CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
貧乳フォロー(貧乳は正義!)

レン「俺は、貧乳だからといって別に悪くはないと思いますよ。性格とか、いろいろあるし」
ミク「貧乳フォローキター!これって対応に困るのよね。変に反応すると、ま、まるで、私が貧乳みたいじゃない!っていうか、コッチ見んな!バカッ!」

 

という感じで、そろそろ貧乳フォローをしなければいけない季節になってきたので、貧乳フォローについて書こうと思う。
「貧乳だからといって別に悪くはない」=「貧乳は悪くない」=「貧乳は正しい」、すなわち!「貧乳は正義である!」と断言できる!
きちんと説明していくと、まず、男性は、女性の好き嫌いについては、「胸のサイズ」は、それほど重要な項目ではないので(人によるが。胸だけ大きければいいという人もいるが)、たとえ、胸が小さい事がわかったとしても、それを理由に嫌いになる事はない。
むしろ、「貧乳」の方が、「守ってあげたくなる」ような感情が起きるので、場合によっては有利な場合がある。
どちらかといえば、例えば、森の中で、可愛らしいリスなどの小動物を見つけた場合に、「抱っこしたくなる」ような感情なので、恋愛感情とは違う可能性もある。
しかし、「守ってあげたくなる」要素は、男性にとっては、重要度がかなり高い位置付けにある。
もし、「胸のサイズ」だけで好みを聞かれた場合には、個人的には、「Aカップブラ」だと、少し隙間ができてしまって「ああ・・・」と「少し残念な気持ちになる」ような感じの「大和撫子サイズ」と呼ばれる「知的で控え目な胸」位が好みな気がする。(何か、「足りなかった部分」が、自身の心の中に、わだかまりとなって残るようなスッキリしない感覚が残る事で、「心に引っかかる人」の状態になる)
当然、男性は一般的に、胸が大きい女性の方が好みであるが、「性格や容姿、知的か、女子力(家庭的、料理が上手とか)」とか、いろいろな他の要素の方が、はるかに重要視されるので、胸のサイズは、それほど重要ではない。
日本人の美徳の大和撫子というのは、「胸は控え目な方が知的で良い」とされるので、「日本の着物では、胸をより小さく見せるように押さえ付けて着る」という独特の文化を持っている。
アニメやゲームなんかで、「貧乳」キャラを描く場合には、完全な、まな板状に描くよりかは、「Fate」の「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」や、「美遊」のような感じで、「貧乳でも、女性としての最低限の胸の形」を描くべきで、そうしないと、「女性として意識されなくなってしまう」ので、キャラ設定では、かなりのマイナスになります。
要するに、「貧乳」キャラ設定は、「守ってあげたくなる」要素が、最も大事だが、「女性として意識されなくなってしまう」と、「守ってあげたくなる」要素自体が消失してしまうと、「無関心」の方にユーザーは思うようになってしまうので、そうなるとキャラ設定は失敗です。
しかし、「無いけど有るように描く」方が難しいので、巨乳キャラの方が、アニメでも、ポリゴン制作でも、はるかに楽です。
要するに、男の子にとっては、「守ってあげたくなる」要素は、とても大事である!という事です。
ミク「どうして、男の子って、みんな貧乳が大好きなのかしら?」(←とてもポジティブなミク)

| アニメの現実検証 | 14:31 | - | - | -
どうして近未来SFの衣服は体のラインにピッタリしているのか?の現実のエンジニアリングの話

SFで、きちんとした科学的な根拠のしっかりしたSFを「ハードSF」と言って分類していますが、「ハードSF」の方は、細かな背景設定に到るまで、きちんとした科学的な根拠にもとづく設定になっている事が多いです。
今回は、「どうして近未来SFの衣服は体のラインにピッタリしているのか?の現実のエンジニアリングの話」について詳しく説明していきます。
これは、アニメなどの話ではなくて、現実の方のエンジニアリングの方の本当の話です。

 

