CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室
PさんのためのMikuMikuDanceモーション作成教室 (JUGEMレビュー »)
かんなP,ポンポコP,ショ大河P,6666AAP
(MikuMikuDance関連本4冊目!)
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク・アペンド(Miku Append)
初音ミク・アペンド(Miku Append) (JUGEMレビュー »)

「VOCALOID2初音ミク」用追加声色音源!!「恋歌」も歌える![Sweet][Dark][Soft][Vivid][Solid]の5種類の声色が入っていて追加されます!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Metasequoiaスーパーモデリングガイド
Metasequoiaスーパーモデリングガイド (JUGEMレビュー »)
かこみき
「実写のようなかっこいいリアルなバイク」「綺麗な女性の実写調3DCGモデリング」本(かこみき氏著)
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 vol.2 - MikuMikuDanceで踊る、ユーザーモデル制作 (JUGEMレビュー »)
かこみき
「かこみき」氏著によるMikuMikuDance関連本では、3冊目になる予定の3DCGモデリング本。
RECOMMEND
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。
キャラクターをつくろう! 3DCG日和。 (JUGEMレビュー »)
ISAO
3DCGの初心者を見捨てない「ISAO」氏の著書。お勧め!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SONY BRAVIA 3D対応モデル フルハイビジョン KDL-40LX900
SONY BRAVIA 3D対応モデル フルハイビジョン KDL-40LX900 (JUGEMレビュー »)

ついに!登場!「3D立体視」テレビ!「21世紀はじめの”電子の歌姫”初音ミクの3Dバーチャルダンスステージ」が実現できそうな技術革新!
RECOMMEND
パナソニック 50V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン3DプラズマテレビTHP50VT2 TH-P50VT2
パナソニック 50V型地上・BS・110度CSデジタルフルハイビジョン3DプラズマテレビTHP50VT2 TH-P50VT2 (JUGEMレビュー »)

ついに!登場!「3D立体視」テレビ!「21世紀はじめの”電子の歌姫”初音ミクの3Dバーチャルダンスステージ」が実現できそうな技術革新!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き
初音ミク -Project DIVA- 2nd 特典 ねんどろいどぷらす「初音ミク Project DIVA」特典Ver チャーム付き (JUGEMレビュー »)

PSP版「初音ミク」のダンスリズムステージゲーム!前回大人気!だった初回限定版の「ねんどろいどぷらす」付きは売り切れやすいので早めに予約しましょう!
RECOMMEND
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX
クイーンズブレイド 美闘士スリムポスター BOX (JUGEMレビュー »)

1BOXで、全16種類が揃う長〜いポスター。
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Re:Package(初回限定盤)
Re:Package(初回限定盤) (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク,初音ミク
RECOMMEND
Re:MIKUS
Re:MIKUS (JUGEMレビュー »)
livetune feat.初音ミク
RECOMMEND
supercell 携帯アクセサリー
supercell 携帯アクセサリー (JUGEMレビュー »)
supercell,初音ミク,livetune,ミクFES'09(夏)
RECOMMEND
RECOMMEND
supercell (通常盤)
supercell (通常盤) (JUGEMレビュー »)
supercell feat.初音ミク
社会現象を引きおこした「初音ミク」のCD
RECOMMEND
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection
初音ミク-Project DIVA- Original Song Collection (JUGEMレビュー »)
Project DIVA Original Song feat.初音ミク,kz,トラボルタ,畑亜貴,OSTER project,神前暁
初音ミク Project DIVA にだけ入っている曲をセレクト
RECOMMEND
EXIT TUNES PRESENTS THE VERY BEST OF デッドボールP loves 初音ミク
EXIT TUNES PRESENTS THE VERY BEST OF デッドボールP loves 初音ミク (JUGEMレビュー »)
デッドボールP loves 初音ミク,デッドボールP loves 巡音ルカ,デッドボールP loves 初音ミク+鏡音リン
「金の聖夜霜雪に朽ちて」だけの為に買っても、絶対損はしないけど、一般向けで無いので、4点にしました。
RECOMMEND
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver.
ワンフェス 2009 限定 figma初音ミク ライブステージver. (JUGEMレビュー »)

ワンフェス特別限定版の、Figma 初音ミク 可動フィギュアです。
RECOMMEND
Figma 初音ミク
Figma 初音ミク (JUGEMレビュー »)

