CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< クリエイターは「ノンバーバル(non-verbal)」手法で、視聴者の心の中に感情を作る事はできるのか? | main | クリエイターは視聴者に感情を作れるのか?(能動的視聴者と受動的視聴者) >>
クトゥルフ神話をモチーフにしたホラーゲームと恐怖の考察(Sea Salt、Elden: Path of the Forgotten、CARRION、魔獣の王国、プロデュース)

 

 

前回、「ホラーゲーム」の事について書いたわけですが、別の切り口の「ホラー」ジャンルがあって、それが、クトゥルフ神話です。
クトゥルフ神話は、ラヴクラフトらのグループによって書かれた小説であって、実際の神話ではないのですが、背景にあるのが、「宇宙的恐怖」というテーマです。
クトゥルフ神話を題材にしたアニメで有名なのは、「這いよれ!ニャル子さん」ですが、ゲームでもいくつかあります。

 

・Sea Salt(Switch)
「Sea Salt」は、クトゥルフ神話をモチーフにしたゲームで、背景となるストーリーは、古(いにしえ)の邪神「ダゴン」は、人々に繁栄を与える代わりに生け贄を要求していた。
ある時、邪神は、カルト教団の教祖に自らが生け贄になるように意思を示したところ、あろうことか、この教祖は「信仰心よりも、教祖自らの権力と金を優先し」自らが生け贄になる事を拒んだあげく、教団の金を持って逃亡をはかった。
この背教の行いに激怒した邪神は、このカルト教団の信者を皆殺しにするために、魔獣を送り込んだ。
あなたは魔獣を召喚して、このカルト教団の信者を皆殺しにするように操作して下さい。
基本的に、クトゥルフ神話の魔獣(?)は、魚介類や昆虫、エイリアン、クリーチャーのような形状が多いので、「大量の虫に人間を襲わせる」ような戦法になります。
勢力の大きいカルト教団のリーダーを惨殺すると、新しい魔獣が召喚できるようになります。
ゲームとしては、けっこう面白い方です。

 

(Sea Salt(Switch, パソコン))
https://seasalt.games.dmm.com/

 

・Elden: Path of the Forgotten(Switch, パソコン)

「Elden: Path of the Forgotten」も、ラヴクラフトの影響を受けたゲームです。
ホラーゲームとは、別の切り口からの恐怖です。

 

(Elden: Path of the Forgotten)
https://store.steampowered.com/app/715020/Elden_Path_of_the_Forgotten/

 

・CARRION(Switch, パソコン)
アニメの「A.I.C.O. Incarnation」を見ると遊びたくなるゲーム。
「CARRION」は、自分が触手クリーチャーで、プレイスタイルは、「這い寄る恐怖」。
人間から見ると、凶暴で非常に恐怖感を与えるクリーチャーなのですが、実は、ただの細胞の塊なので滅茶苦茶弱いので、「人間達に恐怖感を与えて混乱させながら、這い寄る恐怖で殺していく」というプレイスタイルをしないといけない。
自身が生き残る為に、「人間を捕食して遺伝子を獲得したり、DNA研究所のサンプルを捕食して、新しい能力を獲得しないといけない」
非常に、雰囲気の作り方のうまいゲームです。
ジャンルは、「逆ホラーゲーム」で、「人間を襲って恐怖を与える側」のゲームです。
日本が作ると、エロゲになるはずです。

 

(CARRION)
https://store.steampowered.com/app/953490/CARRION/

 

・魔獣の王国(コナミ)
昭和時代のゲームセンターのゲーム史上最もマイナーなゲームとして、「魔獣の王国(コナミ)」というゲームがあって、これは、魔界や魔獣という題材ながら、恐怖の雰囲気は、クトゥルフ神話に似ている気がします。
自分が、この「魔獣の王国(コナミ)」が実際に動いているのを見たのも、ゲームセンターではなくて、秋葉原の業務用基板屋だけです。
昭和のゲームセンターのマイナーなゲームで有名なたった330台しか作られなかった「ナイトストライカー」は、なぜか、ゲームセンターで動いているのはわりと見た事がある人が多いのに対して、「魔獣の王国(コナミ)」をゲームセンターで見た人は、ほとんどいないでしょう。
「魔獣の王国(コナミ)」は、圧倒的な、「恐怖と魔獣の怒り」を感じさせるような音楽が非常に良くて、自分は、たしか、ゲームセンター版の「悪魔城ドラキュラ」の曲が入っていたCDを買った時に、この「魔獣の王国(コナミ)」の曲も入っていて、非常に好きな曲でした。

 

・プロデュース(デービーソフト)(PC-9801. PC-8801)
クトゥルフ神話にある「SAN値」メーターを中心にした非常に珍しいゲーム。
プレイヤー側は、エイリアンであり、館に入場してきた人を恐怖におとしいれる事で、人の進行方向や行動をコントロールする。
「恐怖値」は、心臓の形で表示されていて、入場してきた人の心臓が破裂してしまってもいけない。
基本的には、恐怖で逆ギレした「さやか」に殺される。

