CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 未来のテレビ放送技術で、やってほしい事 | main | 「初音ミク Project DIVA f(PSVita版)」のショップ特典が公開! >>
「閃乱カグラ Burst 紅蓮の少女達(Nintendo3DS)」のショップ別予約特典が公開!(「命懸けで獲りに来なさいよねっ!」というキャラは存在しない。)(テレビアニメ化する!)



 2012年8月30日に発売予定の「閃乱カグラ Burst 紅蓮の少女達(Nintendo3DS)」のショップ別予約特典が公開されました!
今回の「閃乱カグラ Burst 紅蓮の少女達」は、前作では、敵役だった方のキャラクターを操作可能にして、悪忍側のストーリーモードを追加したものです。
さらに!前作の善忍側のストーリーも、まるっと入っているようです。

Nintendo3DSでは、異例の早さで!もう、「第二作目」となった、人気シリーズの「閃乱カグラ」は、今、テレビアニメ化企画が進行中です!

(閃乱カグラ Burst 紅蓮の少女達)(ショップ別予約特典が公開)(Nintendo3DS)(第二作目)
http://www.maql.co.jp/special/game/3ds/kaguraBurst/

(閃乱カグラ 少女達の真影)(Nintendo3DS)(前作、第一作目)
http://www.maql.co.jp/special/game/3ds/kagura/

(「ザッピング」=「視点変更」というストーリー組み立て手法)
個人的には、こういったストーリーの組み立て手法は好きで、要するに、「相手側からの視点」がわかった所で、「本当の真の意味合いのストーリーの奥深さがわかる」という手法です。
こういう手法を、「ザッピング」=「視点変更」と言って、よく探偵などやアドベンチャーゲームで使う手法ですが、「ある方向だけからの視点で見ると、盲点が含まれていたり、自己中心的な解釈になって、いつまで経っても、問題が解けなかったり、真実から、どんどん逸れていってしまう」事を回避する目的でやります。
ゲーム手法で使う場合には、「いろいろな立場のキャラクターの心情を含めて、いろいろな立場から、1つの現象を観察する事で、より真実に近づく」というストーリー仕立ての事です。
そういったわけで、今、テレビアニメ放送中の「はぐれ勇者のエステティカ」、「カンピオーネ」、「ココロコネクト」を自分は、一押ししているのですが、「はぐれ勇者のエステティカ」では、「魔王の娘を託された勇者」の視点、「ココロコネクト」では、「いろいろな人物の視点に、コロコロ切り替わる」というわけです。
このようにすると、「今までにない、奥深みのある心情を描けるストーリーが作れる」というわけで、自分は、この手法を、一押ししているのです。
8ビット時代のゲームや、コンピューターの時代には、こういった複雑な処理ができなかったのですが、現在は、「マルチエンディング」になって、さらに、その先の未来の「ストーリー手法の進化」という技術手法では、今後、このような、「ザッピング」=「視点変更」というストーリー組み立て手法のように、複雑に入り組んだストーリー作りとなっていくと、自分は、見ているわけです。
今まで、多くのゲームのストーリー作りの手法では、8ビット時代のゲームの作り方が、足を引っ張っていて、当時のやり方が残っているので、「勧善懲悪」という8ビット処理でも可能な、いわゆる、「善」と「悪」のような、2進法的な処理の楽なストーリー仕立てにしていたのですが(これは、「勧善懲悪」のように単純にした方が、小さな子供でもわかりやすいという理由もあるが。)、現実には、そのようではなくて、もっと、複雑な心情が入り込むわけです。
「ザッピング」=「視点変更」という手法のストーリー構成の制作をやってみたい人の為に、参考的に書けば、別の書き方でかけば、「ある1人物の視点」=「点」、「2人以上の人物の視点」=「点と点を結ぶ」、「多人数の視点」=「点と点を結んでいって、面ができあがっていく」などと、よく言われますが、ここまでは、実は、探偵などの「一主観に過ぎない」ので、実際には、あまり役に立たないのです。
そこで、「ザッピング」=「視点変更」という手法では、「いろいろな人物の目線、心情」などが入り込む事で、「2主観以上を用いる考察をする」という事で、先程の
・「2人以上の人物の視点」=「点と点を結ぶ」(1次元)
・「多人数の視点」=「点と点を結んでいって、面ができあがっていく」(2次元)(しかし、「1主観」)
・「ザッピング」=「視点変更」=「多方向からの視点」(3次元的に、物事が把握できるようになるので、より、真実だった事に近づける。)
というわけです。
さらに、ストーリー作成手法を込み入った形にしたい人は、よく「波紋」とか言いますが、「ある1人物が行動する事で、波紋の輪が周囲に広がって、周囲の人物に影響を与えるので、周囲の人物の状況や心情も変化していく。が、その2番目の人物は、さらに、新しい波紋源となって、人物が行動する事で起こる波紋は、新たな波紋を引き起こすし、さらに、波紋と波紋が重なった箇所には、特殊な波風が起こる。」という事で、「多方向からの視点」とか、「2主観以上入れる」という、ストーリー構成手法は、けっこう、やっかいで大変な作業になるのです。
これを、ゲームで、「マルチエンディング」を越える未来のシステムを作りたいからやりたい。とかいう場合には、「フラグ」が鬼のようになるので、システム設計が、かなり困難です。
とりあえず、簡単な所では、今回の、「閃乱カグラ Burst 紅蓮の少女達」のようにして、「両方側からの心情を含めたストーリーを作ってしまう」という所が簡単な所ですが、実は、それだけだと、肝心な複雑な心情処理部分の「関連し合って、変化していく」部分が作れないで、「2つに分断されたストーリーなだけでは、あまり意味がない」のです。
別の作り方では、「1人の人物に、他人の視点を与えてみる」という手法で、これは、「ココロコネクト」や、「パラサイトイブ」の続編で出た「The 3rd Birthday」のシステムですが、「The 3rd Birthday」では、ただ、自分の位置が変わるだけで、あくまでも、「アヤ・ブレア」自身のみの「1主観」のみなので、結局、「今までと、あまり変わらない、1人物視点のまま」なだけだったので、ちょっと、もったいなかった気がします。
実際には、「他人の視点や心情の立場にたってみて、はじめて見えてくる真実がある」という所までやると、「もっと、奥深い心情や、複雑なストーリー構成を描ける」のですが、それは、「ココロコネクト」で、だいぶ実現されています。

(はぐれ勇者のエステティカ)(強くてニューゲーム)
http://kichiku.tv/

(カンピオーネ)
http://www.campi-anime.com/

(ココロコネクト)
http://kokoro-connect.com/

| 3Dテレビ・3Dゲーム・3Dデジカメ | 06:59 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 06:59 | - | - | -