動くフィギュアの「初音ミク」です!
RECOMMEND
RECOMMEND
ねんどろいどぷち ボーカロイド シリーズ01 BOX
ねんどろいどぷち ボーカロイド シリーズ01 BOX (JUGEMレビュー »)

初音ミク、鏡音リン、鏡音レン、巡音ルカ、MEIKO、KAITO、亞北ネル、弱音ハク、咲音メイコ、サイハテミク、シークレットがそろう!
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
Nintendo SwitchのWiFi感度が異常に弱すぎる問題の対処方法

初期物のNintendo SwitchのWiFi感度が異常に弱すぎる問題が出ていて、他の人が書いていない問題について書いておきます。

 

(一般の対処方法)
・Bluetoothデバイスと、電波帯域が重なっているので、重くなっている
「Joy-Con L」、「Joy-Con R」がすでに、「2.4GHz」帯を2つも使っているので、重くなるようで、設計ミスのようです。
ほとんどの人は、「5GHz対応ルーター」の高速通信対応を買って対処しているようです。
・初期物本体を買わないで、不具合修正後に発売された新しい本体を買う。
個人的には、Nintendo Switchの標準コントローラーのボタンが小さすぎて、特に、格闘ゲームなどで隣のボタンを押して、技を誤爆させるミスが増えて、非常に、使いづらいので、標準のコントローラーのボタンを大きくしてほしいです。
Nintendo Switchのジョイコンには、PSVitaと違って、「L2」、「R2」ボタンがあるので、古いゲームアーカイブスは遊びやすいです。

Nintendo Switchの改良型本体や、PSVitaの後継機が出る場合には、「現在は、携帯機の標準サイズは、iPadサイズなので、iPadよりも画面が小さいとダメ」で、特に、PSVitaのように「電子ブック」を読む場合には、「最低でも、iPadサイズの画面サイズが無いと小さすぎて、非常に読みづらいです」

 

(他の問題点)
2017年10月15日に発見された「WiFi (WPA2)」のセキュリティーホール問題があります。
このセキュリティーホールをふさがないと、ルーターから先につながっている通信機器全体が、非常に、動作不安定になる事があります。
理由は、ルーターや、地上デジタル放送テレビなんかは、「夜中などに勝手に、アップデートデータを読み込んでいる」事が多いのですが、パソコンと同様に、「1度電源を落として、再起動しないと、設定が、きちんと反映されません」
また、ルーターは、NTTなんかの「光ファイバー回線契約」をした時のルーターと、「WiFiルーター」と、2つある場合があるので、両方を、セキュリティー更新の為に、最新のファームウェアにアップデートしないといけません。
それぞれ、持っている機器によって若干違うと思うので、マニュアルの「ファームウェア更新」の所を読んで実行しましょう。
「ファームウェア更新」で1番気を付けないといけない事は、「ファームウェア更新中に、停電などが起きると、立ち上がらなくなる可能性が高い」ので、必ず、「冷蔵庫、トースター、洗濯機」などの同時使用で、ブレーカーが落ちるような失敗をしないように注意しておきましょう。
自分の場合には、NTTなんかの「光ファイバー回線契約」をした時のルーターの方は、どうも、勝手に、アップデートファイルが入っていたようで、動作が非常に不安定になっていました。
この対処方法は、「ファームウェアダウンロード中などで光るランプ点灯中でない事を確認」してから、ルーターのコンセントを抜いて、5分位経ってから、コンセントを入れなおせば、再起動した事になって、「セキュリティー更新完了」となるようです。
自分の場合には、2017年10月15日以降に、いろいろな機器で全体的に、通信が不安定になっていたのですが、ルーターのセキィリティー更新を完了したら、安定動作に戻りました。

| ゲーム攻略 | 14:56 | - | - | -
PSストアで、「10%OFFクーポン」を配布しているので、また、ワンコインゲームを買った

今、PSストアで、「10%OFFクーポン」を配布しているので、また、ワンコインゲームを買ったので、今回、買ったゲームと買おうと迷ったゲームを紹介します。(昔買ったアーカイブスも紹介)
PSストアの、「10%OFFクーポン」は、「1回のカートに入る上限10個まで適用される」、「1回に配布されたクーポンは、1度しか使えない」という決まりがあるので、自分は、「10%OFFクーポン」が配布されるたびに、その時にやっているセール品と、古いゲームアーカイブスの昔遊んだ懐かしいゲームを、10本ずつまとめ買いしています。
古いゲームアーカイブスは、そもそも昔買って、2回目の購入になる事が多いので、500円位の時しか買いません。
今回は、「日本一ソフトウェアセール」と重なっているので、それをメインに買いました。
注意点としては、複数同時購入をした時に、「3GB」とかの容量のゲームの同時ダウンロードをすると、PS3がフリーズする事が自分の場合には多いので、1つずつダウンロードリストからやった方が安全です。
PS3、PS4、Vitaなどの複数ハードゲームで「クーポン割引き」の同時購入をしたい場合には、パソコンのPSストアからでないと購入できません。
リズムゲームなどの追加コンテンツなどを買う場合には、注意しましょう。