 

(「悪魔の辞典(The Devil's Dictionary)」を解読する事で、本来のラヴクラフト自身の意図していた内容が深読みできる)
「悪魔の辞典(The Devil's Dictionary)(アンブローズ・ビアス著, 1911年)」という皮肉辞典があって、これは、タイトルの「悪魔」とはまったく無関係であって、正確なニュアンスで日本語に翻訳するならば、「悪魔的皮肉に満ちた辞典」の事です。
内容は、辞典の見出し語の語釈について、皮肉とブラックユーモア「だけ」で書いてある異様な辞典であって、現代でいえば、社会風刺のたぐいです。
ラヴクラフトが、クトゥルフ神話を書く時に、背景となっている地名や人名などが必要になりますが、そういったいくつかは、この「悪魔の辞典(The Devil's Dictionary)(アンブローズ・ビアス著, 1911年)」から付けられているようで(「ハスター」など)、この「悪魔の辞典(The Devil's Dictionary)」を解読する事で、もっと本来のラヴクラフト自身の意図していた内容が深読みできるようです。

 

(ラヴクラフトの、クトゥルフ神話の「恐怖」モチーフ)
ラヴクラフトの、クトゥルフ神話の「恐怖」モチーフは、既存の神話などに存在していないものからきています。
昔からある「神話」と呼ばれるものは、「神への畏怖心」を中心にしているものですが、それ以外の「宇宙的恐怖」というものを探そうとしていたようです。
・宇宙的恐怖
・名状しがたいもの(人間の認識や知覚を超えているので、人間には、「名状しがたい」としか言えない。要するに、人の認識外から来る恐怖)
・(同様の理由で)恐怖対象が意思疎通ができない所から来る恐怖(意思疎通が不可能なエイリアンに襲われる恐怖)
・SAN値(狂気度、正常度。Sanity(「正気」の度合い))がある
「SAN値」メーターがあるゲームは少なくて、「プロデュース(デービーソフト)(PC-9801. PC-8801)」、「Don't Starve(PS4, パソコン)」位です。
クリエイターが、ゲームとか何かを作る時に、現実世界との大きな違いは、この「SAN値」や「恐怖値」がある事でしょう。
ゲームでは、「HP」がゼロになると死にますが、現実には、「SAN値」や「恐怖値」があって、この数値が、あるライン以下になると、「狂気」、「発狂」、「発狂死」などが起こります。
恐怖心があまりに強い場合には、勇者は、HPがゼロにならなくても死んだりするわけです。
前回書いた、「人の感情」をクリエイターは起こさせる事ができるのか?ですが、「ゲーム内キャラクターのSAN値ではなくて、視聴者自身の人間の方のSAN値が無くなってしまうと、そもそもプレイ続行が不可能になったりしてしまう」という問題点があって、クリエイター側は、全力で、「恐怖」を作らないようです。

 

(「恐怖心」は生存には大切な要素)
本来、「恐怖心」は生存には大切な要素であって、「恐怖心」が起こらない人は、ある意味危険です。
「SAN値」や「恐怖値」のちょうど逆側にあたるものが、「正常性バイアス(Normalcy bias)」といって、ちょうど、今のコロナの時期の人間の行動パターンがわかりやすいですが、「正常性バイアス(Normalcy bias)」というのが出る人は、「私だけは、コロナにかからない」のように、「自分だけは災いから除外されている」ような錯覚を持つ事です。
例えば、恐怖心があるから、人類は、野生の動物がいても身を隠したり回避する行動を取れるわけです。
「SAN値」の場合には、悪い例で、「恐怖心」が出てしまう状態になった場合であって、あまりに強い「恐怖」は、「精神錯乱」、「発狂」などをしてしまうわけです。
「バイアス(bias)」というのは、「人の思考に偏った強い誘導が出る」という事で、正しい統計データを取るために、主に、マーケティングや、統計調査で使う用語ですが、ある方向に、思考が誘導されれば何でも「バイアスがかかっている」と表現するので、マーケティングでは、こういう言葉はありませんが、「平常性バイアス」というものもあるような気がします。
「平常性バイアス」=「平常な状態、冷静な状態になるように、強く思考や感情が誘導される事」
ちょうど、ゲームだと、「SAN値」メーターが自然な状態に回復していくような補正がかかるような事です。
クトゥルフ神話の「SAN値」では、「不可逆な領域にまで達してしまった発狂」の状態もあるので、そうなると、この「平常性バイアス」の冷静な状態に戻すものが破壊された後になります。
脳の恐怖を感じる部分や正常な状態に戻す部分が、ウイルス性脳炎などで破壊されてしまうと、この「平常性バイアス」が働かなくなるので、発狂した状態のままになってしまうわけです。
前回の記事でわかった事は、「ホラー」で、「すでに知っているネタ」に対しては、この「平常性バイアス」が働くまでの時間が短くなるので、あまり怖くなくなり冷静に対処できるようです。

| ゲーム | 01:11 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 01:11 | - | - | -