「センター」や「IK」を使った方が、楽に作れるモーションは、そちらを使う。
などといった、ポイントが見えてきます。
自分の場合には、主に、「あまり労力や制作時間をかけないでも済むようにする」を重点的な課題においてのやり方なので、この「PAC氏」のように、「ぬるぬるモーション」を作る場合とは、少し考え方や、見るポイントが違うわけです。
この考え方のコツは、「今作っているモーションについて、頭の中で、X,Y,Z軸要素に分離して、どの箇所に、補完曲線を用いるのが、ベストなのか?を考えてから、作っていく」という感覚です。


(ぬるぬるモーションの作り方の解説)(PAC氏作)

「PAC氏」は、「PAC室長」とよく呼ばれて、主に、「多段ボーン」を利用しながら、「ゆるい」動画を作らせたら、天下一品!な人です。
こっちの「ぬるぬるモーションの作り方の解説」は、先程の「たこルカの多段ボーン講座」で、よくわからない人は、どういう構造の何が、どう動いているのか?を見れば、だいぶ理解が深まるはずです。
この「PAC氏」の作っているような「ぬるぬるモーション」は、MMDを扱った人ならば、もの凄く作るのが難しい次元に入る話なので、自分なんかは、パッと見で、もの凄い衝撃を受けたのですが、要するに、「普通の人間のような自然な動き方」=「ぬるぬるモーション」のモーション付けのコツを解説しているわけです。
これは、主に、「多段ボーン」化しないと、作りづらいのですが、「多段ボーン」化した場合の難点は、「モーション」が、その多段ボーンモデル以外では、ほとんど使えなくなる。事が問題なのです。

(追記)
自分は、当分は、この「PAC氏」の「多段ボーン講座」と「ぬるぬるモーションの作り方講座」を師匠にして、やっていってみようかな?と思いましたが、実際には、「センス」という物は、簡単には会得できないものなのです。
結局、「ぬるぬるモーション」自体を、自分で、トレースしたりしながら、「どこを、どうやって、どうなっているのか?」を会得していかなければいけないわけですが、ここら辺は「センス」なわけなので、「PAC氏」のような「ゆるい」動画は、作った本人でないと無理だろうという事がわかっただけであって、「作り方」の講座の概念を完全に理解したとしても、できあがる物は、結局は、その作る人の個性にしかならない!という事がわかっただけです!
で、結局、「PAC氏」の「多段ボーン講座」と「ぬるぬるモーションの作り方講座」を師匠にして、やってみて、今の所できたのは、こんな感じで、「Lat式が、あざとくなった!」だけです!
ジゼル目Lat式
(同じ物を作ろうとしているのに、なぜか?変わる恐怖!)

これは、何となく、自分は、最近の「ラストエグザイル、銀翼のファム」の、おっとりした目付きの「ジゼル目」が気に入ったので、それをやってみようとしたら、なんかこうなった!
後、最近思った事は、「WORKING'!!」の、モーション付けって、うまいなぁと感心したのですが、これも、「PAC氏」の「ゆるい」モーションを見て、気が付いた事なのですが、「WORKING'!!」の、モーション付けでは、あまり意味の無いような、「動作の初動の部分や、動き終わった後の部分に、こだわりがあって、それは、ちょっとした事なのですが、これを付けるのと付けないのとでは、全然!雰囲気が違うのです!」
「WORKING'!!」の、モーション付けについて、個人的に、分析、解析してみたのですが、次のような感じです。
・「ポーズ」自体が、すでに、効果的!である!物を選んでいる。
アニメーションでは、「コマ数」が増えると、大変になるので、「ポーズ」自体が、すでに、効果的!である!物を選ぶ事で、あまり動いていなくても、「もの凄い動きがあるように感じる」というテクニックを使っているようです。
これは、マンガ文化の静止画で、効果的な絵付けができる構図とかがある「日本だから!できる事!」のようです!
これは、MMDでも、「効果的なポーズ付け」が、けっこう大事かな?と思ったので、モーション付けの際の参考にする事にします。
・「WORKING'!!」の、モーション付けでは、あまり意味の無いような、「動作の初動の部分や、動き終わった後の部分に、こだわりがある。」
「ゆるい」系のモーションでは、あまり動かなかったり、「微妙な、しぐさに、こだわる」ので、「動作の初動の部分や、動き終わった後の部分」を、念入りに作り込んでいるようです。
このように、「PAC氏」のような「ゆるい」モーションとは、「しぐさ」であって、「雰囲気」であるので、そこまで、MikuMikuDanceや、アニメなどでも表現できるように時代がなった!3DCGや、アニメの概念の学問が進化した!という事で、かなりの技術の進展があったと考えた方がいいように思います。
「しぐさ」や「雰囲気」の会得は、相当に、上級テクニックの方に入るのではないか?と思ったわけです。
自分の所は、MMDの「入門クラス」担当なので、一通り使い方がわかったら、「かんなP」とかの、たくさんいる「上級クラス」の方に、どんどん進級していって、実力を磨いていって下さい。

評価:
かんなP,ラジP,極北P,ポンポコP
翔泳社
¥ 2,079
(2010-05-11)

評価:
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
翔泳社
¥ 2,709
(2011-03-16)

| MikuMikuDance参考 | 18:53 | - | - | -
MMDの、わかりやすい「補完曲線」の講座があった!


