CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨ができるらしい(肉体に入れ替わる) | main | VTuberを人のモーションで動かす「3tenePro + Live2D」のキャンペーンをやってる(自分のイラストの「Live2Dキャラクター」も動く) >>
「魂と素粒子」の話

前回の最後の文の「魂と素粒子」の話が、よくわかりづらいと思うので、説明を書きます。
まず、サイエンスを題材にした小説などの作品のSFというジャンルには、「ハードSF」と「ソフトSF」の2種類があります。
「ハードSF」は、「実際のサイエンスに限りなく忠実に再現されたSF」のことで、実際に作る事ができる可能性があります。
「ソフトSF」は、「サイエンス」をテーマとして扱っているけど、ファンタジーに近い方です。
「ハードSF」に分類される作品は、「攻殻機動隊」と「STEINS;GATE」とかがあって、現在の21世紀の技術は、「攻殻機動隊」を追って出来上がってきている部分がかなりあります。
それで、今後の人類の科学史が、「攻殻機動隊」と「STEINS;GATE」を越えた先にあるものを見たい場合には、最後の課題として、「魂のある位置」を突き止めないといけません。
「魂のある位置」がわかれば、「人工知能に人の魂を入れる」、「人工知能が魂を持つ」事が可能になる可能性があります。
これは、今から、50億年位先の未来で、「太陽が寿命を迎える時期」がきた時に、人類が生き残る手法の1つと考えられるので、エンジニアは、いつかは考えないといけない議題です。

 

自分の考え方では、昭和の時代に、「太陽が50億年位先の未来で、寿命を迎える時期」の為に、多くの資産家が、現在の世界全体の人類を経済的に犠牲にして殺しながら、「現在、世界全体の富の半分以上を1%のみの富裕層が保有している(2018年の発表では、この1年間に作られた世界全体の富の82%が、1%の富裕層のみが独占している現状)」で、数億年後に、資産家の一族のみが地球を脱出可能な財産を構築したいという願望があるわけですが、自分の考えでは、「昭和の発想の原始的なロケットによる脱出では、速度的に巻き込まれて死ぬ」はずなので、むしろ、「素粒子的な魂」の状態で、次元跳躍させる方法しかないのではないか?と思います。
この「素粒子的な魂」の状態で、次元跳躍させる方法に必要な能力は、「ロケットを飛ばせる資産」ではなくて、むしろ、「素粒子的な魂」の状態が「太陽風」的なノイズに破壊されないように、個々の「素粒子的な魂」の意思と能力で、「弾幕シューティングゲームで弾幕をかわせる能力」のような個々の魂の能力の高さのみでしか救われないはずです。
「素粒子的な魂」の状態で、次元跳躍させるには、ニュートン物理学では、「大まかな所に吹っ飛ばす」事はできますが、個々の「太陽風」的な宇宙のいろいろなノイズ(弾幕シューティングゲームのようになっている)は、各個人個人が目視(というか、「素粒子的な魂」の認識と選択によって)で回避して個々の魂の能力で対応してもらう必要があると思います。(資産家が大金を積んでも魂が死ぬ事が確定されているという事)

 

(順番)
(1) 太陽が50億年位先の未来で、寿命を迎える時期に、資産家が大金でロケットで逃げると、速度的に燃え尽きて死ぬだけ。SFに多い「ワープ航法」は、重力的につぶれて粉々になって死ぬだけ。おそらく、「魂」も完全に粉々になって死ぬ。
(2) 「DNA配列の情報」は、ただの情報なので、これを先に飛ばす。
(3) 前回書いた「3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨」とか、iPS細胞とか、 飛ばされてきた「DNA配列の情報」などを使って、「DNAプラント」を使って、遠くの星に、クローン人間的なものを作る。
(4) 「素粒子的な魂」を飛ばして、その他の惑星に作ったクローン人間的なものに、魂を入れる。
(5) 地球からいろいろな手法を使って飛ばすものは、大まかな所にしかいかないので、特に、素粒子物理学の現象は、「未確定要素」が含まれているので、事前に計算などで回避する事が不可能です。この時に、「素粒子的な魂」は、太陽風的な宇宙の様々なノイズで破壊される恐れがあるので、個々の「素粒子的な魂」の意思と選択能力によって、個々に回避してもらう。(弾幕シューティングゲームのようになっているはず)
(6) これで、「魂」と「肉体」の両方を遠方の星に移動させる事が可能になるかもしれない。

