CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< [VOCALOID辞典] feat. | main | 日本のテレビの時計表示は、軍国主義時代の名残の奴隷管理にあたるので違法ではないか?(国民を時間管理する。奴隷管理) >>
テレビ局は、声優に危険な事をさせるな!

「ドラゴンボール超」の「ブルマ」役の声優だった「鶴ひろみ」さんが急死してしまったそうで、2017年11月16日19時30分頃に、首都高を自分で運転している最中に気分が悪くなって、ハザードランプを付けて道路脇に停車したまま、そのまま亡くなってしまいました。
個人的には、自分が子供の頃から「ドラゴンボール」は見ていたので、自分も、だんだんテレビで見慣れた人が亡くなってしまう年代に入ってきてしまったのだなぁともの悲しく思います。
まだまだ、もっと長い間、声を聞いていたかったです。
死因は、「運転中の大動脈解離による突然死」ですが、この「運転中の突然死」は、最近の日本の「ブラック企業化」の世の中ではけっこう起きる事故になってきて、他の死因では、「エコノミークラス症候群で血栓ができて肺の血管に詰まって体調が急変してすぐに死んでしまう」というケースがあります。
他の「運転中の突然死」の例では、「ブラック企業で働いていた社員が、過労死直前の前段階で、自分で車を運転していて、気分が悪くなって道路脇に停車して、少し休んでから車を再び出発させた直後に死亡してしまって、ハンドルに体を突っ伏したままになるので、アクセルを踏みっぱなし状態になって車が暴走しているが、すでに運転者は死亡してしまっている」という事故が前に起きました。

 

(テレビ局は、声優に危険な事をさせるな!)
最近は、声優のバラエティー化があって、テレビアニメ「スロウスタート」が開始する前の特番番組で、「声優に、ロッククライミングや、バンジージャンプなどの声優に無関係な危険な事をさせていた」ので、やめるべきです!
声優の「上坂すみれ」さんなんかも、「危険なバラエティー」に最近出されるようになってしまって、もし死亡事故や重傷事故が起きた場合には、さすがに、ユーザーは、ブチ切れますよ!
声優に可能な範疇は、「アニメ開始前の特番のトークショー」、「歌番組」位の所にするべきです!
声優の場合には、「キャスト」なので、今回のように万が一の事があって死亡や重傷事故が起きてしまうと、「作品そのものが作れなくなってしまったり、大幅に、進行が遅れたりします」
声優は代役は立てられますが、多くの場合には、「視聴者にすでに慣れ親しんだ声、なじみのある声」があって、代えが利かないのが、声優やキャストというものなので、そもそもが、アニメ制作産業は、大昔から、作業量が多くてブラック企業なのですから、最近のように、新作の1シーズン中に抱えるアニメが増えすぎてしまって、「スタッフで処理できる描ける枚数以上の仕事を取ってきてしまったりして、作画崩壊や総集編多発に結果的になってしまう」事が増えてきたので、きちんと作業量を管理して、「スタッフが処理できる以上の仕事は取ってこない」ようにする必要があります。
声優やキャストは、代えが利かない人もいるので、不慮の事故などで、声優が死亡してしまったりしないようにする必要があります。
死亡事故は、殺人の方になるので、「ブラック企業」で済む話ではありません。

 