 

(PSストア10%OFFクーポン)(2017年12月13日まで)
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/6088/20171201-psstore.html

 

(日本一ソフトウェアセール)(2017年12月18日まで)
http://nippon1.jp/psstore_contents/2017_bargain_02/

 

(エース・オブ・シーフード)
https://www.jp.playstation.com/games/ace-of-seafood-ps4/

 

「エース・オブ・シーフード」は、マッドゲーム扱いなので、買おうか迷って結局やめました。
セールで、500円位になったら買う予定です。
このゲームは、海産物の王者を決めるべく戦うシューティングゲームですが、海の生き物からは「戦艦」も海産物に見えるらしく、「戦艦のなわばりに入った!」時に戦闘になります。
「戦艦と遭遇」すると、テンションの上がる音楽と共に戦闘に入るので、「艦これ」とか「ダライアス」好きだとテンションがだいぶ上がります。
海産物は、群れ(6匹)で行動でき戦えます。
海の中の3D空間を自由自在に動き回れる「鰯(いわし)」の群れ(6匹)と、2次元平面しか移動できない戦艦と、どちらが有利なのか?は一目瞭然です。(当然、戦艦が強いだろ!)
戦艦に勝つと、「戦艦の繁殖」ができるようになります。

 

<買ったゲーム>
(迷宮塔路レガシスタ)(10%OFFクーポン後価格、税込832円)
「迷宮塔路レガシスタ」は、「オメガラビリンス」型のいわゆる「ローグライクRPG」という分野のものですが、1手ごとではなく、常に敵が動き回っているので、非常に、アクション性が高いゲームです。
このゲームの1番の特徴は、「ユーザーが自由にドット絵編集できるキャラクターメイキングの自由度の高さ」です。
しかし、手、足が離れていて頭が大きいので、今見ると、「ディア ホライゾン(被)」のような感じがする。
ゲーム自体は、まったりと遊べるので、無難な感じでお勧めできます。

 

(天使のプレゼント 〜マール王国物語〜)(10%OFFクーポン後価格、税込810円)
「天使のプレゼント 〜マール王国物語〜」は、「PS3用テーマ付」ですが、そのままではダウンロードされないので、購入後に、「テーマ」のページがら探して必ずダウンロードし忘れないようにしましょう!

 

(サイヴァリア COMPLETE EDITION)(PS2アーカイブス)
「弾幕シューティング」ですが、「かすりシューティング」という特殊なジャンルで、激しい弾幕をかすらせる事で、どんどんレベルアップします。
弾幕が非常に激しいので、「うげ〜」とか思いますが、「かすりシューティング」でレベルアップするので、その内、「フィギュアヘッズ」の「澄香」のように、「もっと弾を下さい」と懇願するようになる。

 

(フィギュアヘッズ、澄香)
http://figureheads.jp/corporate/shikishima/figureheads.php

 

(超兄貴)(PCエンジンアーカイブス)
「弾幕シューティング」ですが、「筋肉シューティング」という特殊なジャンルで、プロテインをどんどん取る事で、どんどんレベルアップします。

 

名作シューティングゲームを、もっと買おうと思ったら、「PS1アーカイブス」には、「海底大戦争」、「雷電プロジェクト」が、まだ無いようで購入できなかった。
PS4で、「ケイブ」シューティングがやりたいです。

 

(雪ん娘大旋風 さゆきとこゆきのひえひえ大騒動) (PS2アーカイブス)(10%OFFクーポン後価格、税込833円)
「奇々怪々」のように、全方向に移動して、マップ探索するタイプのシューティングゲームです。
キャラクターが可愛いのでお勧めです。
このゲームは、雪女が主人公なので、「大量に敵が出たら、迷わず、敵を吹雪で凍らせる」コンボをつないでいけば、使用した分の雪玉の回収ができるので、どんどん必殺技を使用していった方が楽です。