(どうして近未来SFの衣服は体のラインにピッタリしているのか?)
要するに、「エヴァンゲリオン」の「プラグスーツ」のようなデザインの衣装が、近未来SFに多い「体のラインにピッタリした衣装」なわけですが、これは単に、アニメの方のかわいいからとかの都合でなっているわけではありません。
そこで、実際のエンジニアリングの方で説明を書くと、

 

(1) 宇宙服などで「体のラインにピッタリした衣装」の場合には、「むくみ」対策になっている。
これは、スポーツ用のアパレルで、現在ありますが、「加圧インナー」というタイプのスパッツのような衣装を足首まで長くして全身を包み込むような衣装です。
宇宙空間に出ると宇宙飛行士が地球と違って体感する事が「むくみ」なわけですが、無重力空間にいると血液が重力の影響を受けないでフリーになる分「むくみ」という状態になってしまいます。
「むくみ」は長期間ほうっておくと、「セルライト」という状態になって脂肪定着し出して、かなり不健康な肉体に変化していきます。
宇宙空間では、ただでさえカルシウムが抜けたりして健康の維持が困難になっていくわけですから、そういった不健康要因を減らす努力を怠ると宇宙空間で長生きできません。

 

(2) エンジニアリングに携わる人が、「体のラインにピッタリした衣装」を着る理由は、現在でもそうですが、「機械のモーターなどの巻き込み防止」の意味があります。
ですから、非常に危険なので、現在男女平等で危険性の高い工場などの肉体労働の場所に女性も参加できるようになりましたが、その際に、「必ず女性でも、スリーサイズを明確に伝える必要がある」のです。
これを間違うと、「体にうまくあっていないダボダボの工場用ユニホーム」を着て作業していると、袖やズボンの裾の部分などが、工場の機械のモーターに巻き込まれて「死亡事故」にアッという間になってしまうからです。
ですから、本当の意味での男女平等を、ヴィクトル・ユゴーのレ・ミゼラブルのような労働者待遇の視点から真直ぐ描くとすれば、もし、「工場で働く労働者の女性社員にユニホームを支給する際に、上司が女性社員にスリーサイズを尋ねない」方が、かなり強い女性差別になって、「女性のお前なんか、ダボダボの服でも着て、機械に巻き込まれて死ねばいい」という意思表示にしか本来はなりません。(機械のモーターは本当に簡単に人間がミンチになるので)
ヴィクトル・ユゴーのレ・ミゼラブルのような悪辣な労働者待遇の実態がある事を知っていれば、労働者というものは、ゴミのような使い捨てで、死んで当たり前のようにしか扱われない待遇や環境があるという背景設定が、きちんとできるわけです。
「女性にスリーサイズを尋ねたらセクハラだ」などの固定観念があると、人間は、間違った発想をしがちですが、ハードSFの検証では、そういった遊びの部分がありません。
根拠の無い固定観念や、予定調和は、かえってよくない結果しか生み出しません。
ロボットアニメなんかの背景設定をする場合には、この「モーターの引き込み防止」の為に、「体のラインにピッタリした衣装」になっています。

 

(3) 精密作業に関わる科学者、学者、エンジニアリングに携わる人が、「体のラインにピッタリした全身を覆う衣装」を着る理由は、現在でもそうですが、「汗の落下防止」の意味があります。
これは、現在でも、けっこう広い分野の人々のユニホームに適用されている概念で、主に、研究所、精密製品加工、遺伝子・医薬品を扱う研究所など、かなり幅広い分野のユニホームで、「体のラインにピッタリした全身を覆う衣装」を着る理由は、「汗の落下防止」です。
「体のラインにピッタリした全身を覆う衣装」では、「汗が落下して精密製品、医薬品、考古学、美術品などに影響をおよぼしたり、シミになったりする事を防ぐ役割」があります。
特に、暑い夏場や、暑い環境でしか育たない希少な医薬品用植物などの育成に携わる人達や、暑い中で考古学や美術品を修復する作業にあたっている人は、「暑くても長袖、長ズボン」のように、「汗の落下防止」に気を使う事が多いです。