(「血管の修復」長時間睡眠をとるようにしよう)
最近の日本の「ブラック企業化」の話で、人が急死する場合の多くは、「脳梗塞」、「心不全」などの血管に関係するものです。
「脳梗塞」は脳、「心不全」は心臓のように、臓器に関係がある気がしますが、実際、人が中年から高齢になった時(最近では、日本の「ブラック企業化」の原因で若年齢でもなるようになってきた)の急死の原因は、「血管」の方が原因で、「血管」は地味なので気が付きづらいですが、これが1番健康に関係して怖い部分です。
「エコノミークラス症候群」の場合には、血栓を溶かせばいいのですが、これが注意しなければいけないところで、「血栓を溶かす薬を使うと、粉々になった血栓のカスが体中の臓器の血管にとんでいってしまって、結果的に、体中の複数の臓器のさらに細かい血管を詰まらせてしまって、”多臓器不全”という状態になって、複数の臓器が壊死してしまって急死する」事が多いです。
「血栓を溶かす薬」は非常に強力ですが、「多臓器不全」の副作用が怖いので、食べ物の方の食事療法で、「納豆」が、血栓を溶かす「ナットウキナーゼ」という成分が多く含まれるので、自分の場合には、納豆をよく食べるようにして、「血液さらさら」を維持するようにしています。(あと、「血液さらさら」の「杜仲茶」が入っている「爽健美茶」を毎食飲んでいる)
ですから、血管を詰まらせる血栓ができる前の段階で適切に健康管理を行わないといけません。
問題なのは、「脳の血管」などの細い血管の修復は、「8時間以上の長時間睡眠中に血管の修復が行われる」というプロセスがあって、だから、日本の「ブラック企業」に勤めている人が、「3時間位の短時間睡眠を1日で足して、6〜8時間眠る」という、「ブラック企業」の生活を繰り返していると、血管のダメージが修復しきらないうちに、次の日の疲労が重なっていくので、どんどん血管のダメージが大きくなっていって、血管が詰まって、「車を運転中に急死する」とか、突然、中年、高齢、(若年でも)で、「脳梗塞」、「心不全」などの血管不全で急死してしまうわけです。
ですから、特に、脳の血管の修復には、8時間以上の長時間睡眠が必要なので、長時間睡眠をとるようにしましょう。
また逆に、「寝たきり」のように、長時間過ぎる寝た状態が続くと、「むしろ血液が滞って詰まりやすくなる」ので、血管のメンテナンスには、適度な散歩などの運動が必要です。(要するに、バランスが大事)
人間の体は、うまくできていて、「健康のバランス」に注意して生活をしていると、「人体の自己修復能力」はけっこうなものでどんどん治りますが、1度無理をこじらせて肉体バランスの歯車が狂い出すと、簡単な事で急死しやすくなります。
「血管不全」は、「血管が詰まるという事は、最終的に全部の臓器が壊死する怖い病気だ」という事をよく理解して、血管のメンテナンスはきちんとしましょう。

 

