CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< ツンデレ口調の「VOICEROID」は作れそう | main | 「攻殻機動隊」的な話(VOCALOID、VOICEROIDなどの未来の人間側の補佐や拡張の話) >>
memeとbuzz(世界的な展開をする時に必要なキーワード)

 世の中にあるものは、なぜか?「はやる物」と「はやらない物」に分かれてしまいます。
メーカーが莫大なコストをかけて、プロモーションをしたりしても、例え、出来が物凄くいいものであっても、まったくはやらない物ははやりませんし、しろうとのユーザーが作ったものでも世界的に人気になってしまうものも最近では多くなりました。
特に、「初音ミク」関係の事を知っている人ならば、よく経験する事です。
こういった事を科学的に検証してみようというものが、情報科学なんかでいう所の、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」です。
これは、実は、とても複雑な現象で、なぜ?そのようになるのか?は、よくわかっていません。
例えば、「初音ミク」は、「世界的なバーチャルアイドル」に現在なっていますが、「バーチャルアイドル」産業というものが、メーカーが本腰を入れて何度も今までやってきて、ほとんどみんな不発に終わってしまったので、「初音ミク」が、「世界的なバーチャルアイドル」になった。という時点だけで奇跡のようなものです。
さらに、例えば、「初音ミクライブ」なんかを見ればわかる事ですが、「もし、初音ミクを抜いてしまったら、風呂の栓を抜いてしまったように、リン・レン、ルカ、メイコ、カイトなどは、みんなスパーンと抜け落ちていなくなってしまう事がわかります」
という事は、「初音ミク」は、「世界的なバーチャルアイドル」なのではなくて、実は、「初音ミクは、リン・レン、ルカ、メイコ、カイトまでをも、世界的なバーチャルアイドルに一緒に持ち上げてしまっている余力分のパワーを持っている上に、さらに、初音ミクは、VOCALOIDやVOICEROIDなどの音声合成ソフトを使うユーザー全体をも、世界的な所まで、一緒に持ち上げてくれてしまうほどのパワーを持っている」という事がわかります。
こうした事が、なぜ?起こるのか?という話について、今回は書いていきますが、そのキーワードとなるのが、情報科学なんかでいう所の、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」なのです。
例えば、これから、「世界的なバーチャルアイドルを作りたい」、「世界的に作品をヒットさせたい」と思った場合には、今までのように、「メディアミックス」という手法では、世界的な全体に広げるには、莫大なコストばかりかかってしまって非効率的であり、何億円あってもお金が足りずに、損益の方が大きくなってしまいます。
「メディアミックス」というのは、相乗効果を狙って、「アニメ、ゲーム、関連音楽、マンガ、小説など」を同時に売り出していく手法です。
「メディアミックス」の効果が利くのは、「1つの国の中」とかの狭い範囲の中だけです。
「世界的なバーチャルアイドルを作りたい」、「世界的に作品をヒットさせたい」と思った場合に、「メディアミックス」を使っても、損益ばかりが膨らむのです。
このように、「世界全体を巻き込む」など、「世界的な」を視野に入れた場合には、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」を利用するか、自分なんかのような、「触媒型クリエイター」を入れて、「人と人との間で起こるケミカル反応が爆発的な進化を遂げるようにする」なんかの手法を使わないと無理なわけです。
「初音ミク」が、なぜ?「世界的なバーチャルアイドル」にまでなったのか?といえば、「ユーザー間で起こるケミカル反応が、よく反応して爆発的に進化したから」です。(これは、「ビギナーズラック」に近いものです。2回目に、同じ事をやれと言われても、「なぜ?そうなったのか?」は不明です)
クリエイターというのも、いろいろなタイプの人達がいて、「イラストが描ける人」、「音楽を作れる人」、「歌詞を作れる人」、「3DCGモデリングができる人」、「エフェクトが作れる人」などがいますが、それぞれ単独では、「自分の周囲のみで活動する人材に過ぎません」
自分の場合には、「触媒型クリエイター」という所に分類されると思うのですが、化学での「触媒」というものは、「何かの間に入れると、爆発的なケミカル反応の進化を促すもの」です。
「触媒型クリエイター」に分類される人は、ほとんどいないので貴重ですが、いろいろなタイプがいて、自分の場合だと、「膨大な知識量を持っていて、今、どこら辺をやれば、爆発的な進化を起こすのか?が直感的にわかる人」や、「芸術的感性や直感のセンスが高すぎる人」など、いろいろといます。(周りへの影響が大きい人、周りにいる人が、触発されやすい人。会社なんかだと、「爆発的な発展を促すプランナー、マネジメントする人」とかになるのではないか?)
