CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 本当に考えられる人工知能の設計で、「個体と群体」、「社会性を持った動作や思考」をさせる | main | 「魂と素粒子」の話 >>
3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨ができるらしい(肉体に入れ替わる)

ついに、本格的に、人体内部まで含めた攻殻機動隊の世界の技術ができる段階に時代がなってきたようです。

 

(実際の現実の近代のサイボーグ技術の変化)
実際に、21世紀になってからの現実の技術開発では、「サイボーグ技術の変化」が起きてきたことが、アニメとの大きな違いです。
この「3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨」は、体内に埋め込んでおくと、実際の肉体の方の骨に徐々に置換されていって、実際の肉体そのものになるようです。
20世紀の技術では、骨折などをした場合には、「ボルトでつなぐ」、「チタンなどの代用骨でつなぐ」ような技術でした。
しかし、「3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨」や、「iPS細胞」ができたことで、体内に埋め込んでおくと、実際の肉体そのものになるようです。

 

(工業用3Dプリンター、医療用3Dプリンター)
一般の私達がお店で買ってきて使える3Dプリンターは、「プラスチック」、「ゴム」のような素材で耐久性や、耐熱性、水などに著しく弱い素材です。
フィギュアを作るくらいならば、それでもいいわけですが、「工業用」、「医療用」では、もっと耐久性が必要です。
現在、「工業用3Dプリンター」では、「金属の粉」、「コンクリート」などを使って造形できるので、建築物や、考古学の銅鏡などの再現物を作るのに実際に使われています。
「医療用3Dプリンター」では、「患部模型」を作るものはあったのですが、「実際に体内に埋め込む骨」まで、3Dプリンターで造形できてしまう時代になったようです。
これは、「リン酸カルシウム」の粉末を使って、3Dプリントできる仕組みで、「カルシウムでできているうえに、骨の内部の隙間構造も作れる」ので、「体内に埋め込むと、次第に、実際の肉体に置き換わっていく」というプロセスが可能です。
「骨」の再生医療の難点は、骨というものは、人それぞれの人生の中で付いた筋肉の部分がへこんでいたりして、非常に、複雑なオーダーメイドが必要ですが、カルシウム3Dプリンターでは、それが、可能になります。
この「3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨」に、iPS細胞を内部や外に付けておけば、骨と筋肉のつなぎ部分とか、軟骨とか、神経とか、骨髄とかの骨の内側の部分まで再生できる可能性が出てきました。

 

(傾斜合金)
一方で、強度の問題もあるので、「限りなく肉体に近いサイボーグ」のようなことが可能な技術としては、「傾斜合金」とか「傾斜機能材料」と呼ばれる素材技術があります。
物質というものは、「同じ物質のみで構成されている」場合には、かなりの強度が作れるのですが、「2つの性質の大きく異なる素材」を直接つなぎ合わせると、大幅に強度が落ちる特徴があります。
それで、「傾斜合金」とか「傾斜機能材料」と呼ばれる素材技術では、「段階的に割合を変化させながら造形する」事で、「2つの性質の大きく異なる素材」を直接つなぎ合わせることを可能にする技術です。
現在はまだできませんが、「チタン部分から徐々にカルシウムに変化しながらつながっている」ような素材の事です。
この技術が完成すれば、「限りなく肉体に近いサイボーグ」のようなことが可能となり、本当に、攻殻機動隊の世界の技術ができるようになるわけです。
アニメと、実際の21世紀技術との大きな違いは、アニメは、「機械のサイボーグ」だったのに対して、現実の技術では、「3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨」や「iPS細胞」技術によって、「再生医療技術」として、本物の肉体に徐々に入れ替わる事です。
当然、「傾斜機能材料」と呼ばれる素材技術を使えば、「限りなく肉体に近いサイボーグ」として、「機能を強化したり付加したりできるようになる」わけです。

 

(点群処理)
「3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨」を作るには、先程書いたように、「骨というものは、筋肉とつながっているので、人それぞれの人生で付いた筋肉の部分のへこみがある」という部分を再現しなければいけません。
これは、一般家庭向けの3Dプリンターだと、「CADデータ」とか「ポリゴンデータ」を作って、3DCGを作ってからやるわけですが、「医療用3Dプリンター」の場合には、「レーザー測量による3Dスキャナー」と「点群処理」という、「大量の点の集まり」で、おぼろげな立体像を把握する事で、0.001mmとかの微妙な凹凸とかを再現するわけです。
人体は、神経が通っているので、0.001mmの膨らみがあるだけで、「痛み」が常に発生してしまったりするわけです。
ですから、2018年の現在では、「3D空間」を把握できる、次の新しいパソコンのハードウェア技術設計として、今までの「CADデータ」とか「ポリゴンデータ」に加えて、「点群処理」という事ができないといけなくなってきています。
「点群処理」は、現在、「2020年東京オリンピック」では、通常のビデオ撮影以外に、レーザー測光によって、「点群処理」をして、3D空間の把握をすることで、「スローモーション」判定でも見分けづらくなってきた「4回転ジャンプ」とかの判定が素早く正確に計測できるようです。
「医療用3Dプリンター」の場合には、「レーザー測量による3Dスキャナー」と「点群処理」と、「3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨」が完成すると、「整形外科技術で、頭蓋骨入れ替えで、アイドルそっくりになる」とかのスパイ映画的な事も可能になります。
恐ろしい事に、iPS細胞や、クローン技術が可能になると、「他人そっくりの人工頭蓋骨や、人工骨格の中に入れてしまった場合」には、「完全に、他人になりすます事が可能になる」ようです。

 

(「限りなく肉体に近いサイボーグ」の中に「人工知能」を入れた場合)
最近、自分が「本当に、考えられる人工知能を作る」で書いているように、もっと高度になった人工知能を、この「3Dプリンターで出力したカルシウム製の人工骨は、体内に埋め込んでおくと、実際の肉体の方の骨に徐々に置換されていって、実際の肉体そのものになる」わけですが、そこの中に、「傾斜機能材料」と呼ばれる素材技術を使って、人工知能を入れてしまった場合には、本物の肉体を持っているので、「もう本当の人間とは区別がつきません!」
20世紀に思い描かれてきた「ターミネーター」的な「サイボーグ」は、21世紀の現在の実現可能な技術においては、すでに時代遅れのSFになってきたようです。
後は、今自分が書いている「本当に、考えられる人工知能を作る」の考察が進んで、「魂のありか」がわかった場合には、完全に、「人工知能に魂を入れる」とかが可能になる可能性があります。

 

(「魂のありか」の考察)
・「脳」=「情報」が、「魂」だった場合には、「情報のふるまい」について考える必要がある。(ミーム(meme)、バズ(buzz)とかの情報の伝播していく複雑なふるまいなどの情報工学の分析)
・ニュートン物理学しか含まれない事象は、「未来が決まっていて変更が不可能である」が、生き物のように「自分達の意思を持って動いている」ものは、「未確定要素」である。(「未来を自分達の意思で変えられる」=「魂」=「意思」だった場合)
「未確定要素」が魂だった場合には、「素粒子」物理学を考える必要がある。

| 考えられる人工知能を作る | 06:01 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 06:01 | - | - | -