植物の場合には、「塩害」といって、塩が多くなった土では植物は育たずにすぐに枯れてしまうので、汗が土に大量に染み込むのはよくありません。

「体のラインにピッタリした全身を覆う衣装」を着ると、汗は、流れ落ちないで衣服の箇所で蒸発できるように設計されています。

 

このような感じで、アニメや、SFで、「体のラインにピッタリした衣装」を着ている場合には、きちんとしたエンジニアリング的な意味や根拠があるわけです。

| アニメの現実検証 | 10:35 | - | - | -
異色の特殊回だった「プリパラ61話」(ギリシャ回、「ダークらぁら」登場ギャップ萌え)

 「プリパラ61話」が、異色の特殊回だったので、2つのテーマで書きます。

(ギリシャ回)
まずは、「ギリシャ回」だった事で、しかも、マイナーな方の古典伝統的ギリシャ回だった事です。
流れで書いていくと、まず、お話がスタートしてすぐは、「そふぃのお出かけシーン」で、この時に、非常に古い白黒時代のギリシャ映画の『その男ゾルバ(Zorba the Greek)』の「ゾルバダンス(Zorba's dance)」の曲が流れます。
これは、日常の「北条そふぃ」の状態が、「お昼寝」をしているような、「ゆったりとした感じ」を演出する目的のようです。
実際の現実の伝統文化の説明を書かないとわかりづらいので説明を書くと、ギリシャなどの地中海地方では、夏が暑いので、真夏の炎天下では日射病や熱中症の危険が高くなるので、伝統的に、「シエスタ」という「お昼寝タイム」があります。
一方で、ヨーロッパの緯度では、夏は、なかなか日が沈まないので、夜の時間が長いので、「シエスタで昼寝して、夏の長く日が沈まない夜に働く」生活スタイルです。
「シエスタ」があるといっても、さぼっているわけではないのです。
プリパラの話に戻して、ストーリーが進むと、らぁらや、みれぃと話した後で、パプリカ学園新聞部員の「徳田ねね」が、初期の古代ギリシャ美術独特の「アルカイック走り(過渡期にあたるので、この呼び方でいいのかわからないが。「アルカイック期中期」か?)」(ファイナルファンタジーの「サボテンダー」の走り方)で走り去っていきます。
これも、あまりにもマイナーすぎて伝統美術文化の説明を書かないとわからないので説明すると、人類史の美術の文化は、太古の昔から徐々に表現力が加わって向上していきました。
原初の太古の昔では、どの国でも、「埴輪」的な単純な表現しかできませんでした。
少し時代が進むと、中途半端な時期に入って、太古の時代の「埴輪」的な単純な表現と、部分的な箇所だけ表現力豊かな時代の混ざった特殊な時代に入って、古代ギリシャ美術では、この時代の事を「アルカイック期」と呼んでいます。
「アルカイック期」は通常、「アルカイック・スマイル」という、少し硬い感じはするものの、「微笑」の表現が加わった事の方が有名ですが、特徴としては、「微笑」+「直立不動」だった時期から少し進むと、いろいろな動作の硬い表現のまま、首だけ、90度に強引に曲げて、こっちを向いているとかの時代になって、さらに、この時代独特の、「アルカイック走り」(ファイナルファンタジーの「サボテンダー」の走り方)のような「走る」などの、かなりアクティブな表現をしようと模索し始めた時期でした。
実は、美術表現で、「走る」表現を、違和感なく表現する事は、かなり難易度の高い事です。
「アルカイック期」の美術が、少しずつ変化をしながら、いろいろな表現の模索が加わって修練を積んだ結果、現在のような、いろいろなとてもアクティブな表現が可能となったわけです。
「アルカイック期」の少し硬い表現の「アルカイック走り」のような表現の時代には、「とにかく、足が開いて横向きに表現されており、腕を走る時の形に広げている(要するに、ファイナルファンタジーの「サボテンダー」の形の事)」表現がされているものは、そうは見えなくても、「走っている」事を表現したかったものです。
ですから、現在の日本のフィギュア文化などは、ある意味、最先端の美術表現の模索を超えた所にいると言っていいものであって、日本のフィギュア文化では、本来安定度の無い片足立ちとかの「ありえないポーズ」のまま、普通に立っていたりするわけで、さらに、「今にも飛び立ちそうなリアルな雰囲気の天使とか、今にもジャンプしていきそうなリアルな再現がすでにできている」事からも、圧倒的な表現力を持っているのが、日本のフィギュア文化だと言える事ができます。
今回のプリパラの「徳田ねね」の「走る」シーンの方は、おそらく、スタッフが意図して意識してやったとは思われないのですが、「ゾルバダンス」の曲を知っている人が、その曲がかかった流れで見ると、今回のプリパラは、伝統的ギリシャ文化回だったとの印象の方が強く残ったわけです。(しかも、マイナーな伝統的文化の方なので説明を書かないとわからない)