 

(御神楽少女探偵団)(PS1アーカイブス)
「御神楽少女探偵団」は、とても丁寧な作りの良質アドベンチャーゲームですが、非常に、特殊なゲームです。
何が、特殊なのか?というと、「解像度が、当時のテレビのハード的な規格の上限を超えて、特殊な技術で作られていた」ので、当時は、超高解像度(512ドット×480ライン解像度出力)で、キャラクターも、ぬるぬる動くので、非常に新鮮な驚きがありました。

他に、当時、「インターレース方式で、さらに、2倍の解像度にしたゲーム」には、MSX版の「プリンセスメーカー」などがあります。
「プリンセスメーカー」の新作を出してほしいです。
当時のテレビハード事情は、非常に、ややこしい事になっていて、現在とは別の規格の「ワイドテレビ」が登場したりして、テレビのアスペクト比が変わったり、「プログレッシブ」方式の登場で、画面解像度が、だいぶ綺麗になりました。(「アナログハイビジョン」規格の開発など、さらに、ややこしい事になっていた)
昔の日本のテレビ規格は、「NTSC」というものでしたが、これは、ある意味、失敗の方式で、その前にあった「白黒テレビ」放送も急に終了できないので、「白黒放送と、カラー放送のどちらにも対応した方式として、NTSCが作られた」のですが、結果として、昭和のブラウン管テレビの時代には、「本来ならば、もっと数段上の画質、音質のテレビ規格が技術的に十分可能」だったのに、「白黒テレビ」の技術水準の足かせが付いたままのような中途半端な状態でした。
それで、「NTSC」というテレビ規格では、「インターレース」と呼ばれる方式で、縦方向の解像度が半分の絵2枚を瞬間的に交互に表示するという、チラチラする映像で、擬似的に、2倍の解像度を作り出していたわけです。
ハード技術が進んだ後で、「高解像度ハードを、さらに、インターレースにして縦方向は、2倍の解像度で作る」とか、「インターレースのチラチラした絵を、プログレッシブ方式で、1枚の綺麗な絵で表示する」とか、いろいろと、ややこしい時代があったのです。
現在、「古いゲームアーカイブス」をメーカーが作る場合に、この問題があるので、「インターレース方式の規格だったものの場合には、2枚の絵を、1枚にまとめる作業」が必要です。
さらに、現在のように「液晶」のような場合には、「ドットバイドット」といって、「元データの1ドットを、液晶の1ドットに、そのまま対応させて見るのが1番綺麗(あるいは、その正数倍)」というのがあって、もっとややこしい事になっています。
「御神楽少女探偵団」は、当時、一般家庭のテレビでは、なかなかきちんと再現できなかったのですが、自分は、当時、「KX-21HV1S プロフィール(ソニー)」という「アナログRGBモニター」という特殊なテレビを持っていたので、普通に、見れたわけです。
この原因は、当時、スーパーファミコン版の「ストリートファイターII」ブームの時に、ファミ通の雑誌記事だったような記憶がありますが、「当時のスーパーファミコンのゲームが、7000円で、古いゲームセンター用の中古基板が、5000円位で売ってる」という記事が、きっかけで、一般ユーザーが、アーケード基板の中古を買うブームが起きました。
それにのっかって、自分は、ゲームセンター用の基板の「XEXEX」を買った所、「XEXEX」は、普通のテレビの解像度を大幅に超えた先端ハードだったので、絵が斜めに流れてしまって、きちんと映らない。
それで、いろいろと調べたら、「KX-21HV1S プロフィール(ソニー)」という「アナログRGBモニター」ならば映る事がわかって、これを買ったわけです。
当時、自分が持っていたゲームセンター用の基板は、どうせなら家庭用移植にないゲームをと、「Xマルチプライ」、「宇宙戦艦ゴモラ(メガドライブで出ていたが)」などを買って、どんどんカオス化した。
ゲームセンター用の基板は、サイズがでか過ぎるので、一般家庭に置いておけるしろものではないので、現在、買いたい人には、絶対に、お勧めしません!
という感じで、昭和の時代には、テレビ規格の乱立や、「白黒テレビ規格を足かせのまま引きずったNTSC規格」のせいで、本来の技術水準よりも、はるかに低いテレビ規格の時代があって、いろいろと苦労をしたわけです。
「御神楽少女探偵団」は、小説でいえば、「上下巻」構成のものなので、下巻にあたる、「続 御神楽少女探偵団〜完結編〜」も一緒に買わないと、わけがわからない状態になります。
とても良質で丁寧に作られているアドベンチャーゲームなのでお勧めです。
「御神楽少女探偵団」は、PSVitaで動かせば、他のPS1アーカイブスゲームよりも、だいぶ綺麗な事がわかります。