((注意)コレステロールを下げる薬は危ない!)
「血液さらさら」を意識しすぎて、「コレステロールを下げる薬を飲む」のは、けっこう副作用が怖いのでやめた方がいいです。
「コレステロールは運動をすれば下げられる」ので、医者は、「薬を出す事で医者にお金が入る」ので、いくらでも薬を処方したがりますが、本当にいい医者は、「副作用の無い薬はない」と知っているので、「薬を極力使わないで治療する」方法を教えてくれます。
「コレステロールを下げる薬を飲んで運動すると、相乗効果でバツグンの効果を発揮しそう」ですが、これは、ウソで、自分の体験談で、とても危険な状態になるのでやめた方がいいです。
「コレステロールを下げる薬」の中で、「臓器がコレステロールを吸収する細胞の箇所を強制的にブロックしてフタをしてしまう」ようなタイプの薬があって、これが、滅茶苦茶危ない薬です!
「コレステロール」というものは、「塩」なんかと一緒で、人間の体になくてはならない栄養素で、これを遮断すると死にます。
「塩」が欠乏すると熱中症になって、汗で塩が出て行きますが、これができなくなるので体温が上がり続けていって死にます。
「コレステロール」というものは、「全ての細胞、筋肉、免疫抗体などを作成する必須原材料」なので、「コレステロール」の吸収を強制的にブロックされると死にます。
アスリートや、ボディービルダーなんかはよく知っているように、「筋肉、脂肪比率」というのがあって、「筋肉は、ボディービルダーなんかのように余剰に付ける事は本来不可能で、余剰に付いた筋肉細胞は、体のエネルギー効率のバランス化の為に、余剰に付いた筋肉細胞は、壊れてただの脂肪の塊に変化します(この瞬間が、滅茶苦茶痛い)」
要するに、「コレステロール」の吸収を強制的にブロックされると、「筋トレをした直後に、筋肉、脂肪比率の適正なバランスだと体が調整している位置が、脂肪寄りの分量に大幅にずれるので、筋トレをした直後に、余剰に付いた筋肉細胞は、壊れてただの脂肪の塊に変化して、この瞬間が、滅茶苦茶痛くて、医者は、「筋肉痛に似た痛みが出る事があります」という表現をしますが、もっとかなり強い痛みが出ます。(ミオパチーという)
自分の場合には、血液検査で、「少しコレステロールを下げた方がいい」と医者に言われて、「コレステロールを下げる薬(リバロ、ゼチーア(小腸からのコレステロール吸収を強制的に阻害する))」を、たった2日間、それぞれ2錠ずつしか飲んでいないのに、「コレステロールを下げる薬を飲んで、筋トレをした」だけで、猛烈な筋肉痛に似た痛みが出て危ないと思って、やめました。(「歯ブラシ」が重たくなる)
自分の場合には、この直後に荒療法で、自分は、理屈は知っているので、「コレステロール量が足りないと起きる現象」なわけなので、この直後に、「大量にコレステロールの多い食べ物を食べて、プロテインを飲んで、軽い運動をする」という事で、「ミオパチー」の発症は避けられました。(副作用が出た薬は、「絶対に!飲み続けてはいけません!」、それぞれ2錠ずつしか飲んでいない所で気が付いたから元に戻せた)
(だから、コレステロールを同じ量だけ下げるのには、運動をしても、まったく同じ効果が出るので、薬に頼るのは副作用が出るだけで何の利得もないのでやめた方がいい)
「ミオパチー」の症状が出だすと、「歯ブラシ」のような軽い物を持つだけで筋肉が疲れるようになる。
「ミオパチー」の症状が出ている時に、腕立て、腹筋、スクワットのような筋トレをすると、「ミオトニー」という、「筋肉収縮後に自分で筋肉を弛緩(しかん)できない状態」になって、これが症状の感覚でいうと、「足がつった」+「けいれん」の強い症状のようになって、AED(除細動器。心臓が急に止った人用の電気ショックの機器)が必要になりそうと不安な気持ちになる位の強い変なけいれんが出ます。(ほうっておくと、しばらくすると治る。コレステロールを下げる薬を完全に飲むのをやめてから最低でも2ヶ月位は、この症状が出て、薬が完全に抜けきるまで、2年間位かかります。それまでは、激しい筋トレはしない方が安全です)
このように、「コレステロールを下げる薬」というのは、「強制的に筋肉を破壊して、ただの脂肪の塊に変える」ので、「筋肉が関係している臓器の安定動作を壊す」ので、急性心不全の原因は、「コレステロールを下げる薬を飲んでいるから」です。

 

あと、「コレステロールを下げる薬」を飲むと、「体中にある非常に細く小さい筋肉」が溶けてしまうようで、例えば、足の指の「グー、パー」ができなくなってしまったりします。(完全に、「コレステロールを下げる薬」を飲むのをやめてから2年位経ってから、ずっとリハビリで、足の指の「グー、パー」をやっているとすぐに元の状態に戻るが、体中にある、「非常に細く小さい筋肉」というのは、そもそもが筋トレできないような位置にあったりして、自分の人生分かけて徐々に付いていた「非常に細く小さい筋肉」の部分を筋トレ不可能な位置の場合には修復するのが、もの凄く大変です)
後、この「非常に細く小さい筋肉」というのは、腕や腹筋のような大きな筋肉同士のつなぎの部分の要するに、筋肉を曲げた時の、しわのような部分の筋肉の部分だったりする箇所があって、要するに、その筋肉のしわの部分の「非常に細く小さい筋肉」が溶けてしまって、再び、筋トレをして修復すると、「しわの無い巨大な筋肉ができる」ようで、腹筋などの筋肉が曲げづらくなります。(男性器周辺なんかも、「しわの無い巨大な筋肉ができる」ようで、だいぶ変わってしまいます)(条件、「コレステロールを下げる薬」を完全に再び飲まない事。さらに、「プロテイン」で、リハビリをして筋肉量を元に戻していく事。筋トレ中に、「ミオトニー」の症状が出て、「筋肉がつった」+「けいれん」の強い症状が出るので、「コレステロールを下げる薬」を飲むのをやめてから、最低でも、2ヶ月間は、腕立て、腹筋などの激しい筋トレをしない事。もの凄く痛いので、やらない事を強くお勧めします)