((MMD)補完曲線講座(基礎編))(PAC氏作)

いまいち、よくわからなかったMMDの「補完曲線」の部分の使い方や、特性について、「PAC氏」が、とてもわかりやすい「MMD講座」の解説をしています!
かっこいい「MMD講座動画」を作れる人って、凄いなぁと思います。
というか、講座の動画が凄すぎるので、いろいろなエフェクトや、主に、「しゅしゅミク」の動きが気になって、講座に集中できません!
「エフェクト」などの講座も、やってほしいです!
あざといコンビ(Lat式、ゆきはね式)
(あざといコンビ(Lat式ミク、ゆきはね式ミク))

さらに!「Lat式ミク」に引き続いて、「あざとさ」をかもし出すミクちゃんモデルの「ゆきはね式ミク」が解説しているので、いろいろ気になって、講座に集中できません!
「基礎編」と書いているので、「補間曲線講座(応用編)」も作ってほしいです。
MMDの「補完曲線」は、中級〜上級向けなので、いまいち、自分は、完全に理解できていないのです。
例えば、前に書いた「ブランコ」のような繰り返しモーションを作ってみようとした時に、「1往復分のブランコモーション」に「補完曲線」で、それらしい「振り子」運動には、なったのですが、それを、何往復も繰り返してさせようと思った所、例えば、「歩き」「走り」のようなタイプの同じ「繰り返し」モーションを、次のフレーム位置にコピーしていった所、どうも、「補完曲線」が、うまくいきません。
という感じなので、自分は、「補完曲線」については、いまいち理解できていないのです。

評価:
かんなP,ラジP,極北P,ポンポコP
翔泳社
¥ 2,079
(2010-05-11)

評価:
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
翔泳社
¥ 2,709
(2011-03-16)

| MikuMikuDance参考 | 05:25 | - | - | -
MikuMikuDanceセカンドパック
 MikuMikuDance本で、たぶん、5冊目となる「MikuMikuDanceセカンドパック」が発売されたようです!
この「MikuMikuDanceセカンドパック」は、前に出た「MikuMikuDanceスターターパック」の第2弾という意味です。
このシリーズでは、「モデル」や「ツール」などと、「使い方」を、一緒に、本にしたシリーズなので、MikuMikuDanceが、まったく、はじめての人でも、扱いやすいように工夫されているシリーズなのです!
今回の「MikuMikuDanceセカンドパック」の方の内容は、「MME」が入った事で、「エフェクト」の扱い方が増えています!
また、「ムック」という書籍の形態を説明しておきます。
この「MikuMikuDanceスターターパック」、「MikuMikuDanceセカンドパック」は、「ムック」という書籍の形態をとっています!
まず、「雑誌」と、一般の書籍とが、違う販売形態の事は、みんな知っているわけですが、「雑誌」というのは、「1ヶ月〜2、3ヶ月経つと、書店などで売ってなくなります!(在庫が切れるまで)」
それで、雑誌の形態の中で、「号外」のような雑誌が発売される事が、10年以上前から増えてきた時代がありました!
大体、そういった「号外」の号の雑誌は、「1冊の書籍に限りなく近い、かなり、まとめた本」である事が多かったのです!
そういった「号外」の号の雑誌は、「書籍のように、比較的長い間、読まれる物に、まとまっている」事が多いので、「ムック」という販売形態を作ったわけです。
そういうわけなので、「ムック」という販売形態をしている本が出版された場合には、「雑誌よりは、長い間、手に入りますが、一般書籍と同じように、かなり長い間、手に入るのか?というと、微妙な所に入るのです!」
ですから、「MikuMikuDanceスターターパック」、「MikuMikuDanceセカンドパック」といった「ムック」と書かれている本が、どうしてもほしい場合には、できるだけ早めの売っている時期に、買っておかないと、売っていなくなる可能性もあるので、ほしい人は、早めに買っておきましょう!
| MikuMikuDance参考 | 17:24 | - | - | -
(MikuMikuDance関連本4冊目!)PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
評価:
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
翔泳社
¥ 2,709
(2011-03-16)

 なんか、「MikuMikuDance関連本4冊目!」となる、「PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室」という本が発売予定です!
この本は、第1弾となった、MikuMikuDance関連本にあたる「MikuMikuDanceでPさんと呼ばれる本」の続編にあたる本のようです!
内容は、第1弾から今までの間に増えた機能や、主に、モーション作成のコツなどを扱うようです。
また、kinect対応なんかを使っての、モーション作成のコツなども扱うようです。
後は、MMEエフェクトの扱い方についても載っているようです!
2011年3月16日発売予定です!
| MikuMikuDance参考 | 08:11 | - | - | -
MMDモデルで、物理演算処理の難しい「丈の長いスカートを蹴りながら、踊る動画」


(MMDモデルで、物理演算処理の難しい「丈の長いスカートを蹴りながら、踊る動画」)(MPボーン)(PON式に、丈長スカート+物理演算剛体追加)

ついに!「物理演算」の超難関だった、「丈の長いスカートを蹴る」(足が突き抜けないで)を突破した人が出てきました!(これは、本当に難しい)
すでに、どうやっているのか?説明ができません。
たぶん、スカート処理用に、足に大きめな剛体を付ければいいわけですが、ある程度のサイズを超えると、スカートが膨らんでしまうので、「丈長スカート」を蹴れるようにするには、かなり、いろいろな調整がいるのです。
長いバーのような剛体を、スカート処理専用で入れているのかもしれません。

評価:
かんなP,ラジP,極北P,ポンポコP
翔泳社
¥ 2,079
(2010-05-11)

| MikuMikuDance参考 | 09:04 | - | - | -
<< | 2/2PAGES |