CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2010年12月に、あの「パラサイトイヴ」の続編の「The 3rd Birthday」が発売されます。(これから売れるゲームを作るキーワード) | main | ついに!紅茶王女の時代が到来!(シャイニング・ハーツ) >>
これから未来のパソコンや印刷やテレビ放送は、こうなるのではないか?(10000インチを越えようが、元のデータ容量が同じでも綺麗なフォントのような仕組みを応用する。ビームで高繊細印刷で、立体物も可能!)


前に、「言わせてくれなくちゃダワ!(古い時代のパソコンの話)」で書いたのですが、どうも、それを応用すれば、今後の未来のパソコンや印刷技術やテレビ放送というのは、こうなるのではないか?という事が、何となくわかったので書きます。
まず、テレビ放送について考えるのが、わかりやすくて、今までの方式の概念や、やり方では、どうも、これから先は無理らしいという限界が見えてきたわけですが、技術者というものは、「無理だ!」と理論的にわかっている事に対しては、あえて、その方法で努力をしても、労力もコストも無駄になってしまうので、他の方法や、概念で、できないか?と考えていくわけですが、テレビ放送の場合には、ハイビジョンなどになって、テレビや、ラジオの1番の違いは、「電波帯域に有限な量の限界がある」という事なのです。
それで、今後、「スーパーハイビジョン」などのように拡大していく事は、テレビや、データ記録装置の容量的には、技術的に可能だとしても、「電波放送」の方では無理そうだ。という事なわけです。
伝送容量の大きな「光ファイバー回線」などが充実すれば、ある程度まで可能なわけですが、それでも、本質的に問題が解決しているわけではありません。


(「Forza 2」の痛車の描き方)(絶対!ムリ!)

こういった場合には、発想の概念を変えてしまえばいいのであって、その鍵は、前に書いた(「Forza」の「痛車」描きのテクニック、「パターンのスタンプの集まり」的なイラスト手法技術)にあるような気がするわけです。
例えば、「フォントなんかでは、元のデータ容量自体が、一定で、どんなに画面のサイズを、10000インチにあげても綺麗なまま」という、違う概念で作っています。
つまり、「スーパーハイビジョン」などになっていくに従って、伝送容量が、10倍になる。とか、本質的にサイズが、どんどん増えていくシステムではなくて、「圧縮」でもなくて、フォントや、(「Forza」の「痛車」描きのテクニック、「パターンのスタンプの集まり」的なイラスト手法技術)のようにして、「いくら画像のサイズが、10000インチになろうが、元のデータサイズ自体は一定」というシステムの必要性が感じられるわけです。(できる部分のみ)
他にも、「3DCG」なんかも、同様の概念で動いていると思うのですが、たぶん、今後は、テレビ放送の「データ通信」の仕組みを使って、「3DCGモデル」データで配信してしまった方が、「データ容量一定で、画面サイズが、1000000インチでも対応できる方式」なわけだと思うので、そのようになってくる気がします。
しかし、「3DCG」なんかは、2つの概念が混在している状態で、それは「テクスチャ」部分は「2D」なので、10000インチにすると、「ドットが見える」わけで、このままだと、近い将来に、問題になってくるので、「テクスチャ」部分を、(「Forza」の「痛車」描きのテクニック、「パターンのスタンプの集まり」的なイラスト手法技術)にしたり、「3DCGモデリング」の方で表現してしまった方が、どうも、近未来では最終的に良くなりそうな気配です。
そういった方式の「スーパーハイビジョン概念変革」で、配信された物は、例えば、野球場や、サッカーのスタジアムなどの巨大なディスプレイに表示しようが、宇宙通信用に、マクロスの「ミンメイアタック」をしようが、「どんなに画面サイズが巨大になっても、データ容量一定で綺麗なまま」です!
こういった概念変革の話と関係してくるのが、今までのディスプレイ、印刷などは「解像度」という概念で作られてきたわけですが、どうも、これから先の未来では、もう技術的に極限にまで達しているので、インクジェット方式などでは無理っぽい限界が見えてきてしまいました!
これも、技術者は、無理な事であえて努力はしない。という事で、本質的な概念変革が必要だと思うわけですが、どうも、その鍵が、「解像度」の概念を捨ててしまって、前に書いた「CD-R」のようにして「ビーム」で「アナログ印刷」方式にした方が良さそうだ!という事です。
これは、もう、これ以上、高繊細にする事は難しくなる位の「光線の幅の解像度」なわけなので、今後のプリンターや、印刷技術は、どうも「CD-R」のようにして「ビーム」で印刷する!という方式になるのではないか?と予測しています。
これの利点は、フィギュアのフェイスペイントなどのように「立体物の複雑な形状でも、印刷しやすい」という事です。
技術的には、現在の技術で、ほとんど作れる範疇に入っていて、すでに「CD-R」の光学ヘッドもあるし、後は、ビームの波長で色を付けられる膜素材を探すだけで可能で、コストも、それ程かからない感じなので、近い将来には実現する気がします。
「ビーム」印刷が可能になった次の未来には、それを越さなければいけないわけですが、これは、逆に過去に概念で、すでに実現してしまっていて「ホログラフィー」とかの事です。
「ビーム」印刷のような高繊細印刷技術は、「昇華型プリンター」がありますが、あれは、微細な粒子にまでして「昇華」という化学の手法で印刷します。
「昇華の粒子」と「CD-Rなどのビーム」で印刷する方式では、たぶん、光の幅の「ビーム」印刷を超える事が、光を見ている私達には、理論的に、これ以上は無理っぽい位、細いはずです。
まあ、こんな感じで、今回書いたような概念の話が、今後の未来の「スーパーハイビジョンを、1億倍越える技術革新」の「ミンメイアタック」とか、インクジェット方式を超えて、高繊細な「ビーム」印刷で、フィギュアのフェイスペイントなどの複雑な立体形状の印刷も可能!といった部分なので、作ってみたい人は頑張って作ってみましょう!
| 古い時代のゲーム、パソコンなどの技術の話など | 02:01 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 02:01 | - | - | -