CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 「表現の自由」と「検閲」について考える(NintendoSwitchで問題になりそうなタイトル) | main | 人工知能は魂を持つか?(人の魂の動作はおおざっぱな可能性がある。「自律的動作」、「細胞1つ1つの共生体の総意」) >>
「VTuber」系のテレビ番組が増えてきた

最近のテレビ番組で、急に、「VTuber」が登場するテレビ番組が増えてきました。
アニメ枠ではないので、けっこう見落としがちなので書いておきます。(ほとんどが、「バラエティー枠」。まぁ、実際の「VTuber」も「バラエティー枠」が多いが)

 

(最近の「VTuber」や「3DCGキャラ制御」系が登場するテレビ番組)
キズナアイのBEATスクランブル
キズナアイのばん組
22/7 計算中
バーチャルさんはみている
超人女子戦士ガリベンガーV(バカな事をやっているフリをしながら、どんどん知識が身に付く番組)
サイキ道(「まいっちんぐマチコ先生」を「VTuber」にする計画。3DCGモデリングは、全然、別キャラな感じがするが)

 

この理由は、「VTuber」技術の発展で、リアルタイム制御で、3DCGに、モーションを付けられるようになった事と、VR技術、AR技術の発展で、実際にいる現実の人との、掛け合いが可能になった事で、けっこう技術的には凄い時代になってきています。

 

(「3DCGキャラ制御」技術の発展の歴史の順番)
(0) 自分が知る中で、最も古い「3DCGキャラ制御」技術が使われていたのは、NHKの「天才てれびくん」枠内で放送されていた科学知識を身に付けるテレビアニメ「ジーンダイバー」の中の、3DCGキャラ制御用のグローブのようなものがあった。まだ、初期のポリゴンの時代。
(1) MikuMikuDance時代(手打ちモーション時代)
(2) ニコニコや、Youtubeで、MikuMikuDanceを使って3DCGキャラが、実況キャラとして使われるようになる(手打ちモーション時代)(「VTuber」時代のはしり。まだ、「VTuber」という言葉が無かった)
(3) kinectの登場で、人間の動きを、3DCGのモーションに取り込む事が可能になった(が、やはり修正や調整が必要で、手打ちモーションに近い時代)
(4) テレビ番組の方に、MikuMikuDanceクリエイターが出るようになって、テレビアニメとなるようになった(主に、声優のフリートークに、MikuMikuDanceなどで、3DCGのモーションを付けるという苦労するやり方。現在の3DCGキャラ系のバラエティー番組のはしり)
(5) Oculus Riftや、PS4のVRゴーグルが発売された事で、「VR制御」による3DCG制御と、実際の人間の動きを連動させる技術が発展。
(6) 「VR制御」技術は、この後に、人間の「腕」、「頭」の動きと、手を握る「グー」、「パー」の動きができるコントローラーができた事で、「VTuber」制御端末としても使われるようになった。
(7) 「VTuber」というのが、ネット世界にたくさん誕生した。
(8) フォロワー数の多い「VTuber」が、テレビのバラエティー番組に出るようになった。(←今はココ)
(9) <未来予測>PS5時代になると、パソコンも、ゲーム機も、「VR制御」技術が発展する事が予想されるので、主に、人間の「両腕」、「頭」、「両足」、「腹」の動きと、手を握る「グー」、「パー」の動きができるコントローラー技術が発展する事で、「VR」、「AR」の両方で、3DCGキャラクターのモーションをユーザーが比較的簡単に付けられるようになるので、Mod技術が発展していくはずで、「RPGツクール」的な、格闘ゲームを作れるツールに、ユーザーの作ったモーションなどが取り込めるようになってくるのではないか?

 

(「VTuber」技術で今後開発しないといけない事)
「VTuber」という単語自体の意味は、「Youtuberの3DCGキャラ版」=「バーチャルYoutuber」の意味なのですが、技術的には、完全に違う2種類に分かれます。
(1) 手打ちモーション系VTuber(ベテランがやれば、1番綺麗に動きますが、リアルタイムではできないので、実際の人間との掛け合いができません)
(2) 「VR制御」技術のコントローラーを主に使って、人間のモーションを取り込むタイプ(動きは荒いが、リアルタイムで実際の人間との掛け合いができます)
ここで、本来、人間のモーションを取り込む目的の「VR制御」技術では、必要無かった技術が必要になってきていて、それが、「亜人」系特有のいろいろな部位制御用をどうするか?です。

 

(「亜人」系特有のいろいろな部位制御用をどうするか?)
・猫耳など
・しっぽ
・ドラゴン、天使の羽
・ラミア、人魚のように、足にあたる部分が1本のタイプ
これらは、現在、パソコンのキーボードのボタンに割り当てられていたりするのですが、「リアルタイムで実際の人間との掛け合いをする」時には、中の人が、両手に持った手を握る「グー」、「パー」用のコントローラーや、腕のモーションを拾ってしまうので、パソコンのキーボードを操作するには、2人以上でやらないといけません。
一方で、実際の動物と同じで、「猫耳」、「しっぽ」は、動作主の感情と連動していないと不自然になるので、これらの動作も、中の人1人でやる必要があります。
「亜人」系特有のいろいろな部位制御を、演じる時のコツとしては、「恐竜の着ぐるみ」の中の人と同様に、「そのキャラになりきる」事が必要です。
多くの「亜人」系特有のいろいろな部位制御は、パソコンのキーボードのボタンで、「決まったモーション」を再生するわけですが、実際の動物と同じで、特に、「しっぽ」は、感情で、けっこう、ブンブン振り回したりするので、アナログスティック的な制御が必要になります。
「亜人」系特有のいろいろな部位制御は、今後、バンドのドラマーの用に、「足」を使って制御したり、ハリウッドのように、「口」で噛む制御とか、全身を使う必要があるかもしれません。
ゲーム機のコントローラーの「同時押し」が、もっとも、楽に、多くの動作ができるはずです。
例えば、「Aボタン」を押しながら、アナログスティックを回すと、「しっぽ」の制御に切り替わるようなタイプです。

| アニメ | 06:55 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 06:55 | - | - | -