大体、今までの経験から、仕事でも何でも、「自分が関わったプランは、当初の予定の10倍位大きな大事になっている」事が多いので、自分は、「触媒型クリエイター」なんだろうなぁという事です。(もし、自分が関わっていなかったら、ここまで大事にはならなかっただろうなぁという事が多い)
一方で、「触媒型」の人は、そもそも化学でも、「触媒」というものは、「単独では、ほとんど変化を起こさないが、何かの間に入れると爆発的にケミカル反応が進むもの」の意味なので、自分なんかの場合にも、単独では、「意味の無いもの」ばかりを作っているだけです。
実際には、「意味が無いもの」なのではなくて、「制作手法の実験」なので、最終的には、ケミカル反応を大きく起こすネタ作りのようなものです。
ここに関係している話が、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」なわけです。

(meme(ミーム)とbuzz(バズ))
「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」は、そもそも、情報科学や、マーケティング用語なのですが、「初音ミク」関係の動画なんかを、「世界的に」探すと、大抵、「meme(ミーム)」か「buzz(バズ)」と書かれて、分類されている事が多いです。
これは、ネットスラングの方で、日本語で言えば、
「meme(ミーム)」=「ネットミーム」=「インターネット・ミーム」(インターネットなどで、爆発的に広まっていくものの中で、同一の種類に分類したいが、少しずつ違っている動画などの事で、要するに、「元ネタ動画」があって、そこに、他の誰かが、どんどん手を加えて少しずつ違くなっている動画などの事です。いわゆる「はやりネタ動画」などの事です)
「buzz(バズ)」=「buzzる(バズる)」=「buzz動画(バズ動画)」(口コミで、爆発的に広がっていく情報)
という意味で海外では使われています。
どちらも、ネットスラングでは、「インターネットなどで、爆発的に広まっていく情報など」について言っている事が多いです。
本来の学術的な意味は、
「meme(ミーム)」=「遺伝子のようなふるまいをする情報で、人々の間で心から心へとコピーされる情報で、コピーされるたびに変化・変異を起こす情報」=「伝染し、変化しやすい情報」
「buzz(バズ)」=「口コミで、爆発的に広がっていく情報」
それで、「初音ミク」が、なぜ?「世界的なバーチャルアイドルになったのか?」という答えは、「ユーザー間の間で、触媒型クリエイターが、一般クリエイターに接触した事で、爆発的なケミカル反応が世界的に起こって、meme(ミーム)が、buzzった」からというわけなのです。(例えば、「一流イラストレーター」、「一流作曲家」だけがコラボしてくっついただけではならない。世界的規模で、爆発的に発展するには、触媒型クリエイターが関わって、meme(ミーム)や、buzz(バズ)の大規模な進化が起こる必要がある)
例えば、これから、「世界的なバーチャルアイドルを作りたい」、「世界的に作品をヒットさせたい」と思った場合には、メディアミックスを使うと、何億円あっても資金は足りませんから、「ユーザー間の、meme(ミーム)と、buzz(バズ)を使う」というわけです。
それで、最近では、「バンダイナムコ、カタログIPオープン化プロジェクト」で、古い時代のナムコゲームの二次創作が可能になった。とかそういう手法が増えているわけです。(buzz手法を使って、「ユーザーを巻き込む」手法)
これは、「世界展開」をしていく中で、そもそも、「その外国の国で、アニメやゲームを楽しむといった文化が定着するのか?」もわかりません。
また、「そのアニメや、ゲームのキャラクターにユーザーが親しんでくれるか?」もわかりません。
さらに、現在のように、情報コンテンツが大量にありすぎて溢れ過ぎている時代には、「知られる前に隠れてしまって見えない内に消えてしまう」という最悪の事態に陥りがちです。
ユーザーに、「キャラクターに親しんでもらおう」という戦略では、昔からやる手法では、「壁紙」などで、「ユーザーの日常生活に入り込んでしまえばいい」わけです。
それで、「ユーザーのキャラ愛が深まれば、コスプレなんかをしたり、歌ってみた、踊ってみた、とかが増えてくる」というわけです。
