CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2016年10月近辺開始っぽいアニメ | main | モジュール化をしよう!(プラモデル、フィギュアに電子回路をくっつけて独自機能を追加する) >>
フィギュアに自由な電子回路をくっつけて、さらに動かしたい場合(「Artec Robotist」、「IchigoJam」)

 

前に、モーターで動くブロックの「Artec Robotist(ロボティスト)」に3Dプリンターで出力したフィギュアをくっつければ、フィギュアを自由にモーターで動かせるのではないか?という事を書きましたが、今回は、もっと自由に、一般の人でも、メカトロニクスを扱えるようにして、さらに自由度の高い事をやろうという段取りの流れについて書いていきます。
最近、政府が、「小学生の授業に、プログラミングを導入する」という決定をする事なんかをやっていますが、要するに、政府がやりたい事は、一般の人でも、自由自在に、もう少しプログラミングや、メカトロニクスが扱えるようにしたいという事のようだからです。
それで、初心者向けに、これからビジュアルプログラミングや、メカトロニクスを一般の人でも扱えるような事を順番に書いていくので、やりたい人はやってみましょう!
下に書いた段取り通り順番にやっていけば、最終的には、メカトロニクスで、かなりの事ができるようになっています。

 

(ビジュアルプログラミング)
自分が子供の時代にも、同様のブームがあって、その時は、安価なパソコンのMSXというBASIC言語を簡単に扱えるパソコンがはやった時代でした。
これは、初代ガンダム世代や、初代ファミコン世代と呼ばれる世代の人達ならば、その時代の人なので、よく知っているはずです。
それで、現在では、BASICではなくて、もっと簡単な、パズルを組み合わせていってプログラミングするタイプのビジュアルプログラミングというタイプになっているようです。
ビジュアルプログラミングは直感的に扱えるので、一般の人でも小学生でも扱えるので、次のどれかをいじってみてプログラミングの感覚を覚えましょう。
1番簡単なのは、「Google Blockly」なのでお勧めで、パズルを組み合わせて作ったプログラムは、JavaScript、Python、Dart、XMLの言語へ変換できるので、とても簡単です。
・Google Blockly
・Scratch
・MOONBlock
・プログラミン(文部科学省)
・VISCUIT

 

(ロボットのモーターをビジュアルプログラミングで自由自在に動かす)
・Artec Robotist(ロボティスト)

 

(メカトロニクス、電子工作入門をパズルで覚える)
昭和の時代にも、「Artec Robotist(ロボティスト)」のような発想で、メカトロニクスや電子工作をパズルでくっつけて遊ぶだけで電子回路が作れるという知育玩具がありました。
それは、「電子ブロック」という製品でしたが、ブロックの中に、本物の電子パーツが入っているわけなので、電気の計算をしないと電圧などでパーツが破損する可能性があります。
それを、パソコンの画面用にしたのが、「バーチャル電子ブロック」という製品でこれは画面内なので、電子パーツが壊れる事もないので、こちらがお勧めです。
この「バーチャル電子ブロック」で組み上げた電子回路は、秋葉原なんかの電子パーツ屋で同じパーツを買ってきて、はんだ付けすれば、本当の現実の方で電子回路として動かす事ができます。
「Artec Robotist(ロボティスト)」に足りない自分独自の電子回路の機能を付け加えたい場合には、これで追加しましょう。
大体は、プラモデルを改造して、LEDを周期的に光らせるとか、そんな感じの事ができます。

 

(バーチャル電子ブロック)
http://www.denshiblock.co.jp/vdb/

 

(はんだ付けのコツ)
ただ電線同士を、はんだでくっつけるのと違って、電子パーツはとても熱に弱いので、「はんだ付けのコツ」というものがあるので教えます。
まず「はんだ」というのは熱に溶けやすい金属ですが、金属の温かい部分にしたがって溶けて移動していって、くっつきます。
ですから、まず、「はんだごて」を付けたい金属の両方の側に熱を伝えておかなければいけません。
しかし、電子パーツは、長時間熱を加え続けるとすぐに壊れます。
また、「はんだ」自体も長時間熱を加え続けると、酸化したりしてしまって接触不良の状態になってしまって、電気を通さない失敗はんだ付けの状態になってしまいます。
この熱を与える時間の感覚が難しいのですが、コツは、はんだごてを十分に温めたら、主に、電子基板の銅の部分と、パーツの足の部分の両方に当るように、はんだごてを当ててから、1秒したら、はんだを流し込んで、また1秒待つと、はんだが伸びていくので、そうしたら、まず「はんだの束」を離してから、「はんだごて」を離します。
はんだごてを先に離すと、手に持っている「はんだの束」が基板にくっついたまま残ってしまったりして、やっかいな事になります。
このような時に「1秒間」が大事なように、数字を数えるコツは、「0,1,2,3」と数える事です。
人間の数え方で、「1,2,3」と数えると人によっては実際には、「2秒間」しか経っていない事が多いからです。
意識して、「0」のスタートの合図を言う事で、「0,1,2,3」と数えると、きちんと「3秒間」になります。

 

(電子工作キットを買ってきて組み立てて遊ぶ)
「はんだ付け」ができるようになったら、まずは、安い物で、「はんだ付け」のコツをきちんと習得するために、安い電子工作キットを買ってきて組み立てて遊びましょう。

