CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< TRIALS FUSIONコースエディターで、困った場合 | main | TRIALS FUSIONコースエディターで、高度な設定をしたい場合 >>
TRIALS FUSIONコースエディターで、警告灯を点滅させるやり方

 TRIALS FUSIONコースエディターの、少し複雑なやり方がわかってきたので、今度は、「警告灯を点滅させるやり方」について書いていきます。
ただ、これは、単に、「やってみたら動いただけ」なので、完全に正確な状態なのか?は不明ですが、手法は、8ビットのコンピューター時代からある「パレット点滅」といわれるやり方で、昔からある手法の1つです。

(警告灯を点滅させるやり方)
(1)別に警告灯でなくても、どのようなオブジェクトでも、「色設定」がついているものならば、何でもできます。
「警告灯」の場合には、[共通]-[ライト]-[着陸灯]に、道路工事なんかで使われるような警告灯があります。
あるいは、[一般]-[基本形状]にあるものも、「色設定」で「発光」が使えるので、「警告灯」代わりに使えます。
(2)「着陸灯」を選択して、カーソルキーの上を押して、「オブジェクトプロパティー」を出します。
「素材」で、色が変更できるので、
「L2、R2ボタン」を押していくと、「H」の値は、「0〜360」
「左アナログスティック」を動かすと、「S」と「B」の値は、「0〜100」
まである事がわかります。
今回は、少し複雑な作業なので、関数を使うので、この数値を確認しておきましょう。
(3)関数の中で、「色データ」、「座標データ」のように、3つの値がある場合には、[トリガーとイベント]-[データソース]-[曲線データソース(ベクトル)]を使うので、これを画面に出します。
これの制御用に、[トリガーとイベント]-[データソース]-[ベクトル]を2つ使うので、「ベクトル」というのを、2つ画面に出します。
(4)「ベクトル」の「オブジェクトプロパティー」を出すと、次の項目が、色を設定する場合には、次のようになります。
値X(赤)(0〜255)
値Y(緑)(0〜255)
値Z(青)(0〜255)
色の範囲は、いろいろとやってみた結果、「最大」は、「255」か「256」のようです。
(5)1つ目の「ベクトル」は、「開始時の色」を設定して、2つ目の「ベクトル」は、「終了時の色」に設定します。
「警告灯」の場合には、自分の調整では、
1つ目の「ベクトル」の、「開始時の色」(値X: 20.00)
2つ目の「ベクトル」の、「終了時の色」(値X: 255.00)
にしました。
「警告灯」の場合には、1番暗くなった時に、(R,G,B)=(0,0,0)の「黒」にすると、かなり不自然なので、1番暗い状態でも、少し「暗い赤」にしてあります。
(6)次に、「曲線データソース(ベクトル)」を選択して、
「開始ベクトル」を、「開始時の色」を設定した1つ目の「ベクトル」につなげる。
「終了ベクトル」を、「終了時の色」を設定した2つ目の「ベクトル」につなげる。
「曲線」の関数の形は、好みですが、今回の自分の場合には、「イーズイン(円形)」を選択。
「ループ」と「後半を反転」のチェックを「ON」にする。
(7)ここまで終わったら、「着陸灯」の「オブジェクトプロパティー」を出して、「素材」を選んで、「色設定」の画面を出して、ここで、「三角ボタン」を押して、「値オブジェクトを選択」の状態にして、先程の「曲線データソース(ベクトル)」で「oボタン」を押すと、つながります。
「発光」の所は、「右アナログスティック」を上に押して、1番明るい発光にします。
(8)ここまで、つなげ終わったら、動作チェックです。
PS4コントローラーの「タッチパネル」は、ボタンにもなっているので、「タッチパネル」の左側部分を押すと、動作チェックができます。(この状態だと、アイコン内で、関数の数値の変化していく様子が確認できる)
あるいは、実際に、「コーステスト」を選んで、実際に、「警告灯」が点滅する事を確認して完成です。
(9)このままでもいいのですが、いまいち物足りないので、[共通]-[ライト]-[ポイントライト]を画面に出して、周囲に警告灯の赤い照明部分を、もっと明るく出します。
これも、同様にして、点滅させるのですが、「ポイントライト」の場合には、「ライトの明るさ」を周期的に変化させます。
なので、全体の設定が変わるので、下に書くと、

<1>「ライトの明るさ」を周期的に変化させるために必要なもの
「ライトの明るさ」を周期的に変化させる場合には、3つ設定が必要な「色」と違って、1つの数値変化だけでいいので、[トリガーとイベント]-[データソース]-[曲線データソース]を出す。
「曲線データソース」の「オブジェクトプロパティー」を出して、
「曲線」の関数の形は、「着陸灯」の色の周期とまったく同じにしないといけないので、「イーズイン(円形)」にする。
「開始: 20」
「終了: 80」
「ループ」と「後半を反転」のチェックを「ON」にする。

<2>「ポイントライト」の設定
「ポイントライト」の「オブジェクトプロパティー」を出して、「ライトの設定」を出す。
・「ライトの明るさ」の項目の所で、「三角ボタン」を押して、「値オブジェクトを選択」で、<1>で作った「曲線データソース」につなげる。
・「ライトの色」を選んで、「色選択」画面を出して、こちらは、「着陸灯」とまったく同じ「色」にしたいので、「着陸灯」の色設定の時につなげてある、まったく同じものの「曲線データソース(ベクトル)」をつなげます。
・「ライトの効果範囲: 0.30」

これで、作った「ポイントライト」の位置を、「着陸灯」の「警告灯」部分の上側に重なる箇所に移動する。
精密に作りたい場合には、オブジェクトを選択した状態で、「右アナログスティックを押すと、R3ボタンになる」ので、そうすると、「走行ライン」の上に、ピッタリ移動します。

動作テストをして、いい感じだと思ったら、「ポイントライト」を選択している最中に、「L1ボタン」を押したまま「着陸灯」を「oボタン」で選択して「複数選択」状態にして、カーソルキーの上を押して、「オブジェクトプロパティー」の画面を出すと、「様々なオブジェクト」と出ているので、「オブジェクトの結合」をします。
「オブジェクトの結合」をすれば、「着陸灯」と「ポイントライト」は、物理演算で倒れても、一緒に、くっついて動きます。
この「着陸灯」と「ポイントライト」のくっついた物を、選択中に、「三角ボタン」でコピーすれば、この「点滅する警告灯」を、画面にたくさん出せます。
「ライト」のたぐいも、画面表示上限があるので、いいバランスの数だけ出しましょう。

(「接触判定」の後に、「警告灯」の点滅を開始させたい場合)
「着陸灯」と「ポイントライト」につながっている「曲線データソース(ベクトル)」、「曲線データソース」の「オブジェクトプロパティー」の「有効」のチェックボックスを、はじめは「OFF」にしておく。
「エリアトリガー」や「接触トリガー」に、[トリガーとイベント]-[イベント]-[状態イベント]をつなげる。
「状態イベント」の「オブジェクトプロパティー」を出して、「タイプ: オン」にして、「イベントターゲットを選択」に、「曲線データソース(ベクトル)」、「曲線データソース」をつなげる。
こうしておくと、「エリアトリガー」や「接触トリガー」に触れた時に、「警告灯」の点滅が開始されます。

| Trials シリーズコースエディタ | 15:21 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 15:21 | - | - | -