CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 「SUPER GT」のレースで、「初音ミク グッドスマイル BMW(GT300)」が走っているのを見た! | main | Nintendo3DS用、初音ミク「Project mirai(仮)」ねんどろいどVer.を開発中!らしい。 >>
supercell 関連の新作アニメ「ギルティクラウン」が、2011年10月からの新番組として始まるらしい。

 
supercell 関連の新作アニメ「ギルティクラウン」が、2011年10月からの新番組として始まるらしいです。
「ギルティクラウン」の、オープニングテーマや、挿入歌として、「supercell」の「ryo」氏の曲が使われるそうです。
「supercell」というのは、クリエーター集団として、立ち上げたわけなので、他にも、「キャラクター原案」も、「supercell」の「redjuice」氏が担当します。

(2011年10月新作アニメ「ギルティクラウン」)
http://www.guilty-crown.jp/

しかし、「ノイタミナ」という枠で放送されるので、いろいろな分野のクリエーター集団が、多数参加して作るようです。(大なり小なり、普通のアニメや、ゲームの制作でも同じだが。)
これは、フジテレビ系列の「ノイタミナ」という枠で放送されます。
「ノイタミナ」というのは、アニメにおいて、既存の概念に、まったく捉われない「実験場」として確立された枠の部門です。
例えば、古くからある「アニメーション」という技術にしても、概念にしても、ある固定した「2Dセル画」などの固定技術のみで、非常に長い間、やってきたわけですが、ある時期を境にして、「ある行き止まり的な壁」や「限界」を、多くの、クリエーターは感じるようになってきて、「アニメーション」の進化というのは、止まりかけた時期があったので、危機感を感じたテレビ局が、あえて「実験場」として枠を作ったのです。
これは、何も「2Dセル画」という制作技術という話なだけではありません。
例えば、「制作スタイル」という概念の壁を打ち破るとかもそうであって、最近では、「supercell」や「MikuMikuDance」、「VOCALOID 初音ミク」をはじめとして、「個人や、少数精鋭で作りきってしまう」という新たな「制作スタイル」が生み出されてきました。(「スタジオ」も何もなし。で、いきなり、家庭の家で作りきってしまう!)
理由は、パソコンなどの性能が向上して、誰でもが、気軽に「3DCG」「DTM(デスクトップミュージック)」を、いじれる時代になって変わってきたわけです。
大昔は、「高額なシンセサイザー」などの、「製作機材」が必要で、「プロ」の仕事であり、しかも「スタジオ」が必要になったりと、大掛かりでした。
これは、経済学的などでも、影響を与える話であって、「スタジオをレンタルで借りたりして、高額なコストをかけて、はずれた場合、赤字経営で続かない」などのような問題が昔はあって、それは、「クリエーター自体の技術が、トップの一流でも、はずす」という危険性も多かったわけです。(例えば、昔の「ガイナックス」)
しかし、現在は、そういった過去の固定観念は、まったく打ち破ってきたのが、「supercell」や「MikuMikuDance」、「VOCALOID 初音ミク」をはじめとして、「個人や、少数精鋭で作りきってしまう」という、「個人(あるいは、少数精鋭)クリエーター」の登場の時代(今)という事なわけです。
といっても、こういった「個人クリエーター」というのは、別に、何かをやってやろう!というわけでもなく、「好きなように、作りたいから作る」というわけで、本来は、それが、クリエーターの本質なわけです。
20世紀の時代にも、プロの作曲家にしても、アニメーターにしても、「アマチュアでやっていた時代には、次から次へと、アイデアも新曲も浮かんだが、プロになった、とたんに、何もできなくなった」と、言う人が多かった時代で、何か「クリエーターとしての本質を見失いかけた時代」であったのが、20世紀に「壁にぶちあたった原因」でもあるわけです。
基本的に、「クリエーター」=「クリエイトする人」なわけなので、このような「創作活動」というのは、どこか自由な発想、柔軟な頭が「クリエイトする」という源になっていますから、おそらく、20世紀に、ぶち当たった「壁」というのは、こういった「クリエーターの思想・概念」の部分の本質的な所で、「何か、大事な物を見失っていた」から、起こったものと思われます。
という感じで、実際には、「今は、1番、時代が動いている時代」です!
「私達の前には、何も道が無い所を、フロンティア精神で、切り開いて、未知の領域を見てやろう!」という人達にとっては、かなり、面白い時代だと思うわけです。

そういったわけで、まあ、わざわざ「ノイタミナ」という枠を作っている段階で、「何か、過去からの、やり方に、引きずられたまま」という感じもしなくもないわけですが、テレビ局や、プロのクリエーターは、「何か、壁を感じている」という事はわかると思います。
宇宙などや、思想も、そうですが、「内側から見ている内は、何も見えていない」という哲学や概念の話もあります。
私達、人間は、高度な技術や道具を作り出しました。
それで、一生懸命、内側から、宇宙を見ていて、「とても、いろいろと見えるようになった」と感じているわけですが、それは、「ある一部分」にしか過ぎないのです!
思想・哲学にしても、同じ事が言えます。
これは、とても難しい哲学や学問においての命題で、「知りたければ、知識を得よ。しかし、知れば、知識も、技術も、ただの殻となって、”知れば知る程、見えなくなる!”」という、難しい、人類自体の本質的な進化、発展の問題が内在されているのです。
自分は、この命題の解決方法は、「自由であれ」と思うわけです。
また、「知識を知った場合には、それは、いつでも、とても狭い領域の、ごく一部分にしか過ぎない。全体は、果てしなく広い自由な空間である。」とか、意識しておかないと、「知識を知れば知る程、どんどん、見えなくなっていき、しまいには”壁”にぶち当たる!」という事になってしまうわけです。

| supercell関連 | 03:58 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 03:58 | - | - | -