 

(ストリートファイターZERO3)(PS1アーカイブス)(10%OFFクーポン後価格、税込555円)
当時、高飛車な「神月 かりん」が出ていたので、けっこう好きで遊んでいたので購入しました。
やはり、ツンデレと高飛車は相性がいいので属性同時使用がいいです。
PSVitaや、Nintendo Switchは、コントローラーのボタンが小さすぎて、隣のボタンも押してしまって、技が誤爆しまくるので、あまり、格闘ゲーム向きではありません。
Nintendo Switchは、コントローラーを外せる方式なのだから、携帯サイズに、こだわる必要もないのに、通常のコントローラーのような大きなボタンの方が操作しやすいです。
PSVitaは、「L2」、「R2」ボタンが無いので、いくつかのゲームは操作しづらいです。

| ゲーム | 18:07 | - | - | -
時期はずれの新作アニメ「いつだって僕らの恋は10センチだった。」が開始される

新作アニメの開始時期は、通常、1月,4月,7月,10月あたりなのですが、ごく稀に、時期はずれに開始するアニメがあります。
新作アニメの「いつだって僕らの恋は10センチだった。」は、11月24日開始なので注意して見逃さないようにしましょう!

 

(いつだって僕らの恋は10センチだった。)(全6週)
http://www.honeyworks-movie.jp/

 

ホームページには、「はにわめーかー」というキャラクターを作れるページがあります。

 

(「はにわめーかー」で作ってみた!)


早速、「はにわめーかー」で作ってみたら、こんな風になった!
誰が作っても、こうなると思う。

| アニメ | 19:25 | - | - | -
最近買ったワンコインゲームで面白かったゲーム

この間、フラッシュメモリにダウンロードしたゲームが時間が経ったら壊れていたので、さすがに、ダウンロード版で、7000円も出して買ったら大損だなぁと思ったので、これからは、ダウンロード版は、ワンコインゲームをメインに買う事にしたので、最近買ったゲームについて書いていきます。

 

(1) Jotun (ヨトゥン ヴァルハラ版)(PS4)(PS+セール価格、税込594円)
https://www.jp.playstation.com/games/jotun-ps4/

 

「Jotun」は、文化的に評価の高い北欧神話の正統的な作りのゲームです。
文部科学省が作ったような感じの文化的な作りのゲームなので、面白いというよりかは、「文化的価値の高い」の方のゲームです。
音楽も、雰囲気は、ヴァイオリニストの「ギドン・クレーメル」のような重苦しい演奏です。
マップ探索モードは、ただっ広いので、めんどうくさい感じですが、「パズルゲーム」になっているので、その感覚で遊んだ方がいいです。
特筆すべきは、ナレーションが、アイスランド語で話す事で、自分は、前に、アイスランド語、古アイスランド語の勉強をしていた事があるので、「あれ?これ、アイスランド語じゃないか?」と思って、びっくりしました。
北欧神話というのは、「アイスランド神話」の事で、元になっている「エッダ」という北欧神話の原文は、「古アイスランド語」で書かれています。
北欧神話は資料が少ないので、「北欧神話の資料がほしい人」向けのゲームです。
古アイスランド語の原文の「エッダ」を自分は勉強していたのでわかりますが、この「Jotun」の北欧神話の設定や、「ナレーションのアイスランド詩文」は、本当に、正統派の文部科学省が作ったような「北欧神話を子供に教育して教える」ような感じの作りになっています。
ゲーム性は、あまり無いので、一般の人には、あまりお勧めできません。
しかし、貴重なアイスランド語で、北欧神話が聞けるのは、とても良くて、500円位なら買ってもいいかな?という感じです。

 

(2) ゾンビパニック イン ワンダーランドDX (Nintendo3DS)(セール価格300円)
http://www.arcsystemworks.jp/arcstyle/zombiepanic/

 