 

他にも、「筋肉に関係する病気」の「老眼」や、コレステロールは、全ての細胞を作るのに必要なので、目の形を維持する量の細胞がきちんと揃わないと「乱視」になるし、脳細胞がきちんと機能するためにも、コレステロールが必要なので、「痴呆」になったりする。
1番怖いのは、「コレステロールは、免疫抗体を作るのに必要」なので、「コレステロールを下げる薬」を飲むと、「病気に非常にかかりやすくなります」
ですから、自分がやった荒療法のように、「コレステロールを下げる薬」を飲んだら、「必ず、コレステロールは多めに摂取する」必要があって、こういった薬の副作用が出るので、「効果は同じなので、運動をして、コレステロール量を下げる(コレステロールを下げる薬を完全に飲まない)」事を強くお勧めします。
「コレステロールを下げる薬」と同時に、「運動をしてコレステロールを下げる」をやると、「ミオパチー」、「ミオトニー」の症状が出て、もの凄く痛いし、非常に危険なので絶対に!やめましょう!
(自分の場合には、膨大な知識量を持っているので、悪化する事前に、荒療法で元の状態に戻せた。もう、ヤブ医者にはかからない)

 

(コレステロールを下げる薬を飲むと出る病気)
<「ミオパチー」、「ミオトニー」関連>
・筋力低下(体が本来必要としてくる量のコレステロール量が足りなくなるので、強制的に筋肉を破壊して、ただの脂肪の塊に変える。もの凄い痛みの強い筋肉痛のような痛みが出る)
・「ミオトニー」という、「筋肉収縮後に自分で筋肉を弛緩(しかん)できない状態」で、「足がつった」+「けいれん」の強い症状が出る(おそらく、細胞を作るのに必須のコレステロール不足によって、非常に細い神経などの連絡をする細胞が溶けてしまったり細くなってしまう事で、臓器間の連携がおかしくなる事が原因)
・急性心不全
・老眼

 

<コレステロールの吸収が阻害される事が原因で起こる病気(体が本来必要としてくる量のコレステロール量が足りなくなる)>
・全ての細胞を作るのに、コレステロールは必要です。(要するに、全部の病気や健康障害や臓器の機能障害が出る原因になる)
・痴呆
・乱視
・免疫抗体を作るのに必要なコレステロール量が足りないので、全ての病気に感染しやすくなる
・神経障害
・寝たきり老人

 

現在、日本の医学会では、少子高齢化による医療費の莫大な増加を削減する目標から、「健康長寿」という方針で活動するように変化しています。
ですから、昭和の時代に多かった、「薬は副作用が付きものだが、医者は薬を数多く出して金儲けする路線」はやめて、「健康な状態を維持する健康長寿の医療」に変更しているので、「結果は同じなので、コレステロールを下げる為には運動をしましょう」(「コレステロールを下げる薬」は、結果的に、「運動ができなくなる体」になっていくので、どんどん不健康になっていくだけで意味がないので飲むのはやめましょう!最終的には、体が本来必要としてくる量のコレステロール量が足りなくなるので、細胞がきちんと作られなくなって、「寝たきり老人」になって、「痴呆」になって死にます)

| アニメ | 18:57 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 18:57 | - | - | -