 

(1500円の簡易BASICパソコンの「IchigoJam」で遊ぶ)
「Artec Robotist(ロボティスト)」に足りない自分独自の電子回路の機能を付け加えたい場合に、「バーチャル電子ブロック」なんかで電子回路の機能を追加しても制御する手段がありません。
しかし、1500円の簡易BASICパソコンの「IchigoJam」のBASICの機能を使って電子回路を制御すれば、「Artec Robotist(ロボティスト)」のように自分で自由に電子回路を制御して扱えます。
こちらは、BASIC言語ですが、それほど難しいものではないし、Nintendo3DS用の「プチコン3号SmileBASIC」なんかのように、最近では、BASIC言語も手近な所にあるので少し勉強すればできるようになります。
「IchigoJam」をやってみて、さらにやりたい人は、「PanCake」もやってみましょう!

 

(IchigoJam)
http://ichigojam.net/

 

(PanCake)
http://pancake.shizentai.jp/

 

(どうして昭和の時代には高度経済成長期が訪れたのか?)
どうして昭和の時代には高度経済成長期が訪れたのか?というと、実は、「何も無かったから自分で作るという時代があったから」なのです。
まず、日本は、戦後と関東大震災で、完全にゼロからの出発となりました。
戦後で、物資も何も無い。衣服も縫って自分達で作りました。ラジオも、はんだ付けして作って壊れたら、はんだ付けして直しました。
このように、「何も無かったから自分で作るという発想の時代」の結果、昭和の高度経済成長期のスタートとなるソニーも松下電器もホンダもトヨタもゼロから小さな町工場から、たった数人の所から始まったわけです。
自分の世代の初代ガンダム世代とか、初代ファミコン世代と呼ばれる世代では、もう戦後直後では全く無かったわけですが、この「何も無かったら自分で全部作ればいい」という風潮は残ったままだったので、自分のようなクリエイティブな事が好きな世代ができあがったというわけです。
そういう事が原因で、MMDクリエイターには昭和率が高いのかもしれません。
秋葉原(あきはばら)というのも、昔は、「あきばっぱら」と発音していたようで、戦後直後は、ただの野原だったようで、そこに、ラジオを修理する為のパーツ屋などの店が集まりだして、物の交流が盛んになると町が発展していくので、現在の秋葉原の前身の町が形成されたようです。

 

秋葉原という町は、どんどん変化し続けていって、順番に書くと、
「戦後直後のあきばっぱらという野原」→「ラジオを修理する為のパーツ屋などの店が集まる」→「無線屋が増える」→「高度経済成長期に入って白物家電の時代が来たので家電店ばかりになる」→「テレビゲームの時代になって家電店がゲームを扱うようになって、ゲーム店ばかりになる」→「ソフトウェアの時代になって、ゲーム、ビデオ、レーザーディスク、CDなどの店が増える(この原因は、家電は1回売ってみんなが持つようになると売れなくなるが、ソフトウェアというのは「中身を変えれば何重にも楽しめる」という製品なので家電のハードウェアと違って売り切った感が無くて、中身のソフトを変えればゲームやビデオのように何重にも楽しめるので)」→「ゲーム、ビデオ販売の影響で、アニメ関係グッズの店が増える」→「メイド喫茶の時代になる」
という感じに変化していきました。

 

自分の世代では、秋葉原は、まだ家電がメインの町の時代だったので、「秋葉原といえば、先端都市」というイメージがあって、それは、「まだ、東京ビッグサイトや幕張メッセなどの大型展示場が無かった時代には、秋葉原に行けば先端家電を実際に見る事ができた」からです。
また、自分の世代の時には、まだ国産パソコン全盛期の時代で、「パソコン」というより、「マイコン」と呼んでいた時期があって、「マイコン」というのは、若干、はんだ付けも必要な初期のパソコンの時代で、自分の世代のMSXというパソコンも、BASICや、外部電子回路との連結実験などのような理科のおもちゃのようなパソコンで、現代のパソコンの感覚とはだいぶ違うものです。
MSXに近い感覚のパソコンは、現代では、1500円の簡易BASICパソコンの「IchigoJam」が近い感覚です。
そういった感じなので、「この世に無い物は自分で作ればいい」というフロンティア精神や開拓者精神のようなもので、今回書いたような順番でやっていけば、「3Dプリンタで出力したフィギュアを、Artec Robotist(ロボティスト)にくっつけて、自由に動かして、無い機能の電子回路は、自分で作って、制御を、IchigoJamに持って行けば、かなり自由に何でもできる」はずなので、面白そうだと思った人はやってみるといいでしょう。
自分の世代だと、「電子工作の本」とかを買って勉強したりして、かなり難易度の高いしろものでしたが、現在では、ビジュアルプログラミングができたおかげで一般の人でも、かなりとっつきやすくて、簡単にできるようになったと思います。
MikuMikuDanceを扱った事がある人や、一般のプログラミングができる位の人ならば、電子工作や、メカトロニクスは感覚的に同じようなものなので、やってみれば、現実の世界のフィギュアの方を動かす事ができます。

| ビジュアルプログラミング | 09:33 | - | - | -
スポンサーサイト
| - | 09:33 | - | - | -