 

(魂のある位置)
前に自分が書いた「魂のある位置」という考え方は、「臓器のどこに魂があるのか?」という考え方で、20世紀の科学者の結論は、「脳」であるという結論です。
しかし、自分は、これに異論を唱えて、最近の21世紀の先端医学では、「臓器連関」という考え方が主流になってきたので、「脳自身も、他の様々な臓器や細胞などから命令を出されている」ので、自分の考え方では、「臓器や細胞が全部揃っている状態が、本来の魂の全て揃った状態である」と考えたわけです。
しかし、交通事故などで、臓器のいくつかを失った場合に、「脳」以外は入れ替えても、「本人の意識」は変わらずに残ったままなので、「脳」がかなりの大半を占めていることがわかります。
この臓器側からのアプローチの方法では、これ以上議論が進まなくなってきたので、エンジニアの場合には、そういった場合には、「まったく別のアプローチの手法を考える必要がある」わけです。
それで、今回は、「素粒子物理学と魂」についての考察を進めていこうという事を書いたのが、前回の最後の文です。

 

(素粒子物理学と魂)
自分がこの着想を考えたきっかけは、「タイムマシン」が仮にあったとしたら、「意思を持って過去を変えられる」という「意思を持って行動できる」部分が、「魂」のある位置を考えるのに重要だと気が付いたからです。
この理屈は、古典的物理学の「ニュートン物理学」と、現代の「素粒子物理学」との違いからです。
話としては、「ニュートン物理学」の「ラプラスの悪魔」という話と、「素粒子物理学」の「シュレディンガーの猫」という話です。

 

(ラプラスの悪魔)
「ラプラスの悪魔」という話は、古典的物理学の「ニュートン物理学」の時代では、「全ての原子や物質の位置がわかった場合には、未来は計算できる」=「すなわち、未来ははじめから全て決まっていて改変すら不可能である」
という話です。
私達は、サイコロが偶然やランダムで数字が出る道具だと勘違いしていますが、「サイコロは、タイムマシンがあった場合に、まったく同じ全ての星の位置などの重力の影響などが全部同じ環境では、必ず、同じ目しか出ません」
他の言い方をすれば、「今から振るサイコロの目は、すでに未来が決まっていて、同じ目しか出ない」という意味です。
「ニュートン物理学」の範疇の中だけで動いている物質は、「あらかじめ未来が決まっていて変更が不可能」です。
ですから、私達は、遠くの惑星に正確に、人工衛星などを飛ばす事が可能になるわけです。(あらかじめ未来が決まっているから)

 

(シュレディンガーの猫)
しかし、「素粒子物理学」というものが科学史の発展でわかってくると、「未来は選択できる」可能性が出てきたわけです。
「シュレディンガーの猫」の話では、実際の素粒子の物理実験で、「素粒子は観測されるまで、決定されない」という事がわかったので、「未来は選択できる」可能性が出てきたわけです。

ですから、ここで、先程の自分の着想で、「タイムマシン」が仮にあったとしたら、「意思を持って過去を変えられる」という「意思を持って行動できる」部分が、「魂」のある位置を考えるのに重要だと気が付いたわけです。
「ニュートン物理学」の範疇の中だけで宇宙が構成されていたとしたら、たとえ、タイムマシンがあったとしても、絶対に、過去や未来の変更は不可能で、同じ過去、未来が永遠に繰り返されるだけです。
要するに、「素粒子物理学」の方では、「タイムマシン」が仮にあったとしたら、「意思を持って過去を変えられる」部分が存在しています。
「意思を持っている」=「魂のある部分」と仮定したら、「素粒子(または、素粒子に干渉できるもの)」=「魂」という可能性が出てきたというわけです。

 