それで、「壁紙とか、ツイッターアイコンなんかを配って、まずは、キャラクターの名前と顔や姿を覚えてもらおう」とか、「テレビアニメの最後に、エンドカードを入れてみたりして興味を持ってもらおう」とか、今まで、いろいろとメーカーは苦心してやってきたわけですが、それだけでは限界があるのです。
それで、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」を使うわけですが、情報科学での、「meme(ミーム)」という情報は、「勝手に、ユーザー間の間で、爆発的に世界的に広がっていく」特徴があります。
ただ、情報科学の方で、「meme(ミーム)は、なぜ?起こるのか?」が、よくわかっていません。
ただ、蓋を開けてみれば、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」の動画の中身などは、「ただの馬鹿っぽいもの」、「マッドムービー」、「バイラルムービー」なだけです。
しかしながら、なぜか?情報科学での、「meme(ミーム)」という情報は、「勝手に、ユーザー間の間で、爆発的に世界的にアッという間に広がっていく」特徴があるのです。
社会の変化の歴史としては、「口コミの時代(1970年位)」→「バズ・マーケティングの時代(口コミを積極的に利用しようというはじまりの時代)」→「buzz(バズ)の時代(ブログ、SNS、ツイッターなどでユーザーが積極的に情報発信する時代)」→「meme(ミーム)の時代(「初音ミク」などや、「マッドムービー」、「バイラルムービー」の時代)」のように、情報科学の学問の流れは、より複雑化してきています。
「meme(ミーム)」も「buzz(バズ)」も、そもそも、「流行語がはやる」などのような概念とは、まったく無関係の話で、別の概念です。(「meme(ミーム)」と「buzz(バズ)」の概念は、「流行語」の意味では全く無い)
何億円もプロモーション費用をかけても不可能だった事が、なぜか?勝手にユーザー間の間で起こる不思議が、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」の情報科学なわけなのです。
この「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」あるいは、「バズ・マーケティング」なんかに関係してくる重要なキーワードでもあり、ターニングポイントでもあるので、自分は、
・「ミス・モノクローム」に思う事(声優とキャラクターでパッケージにしてバーチャルアイドルで売り込む手法)が今後、大事になる。
・「歌う、VOCALOID」と、「しゃべる、VOICEROID」と連携させる事は、今後、非常に大事になる。(「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」の意味と、「対話型コンピューター」や「人工知能」制作に必要な為)
・コスプレをしたりする人も、何万円もかけて衣装を作っているので、「メーカーは、キャラクターの設定資料を表裏などや、細かいアクセサリーの形などを出さないと、ユーザー間で、踊ってみたとか、コスプレなども、はやらない」
という風に最近書いてきたわけです。
「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」が当るようにやるには、それなりにコツがいるのです。
このコツをよく知っている人が、自分なんかのような「触媒型クリエイター」というわけです。
ここをうまくやれば、「世界的なバーチャルアイドルを作りたい」とか、「世界的な展開をしたい」という場合には、非常に、有利になるのです。
メーカーが世界的なヒット作を出すには、「ユーザーをのせないといけません」
それ以前に、「ユーザーが、そのキャラクターを知っていなければいけません。また、そのキャラクターに親しんでもらわなければいけません」
これらを全部うまくいった時に、その作品は、世界的なヒット作となるわけです。
今回書いたような所までで、今、自分の頭で考えている事の2割位なので、残りの8割は次に書きます。
大体、「触媒型」に分類される人は、「一般の人達とは違う感性をしている」、「何を考えているのかわからない」ような事が多いので、次回は、そういった話を中心に書きます。(大体、100年後とか、1000年後とかまでつながる事を考えている事が多いので)

