CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 「映画けいおん!」が、2011年12月3日から上映開始! | main | 2011年12月7日のNintendo3DS本体の更新で、体験版のダウンロード機能が追加された! >>
MMDの、わかりやすい「多段ボーン講座」と「ぬるぬるモーション作成講座」(PAC氏作)


(たこルカの多段ボーン講座)(PAC氏作)

MikuMikuDanceでの、
・センター
・IK
・全ての親
・全ての親の多段化ボーン
・いろいろな多段ボーン
の違いと、モーション付けをする際の特徴の違いについての、とてもわかりやすい講座です。
自分なんかは、もともと頭が理系とか技術系なので、普通は、こちらの感覚の方が理解しやすいです。
この主に、「全ての親の多段化ボーン」化した場合には、「センター」「IK」「全ての親」「全ての親の多段化ボーン」「いろいろな多段ボーン」の、どれをいじって、今自分が、これから作ろうとしているモーションを作るのか?の設計を、頭の中で、きちんと考えて、管理していかないと、だんだん、無秩序で、滅茶苦茶なモーション付けになっていって、後で、その動画一発でしか使えないようなモーションになって、取り返しの付かないような状態に陥る事が多いので、まずは、ノートに、自分が作りたいモーションの座標管理や、今回は、「どのモーション付けの行動を、どれを使ってやっていくのか?」の管理表を作った方がいいです!
しかし、この「多段ボーン」の使い方は、別に、完全な決まりがあるわけではなくて、「特徴」といった物は、あるわけですが、要するに!「センス」の問題なのです!
「特徴」を、生かしながら、より効率的に管理できれば、最小の労力で、最大の効果を発揮できる!というわけです。
1度、コツが分かってしまえば、今現在、どこをどうするべきか?がわかるのですが、その前の大前程として、この動画を、じっくりと見ながら、各、ボーンなどの特徴について、理解しておいた方がいいと思います。
その後は、もう各個人の「センス」なので、自分の作りたいモーションが作りやすいように考えて、ノートに管理表を書き出してみて、じっくりとやれば、考え方は、できるようになるはずです。
「どのボーンを使うべきか?の管理表」の作り方の考える一例を書くと、
・「補完曲線」を扱いやすい管理表の配置にする。
・「センター」や「IK」を使った方が、楽に作れるモーションは、そちらを使う。
などといった、ポイントが見えてきます。
自分の場合には、主に、「あまり労力や制作時間をかけないでも済むようにする」を重点的な課題においてのやり方なので、この「PAC氏」のように、「ぬるぬるモーション」を作る場合とは、少し考え方や、見るポイントが違うわけです。
この考え方のコツは、「今作っているモーションについて、頭の中で、X,Y,Z軸要素に分離して、どの箇所に、補完曲線を用いるのが、ベストなのか?を考えてから、作っていく」という感覚です。


(ぬるぬるモーションの作り方の解説)(PAC氏作)

「PAC氏」は、「PAC室長」とよく呼ばれて、主に、「多段ボーン」を利用しながら、「ゆるい」動画を作らせたら、天下一品!な人です。
こっちの「ぬるぬるモーションの作り方の解説」は、先程の「たこルカの多段ボーン講座」で、よくわからない人は、どういう構造の何が、どう動いているのか?を見れば、だいぶ理解が深まるはずです。
この「PAC氏」の作っているような「ぬるぬるモーション」は、MMDを扱った人ならば、もの凄く作るのが難しい次元に入る話なので、自分なんかは、パッと見で、もの凄い衝撃を受けたのですが、要するに、「普通の人間のような自然な動き方」=「ぬるぬるモーション」のモーション付けのコツを解説しているわけです。
これは、主に、「多段ボーン」化しないと、作りづらいのですが、「多段ボーン」化した場合の難点は、「モーション」が、その多段ボーンモデル以外では、ほとんど使えなくなる。事が問題なのです。

(追記)
自分は、当分は、この「PAC氏」の「多段ボーン講座」と「ぬるぬるモーションの作り方講座」を師匠にして、やっていってみようかな?と思いましたが、実際には、「センス」という物は、簡単には会得できないものなのです。
結局、「ぬるぬるモーション」自体を、自分で、トレースしたりしながら、「どこを、どうやって、どうなっているのか?」を会得していかなければいけないわけですが、ここら辺は「センス」なわけなので、「PAC氏」のような「ゆるい」動画は、作った本人でないと無理だろうという事がわかっただけであって、「作り方」の講座の概念を完全に理解したとしても、できあがる物は、結局は、その作る人の個性にしかならない!という事がわかっただけです!
で、結局、「PAC氏」の「多段ボーン講座」と「ぬるぬるモーションの作り方講座」を師匠にして、やってみて、今の所できたのは、こんな感じで、「Lat式が、あざとくなった!」だけです!
ジゼル目Lat式
(同じ物を作ろうとしているのに、なぜか?変わる恐怖!)

これは、何となく、自分は、最近の「ラストエグザイル、銀翼のファム」の、おっとりした目付きの「ジゼル目」が気に入ったので、それをやってみようとしたら、なんかこうなった!
後、最近思った事は、「WORKING'!!」の、モーション付けって、うまいなぁと感心したのですが、これも、「PAC氏」の「ゆるい」モーションを見て、気が付いた事なのですが、「WORKING'!!」の、モーション付けでは、あまり意味の無いような、「動作の初動の部分や、動き終わった後の部分に、こだわりがあって、それは、ちょっとした事なのですが、これを付けるのと付けないのとでは、全然!雰囲気が違うのです!」
「WORKING'!!」の、モーション付けについて、個人的に、分析、解析してみたのですが、次のような感じです。
・「ポーズ」自体が、すでに、効果的!である!物を選んでいる。
アニメーションでは、「コマ数」が増えると、大変になるので、「ポーズ」自体が、すでに、効果的!である!物を選ぶ事で、あまり動いていなくても、「もの凄い動きがあるように感じる」というテクニックを使っているようです。
これは、マンガ文化の静止画で、効果的な絵付けができる構図とかがある「日本だから!できる事!」のようです!
これは、MMDでも、「効果的なポーズ付け」が、けっこう大事かな?と思ったので、モーション付けの際の参考にする事にします。
・「WORKING'!!」の、モーション付けでは、あまり意味の無いような、「動作の初動の部分や、動き終わった後の部分に、こだわりがある。」
「ゆるい」系のモーションでは、あまり動かなかったり、「微妙な、しぐさに、こだわる」ので、「動作の初動の部分や、動き終わった後の部分」を、念入りに作り込んでいるようです。
このように、「PAC氏」のような「ゆるい」モーションとは、「しぐさ」であって、「雰囲気」であるので、そこまで、MikuMikuDanceや、アニメなどでも表現できるように時代がなった!3DCGや、アニメの概念の学問が進化した!という事で、かなりの技術の進展があったと考えた方がいいように思います。
「しぐさ」や「雰囲気」の会得は、相当に、上級テクニックの方に入るのではないか?と思ったわけです。
自分の所は、MMDの「入門クラス」担当なので、一通り使い方がわかったら、「かんなP」とかの、たくさんいる「上級クラス」の方に、どんどん進級していって、実力を磨いていって下さい。

評価:
かんなP,ラジP,極北P,ポンポコP
翔泳社
¥ 2,079
(2010-05-11)

評価:
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
翔泳社
¥ 2,709
(2011-03-16)

| MikuMikuDance参考 | 18:53 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 18:53 | - | - | -