「ゾンビパニック イン ワンダーランドDX」は、昔、スーパーファミコンで出ていた「WILD GUNS」型のゲームで、普通に面白いです。
なぜか?「Nintendo eShop」の設定では、「FPS」扱いですが、書くなら「TPS」か?と思いきや、「WILD GUNS」型のゲームは、「TPS」とも違うので、「照準合わせ型の横にしか動けないシューティングゲーム」というジャンルです。
自分は、「ゾンビゲーム」が嫌いなので、まず「ゾンビゲーム」は遊ばないのですが、主人公に「ドロシー」、「アリス」、「白雪姫」というおとぎの国の可愛いキャラクターが選べるので、「300円位ならいいか?」と思って買ってみたら、非常に、面白かったです。
このゲームのゾンビは、コミカルな動きをするので、ゾンビ嫌いな人でも、そんなに怖くないし、度を越えて気持ち悪くもないので、ゾンビ嫌いでも、まあ大丈夫な方です。
問題なのは、主人公に「ドロシー」、「アリス」、「白雪姫」を開放するには、「ストーリーモード」で、はじめて「ドロシー」、「アリス」、「白雪姫」に出会わないといけないのですが、「ストーリーモード」は、連続でクリアーしていかなければいけず、難易度が、非常に高過ぎです。
「進めたステージ」から途中から遊べて、「出会ったキャラクター」で遊べた方が、モチベーションが上がって続くと思います。
クリアーのコツは、「ザコ敵1匹だけ残して、背景を全部破壊して、ハートやコンティニューアイテムを全部取っておく」事です。
「アリス」、「白雪姫」のステージでは、場合によって、難易度の高いステージもあるので、そこだけは、「アイテムは無視して、どんどん進めた方が楽」な箇所があるので、この見極めが大事です。
大事なコツは、このゲームは、「大ボスより、中ボスがやっかい」なので、「中ボス、大ボスが出たら、迷わずに、グレネードやボムなどのアイテムを使いまくる」とクリアーしやすいです。
このゲームは、普通に面白いので、買っても損はしません。

 

(3) WILD GUNS Reloaded (PS4)(PS+セール価格、税込900円)
http://www.natsumeatari.co.jp/wild-guns-reloaded/

 

「WILD GUNS Reloaded」は、昔、スーパーファミコンで出ていた「WILD GUNS」を、「ワイド画面対応」にして、新規追加キャラクターも追加したもので、名作のリメイクなので、非常に、面白いです。
リメイクも、オリジナルの原作スタッフがやっているので、雰囲気も壊れていないし、そのままの雰囲気で、とてもいいです。
追加されたキャラクターは、「太った女性」と「犬」なので、微妙な感じですが、オリジナルの雰囲気そのままなので、悪くはないです。
過去の名作を、新規追加キャラクターや、新規追加マップなんかを追加して、現代のワイドテレビとかに対応させるのは、とてもいいので、他のゲームでもやってほしいです。
スーパーファミコン時代の名作だと、「重装機兵ヴァルケン」が面白かったです。
「重装機兵ヴァルケン」は、PS2リメイク時代に失敗してしまったのですが、もったいない感じです。
「重装機兵ヴァルケン」の良さは、「難易度中位で、ロボットを操作している感が高くて、楽しくロボット操作の雰囲気を楽しめた」所や、ストーリーがドラマチックだった事です。
自分は、メガドライブ版の「重装機兵レイノス」の難易度には、ついていけなかったので、「重装機兵ヴァルケン」位がちょうど良かったです。
当時は、イラストレーターの「うるし原智志」氏のゲームに名作が多くて、「ラングリッサー」、「グローランサー」シリーズも現代のハードで高解像度化してリメイクしてほしいです。
個人的には、メガドライブ版の「ラングリッサーII」が好きで、メガドライブは、68000CPUで、音源を制御できたので、メガドライブ版は、音に厚みがあって、いろいろなゲームで良い音楽が多いです。

 

(3) CREEPING TERROR (Nintendo3DS)(セール価格690円)
http://nikkatsu.com/game/sushityphoon/creepingterror/jp/

 

「CREEPING TERROR」は、ホラーだけど、全然怖くない。
怖さは、「クロックタワー」位あった方がいい。
展開は、とても単調だが、雰囲気は悪くないので、300円位なら買ってもいい位のゲームです。

 

