CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 「食戟のソーマ」の「薙切えりな」のもみあげ癖毛の現実検証 | main | 2015年10月近辺開始っぽいアニメ >>
異色の特殊回だった「プリパラ61話」(ギリシャ回、「ダークらぁら」登場ギャップ萌え)

 「プリパラ61話」が、異色の特殊回だったので、2つのテーマで書きます。

(ギリシャ回)
まずは、「ギリシャ回」だった事で、しかも、マイナーな方の古典伝統的ギリシャ回だった事です。
流れで書いていくと、まず、お話がスタートしてすぐは、「そふぃのお出かけシーン」で、この時に、非常に古い白黒時代のギリシャ映画の『その男ゾルバ(Zorba the Greek)』の「ゾルバダンス(Zorba's dance)」の曲が流れます。
これは、日常の「北条そふぃ」の状態が、「お昼寝」をしているような、「ゆったりとした感じ」を演出する目的のようです。
実際の現実の伝統文化の説明を書かないとわかりづらいので説明を書くと、ギリシャなどの地中海地方では、夏が暑いので、真夏の炎天下では日射病や熱中症の危険が高くなるので、伝統的に、「シエスタ」という「お昼寝タイム」があります。
一方で、ヨーロッパの緯度では、夏は、なかなか日が沈まないので、夜の時間が長いので、「シエスタで昼寝して、夏の長く日が沈まない夜に働く」生活スタイルです。
「シエスタ」があるといっても、さぼっているわけではないのです。
プリパラの話に戻して、ストーリーが進むと、らぁらや、みれぃと話した後で、パプリカ学園新聞部員の「徳田ねね」が、初期の古代ギリシャ美術独特の「アルカイック走り(過渡期にあたるので、この呼び方でいいのかわからないが。「アルカイック期中期」か?)」(ファイナルファンタジーの「サボテンダー」の走り方)で走り去っていきます。
これも、あまりにもマイナーすぎて伝統美術文化の説明を書かないとわからないので説明すると、人類史の美術の文化は、太古の昔から徐々に表現力が加わって向上していきました。
原初の太古の昔では、どの国でも、「埴輪」的な単純な表現しかできませんでした。
少し時代が進むと、中途半端な時期に入って、太古の時代の「埴輪」的な単純な表現と、部分的な箇所だけ表現力豊かな時代の混ざった特殊な時代に入って、古代ギリシャ美術では、この時代の事を「アルカイック期」と呼んでいます。
「アルカイック期」は通常、「アルカイック・スマイル」という、少し硬い感じはするものの、「微笑」の表現が加わった事の方が有名ですが、特徴としては、「微笑」+「直立不動」だった時期から少し進むと、いろいろな動作の硬い表現のまま、首だけ、90度に強引に曲げて、こっちを向いているとかの時代になって、さらに、この時代独特の、「アルカイック走り」(ファイナルファンタジーの「サボテンダー」の走り方)のような「走る」などの、かなりアクティブな表現をしようと模索し始めた時期でした。
実は、美術表現で、「走る」表現を、違和感なく表現する事は、かなり難易度の高い事です。
「アルカイック期」の美術が、少しずつ変化をしながら、いろいろな表現の模索が加わって修練を積んだ結果、現在のような、いろいろなとてもアクティブな表現が可能となったわけです。
「アルカイック期」の少し硬い表現の「アルカイック走り」のような表現の時代には、「とにかく、足が開いて横向きに表現されており、腕を走る時の形に広げている(要するに、ファイナルファンタジーの「サボテンダー」の形の事)」表現がされているものは、そうは見えなくても、「走っている」事を表現したかったものです。
ですから、現在の日本のフィギュア文化などは、ある意味、最先端の美術表現の模索を超えた所にいると言っていいものであって、日本のフィギュア文化では、本来安定度の無い片足立ちとかの「ありえないポーズ」のまま、普通に立っていたりするわけで、さらに、「今にも飛び立ちそうなリアルな雰囲気の天使とか、今にもジャンプしていきそうなリアルな再現がすでにできている」事からも、圧倒的な表現力を持っているのが、日本のフィギュア文化だと言える事ができます。
今回のプリパラの「徳田ねね」の「走る」シーンの方は、おそらく、スタッフが意図して意識してやったとは思われないのですが、「ゾルバダンス」の曲を知っている人が、その曲がかかった流れで見ると、今回のプリパラは、伝統的ギリシャ文化回だったとの印象の方が強く残ったわけです。(しかも、マイナーな伝統的文化の方なので説明を書かないとわからない)

(「ゾルバダンス」は、MMDで表現できるか?)
世界的には、「ゾルバダンス」というものは、とても有名なものです。
しかし、今回気が付いた事としては、MMDや、DTMや、VOCALOIDでは、表現が著しく困難な「苦手な曲の分野がある」という事に気が付きました。
それは、「正確なテンポの入力から入るDTMという方式では、1番苦手な音楽制作の分野に、”アナログ”がある」という事です。
伝統的な世界の音楽文化は、だいたい、バーやレストランなんかでの実際のアナログの生演奏で、それが、本来の古代の時代から続いてきた「音楽文化」というものです。
この本当の太古の昔から続いてきた音楽文化では、ダンサーや場の盛り上がりの雰囲気にあわせて、「音楽のテンポが、流れるように、どんどん変化する」ものです。
「正確なテンポの入力から入るDTMという方式」では、この表現が、とても苦手です。
「ゾルバダンス」は、「シルタキ(sirtaki)」というギリシャの伝統舞踊の範疇に入る踊りで、「曲のスタートは、非常に、ゆったりとした入りから入って、次第に、流れるようにテンポ変化しながら、テンポアップしていく」ので、DTMや、MMDで再現しづらいダンスや曲にあたります。
「テンポが流れるように変化していって、ゆったりとしたテンポから、アップテンポに次第に変化していく」という入力方式を、DTMや、VOCALOIDのシステムに、今後は必要になっていくのではないか?と思われます。

(「ダークらぁら」登場で、ギャップ萌え回だった)
プリパラの話題の2番目は、「ダークらぁら」登場で、ギャップ萌え回だった事です。
プリパラの全体の話の中で、「ダークらぁら」が見れるのは、「プリパラ61話」だけだろうと思ったので、覚え書きとして書いておきました。

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,999
(2012-06-22)

| アニメの現実検証 | 15:05 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 15:05 | - | - | -