(「素粒子物理学」の多世界解釈や、パラレルワールドの考え方)
それで、「STEINS;GATE」で、牧瀬紅莉栖が解説するように、「素粒子物理学」の多世界解釈や、パラレルワールドの考え方が必要になってくるわけです。
古典的物理学の「ニュートン物理学」が主流だった昭和の時代では、宇宙は、「4次元空間(3次元空間+時間)」だけで考えればよかったのですが、21世紀の現在の先端物理学や数学の世界では、「素粒子物理学」も組み込む必要があって、現在では、「数学や物理学の計算上では、宇宙は、11次元とか26次元である」という計算結果が出てきています。
自分が「本当に考えられる人工知能を作る」で書いているように、「真実(人間の個人個人の主観ではない)の状態で計算した数学や物理学の計算結果は、実際の真実の状態を意味している」ので、たとえ、数式上の事であっても、現実の話と同じ意味になります。
これに加えて、「素粒子物理学」の多世界解釈や、パラレルワールドの考え方があるので、宇宙の真実の構造は、もっと複雑になる可能性があります。
多世界解釈や、パラレルワールドの考え方では、「いくつもの自分が重なり合っている状態」や、「並行世界(並行宇宙)に、いくつかの自分がいる」という状態です。

 

鳳凰院凶真「つまり、多世界解釈によると、プリンセス天功は2人いると?」
ダル「オカリン。マジックの種、バラしちゃマズくね?」
牧瀬紅莉栖「違うでしょ!多世界解釈は、素粒子的に、"いくつもの自分が重なり合っている状態"。"並行世界(並行宇宙)に、いくつかの自分がいる"という設定じみた解釈は、パラレルワールド!」

 

それで、現代の先端物理学の「素粒子物理学」とか、「多次元宇宙」の考え方を使うと、ちょうど、今やっているアニメの「イングレス」のような事は、実際に可能な可能性があります。
つまり、「イングレス」も、「ハードSF」の方に入れていいわけです。
さらに、「素粒子」の振る舞いがわかってくると、「とある科学」、「とある魔術」シリーズあたりまで、「ハードSF」の方に入れられる可能性が出てきました。(2018年の今やっているアニメの「とある魔術の禁書目録III」で扱われている範疇は、「神秘学」という範疇なので不可能ですが)
つまり、「魔術」、「錬金術」の中のいくつかは、現実に利用できる形に、エンジニアがする事が可能になる可能性まで出てきました。
といっても、すでに、私達が、「科学」と呼んでいる学問は、「魔術」、「錬金術」と呼ばれていた学問が形を変えただけですが。

 

(自分の結論)
自分の結論の考え方としては、「魂のある位置」は、臓器的には、「臓器連関」という考え方から、「脳自身も、他の様々な臓器や細胞などから命令を出されている」ので、自分の考え方では、「臓器や細胞が全部揃っている状態が、本来の魂の全て揃った状態である」
次に、物理学的に、「未来を意思を持って選択可能なのが、魂である」と考えた場合には、「素粒子に干渉できる部分」が、「魂のある位置」です。
自分の考えでは、「全ての細胞が、常に、素粒子に干渉できる観測者の立場を演じているので、全ての細胞が、常に、未来を選択し続けている状態」が、「魂」の状態の1つの側面だろうという結論です。
要するに、「素粒子物理学」と、「多次元宇宙」の考え方を使って、「素粒子に干渉できれば、「イングレス」のように、未来視が可能になったり、"真実(人の個人個人の主観ではない)の状態"で物を見たりすることは可能になる」可能性があります。
つまり、「攻殻機動隊」と「STEINS;GATE」の先の未来の話の1つのタイプとして、「イングレス」のような状態があるわけなので、ようやく、自分が知りたかった、「攻殻機動隊」と「STEINS;GATE」の先の未来のエンジニアリングの話に進展がでてきた状態です。
「素粒子」干渉の束のようなものが見えれば、時空を含めて、物質や化学的な事など様々な事象に干渉が可能になるので、「魔術」や「超能力」のような事が可能になる可能性があります。

| 考えられる人工知能を作る | 08:37 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 08:37 | - | - | -