(4) Outer World 20th Anniversary Edition (Nintendo3DS)(セール価格400円)

https://www.nintendo.co.jp/titles/50010000029516


「Outer World」は、個人的に、スーパーファミコン時代に好きだったスペランカー型の1発死ゲームです。
スーパーファミコン版は、ドラマチックな音楽が良かったのですが、「Outer World 20th Anniversary Edition」では、音楽が地味になってしまって、設定でも、古いスーパーファミコンバージョンの音楽が聞けないのが残念です。
「Outer World」が、古いゲーマーで印象が非常に強く残っているのは、「初期のはじめの頃のはじめてのポリゴン体験」だった事です。
このゲームの本当の楽しさは、「マニュアルや攻略本を見ずに、手探りで、文化、技術、価値観の違うまったく未知の世界を探索して、生きのびる感覚が味わえる事」だと思うので、絶対に!攻略は見ずに、「マップをよ〜く観察して解法を探っていく」というのが、このゲームの本当の楽しみ方だと思います。
難易度は非常に高いゲームですが、自分は、スーパーファミコン時代に、解法がわからずに、ゲームはじまってすぐの「芋虫」を全部ジャンプして逃げていたという神技でクリアーしていました。
「Outer World 20th Anniversary Edition」では、少し変わっているので、たぶんできません。
スペランカー型の1発死ゲームなので、万人向けではありません。

 

(最近買ったセールゲームで買って良かったゲーム)
<絶対!買え!大手メーカーのよりも雰囲気がいい。面白かったゲーム>
RUINER(PS4)(STEAM)(PS+セール価格、税込1574円)(サイバーパンク)
http://store.steampowered.com/app/464060/RUINER/

 

アスタブリード(PS4)(セール価格、税込1000円)(ホーミングレーザーシューティングゲーム。とても楽しい。爽快!)
http://edelweiss.skr.jp/works/astebreed_ps4/index.html

 

<買っても損しない面白かったゲーム>
ゾンビパニック イン ワンダーランドDX (Nintendo3DS)(セール価格300円)
WILD GUNS Reloaded (PS4)(PS+セール価格、税込900円)

| ゲーム攻略 | 06:40 | - | - | -
サイバーパンクの世界感のゲーム「RUINER」が非常に良い!

この間、フラッシュメモリ型のタイプのメモリーカードにダウンロードしたゲームが時間が経ったら壊れていたので、さすがに、ダウンロード版で、7000円も出して買ったら大損だなぁと思ったので、ダウンロード版は、ワンコインで買えるゲームをメインに買う事にしました。
フラッシュメモリというのは、長い間電圧がかからないとデータが消えます。
それで、今、PS4で、「インディーズゲームセールキャンペーン」をやっていたので、非常に、お勧めなゲームを見つけたので、紹介します。
「インディーズゲーム」の良さというのは、現在は、「CERO基準」とかで、大手メーカーでは、いろいろなメーカー側からの圧力や検閲などによって、クリエイターの好きなように、かえって作れない時代になってきてしまったので、「インディーズゲーム」の方が、クリエイターの本当に望んだ「作りたかった世界感」を完全に再現できるのが魅力です。
そんな中で、現在、異才をはなっていて非常に良い、サイバーパンクの世界感の「RUINER」というゲームが、とてもいい出来です!
音楽、キャラクターデザイン、背景の細部に到るまで、サイバーパンクにこだわって、好きなように作り込んであって、雰囲気が非常に良くて雰囲気に飲み込まれます。
クリエイターというものは、やっぱり、このように「空気感」に到るまで好きなように作り込める環境が無いとダメなんだなぁと実感した次第で、「CERO基準」など以降の時代に、ゲームやアニメが薄っぺらくなってしまって、昭和の時代には、伝説級の名作がたくさんあったのに、伝説級の作品が出づらくなってしまった原因は、ここら辺にあるようです。
著作権というものは、現在は、商業権に寄り過ぎてしまっていますが、本来は、「著作権というものは、著者(クリエイター)の権利を守る」為のものであって、戦中や戦後すぐには、「検閲によって自由な発言が禁止されていた」事が再び起こらないようにする法律上の権利が、本来の「著作権」と呼ばれるものです。
しかしながら、現在、再び、戦中や戦後すぐのような「検閲」によって、「著者(クリエイター)の権利」である、「自由な発言が禁止されない」という法律上の権利が再び、戦中のような「検閲」ができる事は、とてもよくない事です。
現在、「2020年東京オリンピック」へ向けて、「8K放送」をやろうとしていますが、「技術の作成」だけでは、昭和の時代の高度経済成長期にあった「伝説級の作品の量産」時代は、再び、到来する事はできず、本来の著作権の趣旨である、戦中や戦後すぐのような「検閲によって自由な発言が禁止されていた」事が再び起こらないようにするという事など、「法律」の整備の方からも、きちんと構築していかなければ、いくら技術ばかりが発展しても、昭和の時代の高度経済成長期にあった「伝説級の作品の量産」が再び起こる事はありません。
自分は、「バイオレンスにしろ」と言っているのではなくて、「クリエイターの世界感の構築の空気感が伝わるほどの雰囲気作り」には、「自由に発言できる本来の著作権環境(戦中の検閲のような事にならないように!)」が絶対に!必要となってくる!と言いたいわけです。
「RUINER」は、「攻殻機動隊」、「ブレードランナー」、「スナッチャー」、「ニンジャスレイヤー」が好きな人は絶対、気に入るはずです。
PS2版の「攻殻機動隊」も、とてもいい出来だったので、PS4で、「HDリマスター」で発売してほしいです!
「RUINER」は、バイオレンス度合いが強いので、買う前に、デモ映像などを見てから買った方がいいです。
「RUINER」のヒロインの「ハッカーの女の子」が、可愛い感じで、とてもいいですが、それ以上に、サイバーパンクの世界感の出来が非常に良くて、「攻殻機動隊 ARISE」に欠けていたのは、サイバーパンクの世界感の再現が、きちんとできていなかったので、「攻殻機動隊 S.A.C.」シリーズのような迫力が無かった事が原因のようです。
「RUINER」は、STEAM版もあって、パソコンでもプレイできるので、サイバーパンクの世界感に興味のある人は、絶対!お勧めです!