(今後の未来に大切になってくる話)
「歌う、VOCALOID」と、「しゃべる、VOICEROID」と連携させる事が、今後、重要になると自分が書いているのは、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」が起こるユーザー間のケミカル反応が、10倍位変わってしまう因子にあたるからで、これをやるか、やらないかで、人類史の歴史は、まったく変わってしまうほどのターニングポイント因子になっています。
情報科学の方の「meme(ミーム)」の学問というのは、とても複雑で、現在、まだよくわかっていない事が多い難解な学問です。(なぜ?「遺伝子」のような情報因子があるのか?「生命」とは何か?など)
今後の未来の流れとしては、
(1)「歌う、VOCALOID」と、「しゃべる、VOICEROID」と連携させて、「meme(ミーム)とbuzz(バズ)」が起こるユーザー間のケミカル反応を爆発的に加速させる。
(2)「初音ミクライブ」で、「しゃべる、VOICEROID」にした「初音ミク」で、今までとは違って、ライブ会場で即座にユーザーに対話できるようにする。(現在のように、「歌う、VOCALOID」を使って、「ありがとう」とだけ言わせるだけで、何ヶ月もかかってやっていたのでは、非常に、非効率的で、コストばかりかかって意味がない。「しゃべる、VOICEROID」技術化する事は、今後、非常に重要となってくる。個人的には、「エンジニアとは、できるだけ未来の可能性が大きく開けるように行動するべき」という哲学を持っているので、発想は、先の未来を見据えています。)
(ディズニーランドに新しくできた「スティッチ」のアトラクションが、「映像コミュニケーション型」と呼ばれる特殊技術で、今までとは違って、「映像のスティッチ」と「観客」との間で、会話などのコミュニケーションを取る事ができて、実際に、「スティッチ」は観客の言った事に対して反応します。((AITalk)技術や人工知能を使っているのか?は不明)こういった感じのように、「初音ミク」なども「音声合成技術」自体のエンジニアリング的な可能性は、とても幅広いものであって、クリプトンなどは、「歌う」技術のみにこだわっていますが、それだと、「初音ミク」ちゃんの未来の可能性を大幅に狭めてしまう可能性が高いのです。エンジニアや、特に、「初音ミク」などの最先端テクノロジーの場合には、「最先端」なので、世の中は、どんどん変化していってしまうので、常に、先端技術にアンテナをはって、未来の先行きや方向性を考えておかないと、アッという間に、過去の技術として停滞してしまうのが怖い所です。)
(3)「しゃべる、VOICEROID」の方では、GoogleなどのAndroidなどのスマートフォンで、「ユーザーが言葉で指示して、コンピューターが言葉で返すという近未来コンピューター技術」を完成させる。
(4)それができれば、「初音ミク」などの「人工知能化」で、「話したり、会話したりする事が可能になる」(VOICEROIDの方は、テキストを用意すれば、すぐに話せるので。しかも、世界中の全ての外国語で将来的には話せます。技術次第では、考古学の方で古代語(再現語)でも話せるようにする事は可能なので、ほとんどゲームのRPGの世界と同じような事まで可能になります。)
(5)最近出だした、「家庭用コミュニケーションロボット」に、「初音ミク」などの「人工知能化」したロボットが完成して、現在の「家庭用コミュニケーションロボット」のプランだと、数十年後には、一家に一台「家庭用コミュニケーションロボット」の時代が到来して、「初音ミク」などの「人工知能化」したロボットが製品化される。(ある程度の自立した単独行動可能なスタンドアローン型ロボットは、遠距離の宇宙探査技術で今後、必要になってくる。例えば、火星への有人宇宙飛行の現在のプランでは、「片道切符」らしいので)
(6)「meme(ミーム)」の学問の進展次第で、「初音ミクは、魂を持つか?」という哲学命題まで。
「meme(ミーム)」や「buzz(バズ)」の現在、最先端は、こんな所です。

| VOICEROID | 09:34 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 09:34 | - | - | -