(「ゾルバダンス」は、MMDで表現できるか?)
世界的には、「ゾルバダンス」というものは、とても有名なものです。
しかし、今回気が付いた事としては、MMDや、DTMや、VOCALOIDでは、表現が著しく困難な「苦手な曲の分野がある」という事に気が付きました。
それは、「正確なテンポの入力から入るDTMという方式では、1番苦手な音楽制作の分野に、”アナログ”がある」という事です。
伝統的な世界の音楽文化は、だいたい、バーやレストランなんかでの実際のアナログの生演奏で、それが、本来の古代の時代から続いてきた「音楽文化」というものです。
この本当の太古の昔から続いてきた音楽文化では、ダンサーや場の盛り上がりの雰囲気にあわせて、「音楽のテンポが、流れるように、どんどん変化する」ものです。
「正確なテンポの入力から入るDTMという方式」では、この表現が、とても苦手です。
「ゾルバダンス」は、「シルタキ(sirtaki)」というギリシャの伝統舞踊の範疇に入る踊りで、「曲のスタートは、非常に、ゆったりとした入りから入って、次第に、流れるようにテンポ変化しながら、テンポアップしていく」ので、DTMや、MMDで再現しづらいダンスや曲にあたります。
「テンポが流れるように変化していって、ゆったりとしたテンポから、アップテンポに次第に変化していく」という入力方式を、DTMや、VOCALOIDのシステムに、今後は必要になっていくのではないか?と思われます。

(「ダークらぁら」登場で、ギャップ萌え回だった)
プリパラの話題の2番目は、「ダークらぁら」登場で、ギャップ萌え回だった事です。
プリパラの全体の話の中で、「ダークらぁら」が見れるのは、「プリパラ61話」だけだろうと思ったので、覚え書きとして書いておきました。

評価:
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 1,999
(2012-06-22)

| アニメの現実検証 | 15:05 | - | - | -
「食戟のソーマ」の「薙切えりな」のもみあげ癖毛の現実検証

 最近、「食戟のソーマ」の「薙切えりな」の独特な癖毛のもみあげの形の原因について、現実での発見があったので書いておきます。

(「薙切えりな」のもみあげ癖毛の現実検証)
「薙切えりな」のもみあげ癖毛の状態に、現実世界でなるには、「お風呂あがりに、髪の毛が乾くまでの間に、眼鏡をかけるクセが日常的な習慣としてある人」は、眼鏡の柄の部分(テンプル)が、もみあげ部分を押さえつけて髪の毛が乾くと、あのような癖毛になる。

評価:
薙切えりな(CV.種田梨沙)
エイベックス・ピクチャーズ株式会社(Music)
¥ 1,296
(2015-07-22)

| アニメの現実検証 | 11:07 | - | - | -
| 1/1PAGES |