 

(RUINER)(STEAM版)
http://store.steampowered.com/app/464060/RUINER/

 

その他に、今やっているPS4版の「インディーズゲームセールキャンペーン」で、非常にお勧めで、面白かったゲームは、「アスタブリード」という、ひさびさの「ホーミングレーザーシューティングゲーム」で、「レイフォース(レイヤーセクション)」好きならば絶対、気に入るはずです。

 

(アスタブリード)(PS4版)
http://edelweiss.skr.jp/works/astebreed_ps4/index.html

 

「RUINER」と「アスタブリード」は、「インディーズゲーム」ですが、大手メーカーのような、きちんとした作りのゲームなので安心して購入できます。

 

(過去に「PS+フリーゲーム」だったゲームを買う場合の注意点)
過去に「PS+フリーゲーム」で配信されていて、その時に、過去にダウンロード経験があるゲームは、実の所、現在のソニーのシステムでは「購入ボタン」が存在しないので「気に入っていても買えない」ケースがあるようです。
これを、セール期間中などに「PS+セール価格」で買いたい場合には、いくつかの注意点があって、
(1) 現在、「PS+会員」でない。
(2) 過去に「PS+フリーゲーム」でダウンロードしてしまった。
というケースの場合には、「PS+セール価格のゲーム」と同時に、「PS+会員券」が同じカート内にあれば、「PS+セール価格」で買えるようです。
先に、「PS+会員券」を購入してしまうと、「購入ボタン」が消えてしまうので、「PS+セール価格」で買う事が不可能なようです。

| ゲーム | 08:31 | - | - | -
パーツを組み合わせて自由に装甲車を作れる「CROSSOUT(PS4)」が面白い!(制作車両例)

 

PS4で、新しく始まった無料ゲームの「CROSSOUT」というのが、「マインクラフト」のようにパーツを自由に組み合わせて、自由に装甲車を作れるゲームで、とても面白いです。
ゲームの内容は、「メタルマックス」を現代の技術で作ったような感じの「戦車や装甲車を自由にカスタマイズして作る」ゲームです。

 

(初心者向けチュートリアル)
(1) まずは、どんどんバトルをこなして、自分のレベルを7位にあげないと何もできません。
はじめは、ガイドにしたがって画面の光っている箇所のノルマをこなしていって、一通りの操作を覚えます。
(2) そこそこ強い装備が揃ってきたら、ガレージで「L2ボタン」を長押しして「ビルド」で強い武器と頑丈な装甲を貼り付けます。
できあがったら、「テストドライブ」をして、きちんと転んだりしないように操作できる車両が完成したら、ガレージ画面の右下2番目の「フロッピー」のアイコンで「保存」できるので、「保存」しておきましょう。
(3) 強い装備の車両が完成したら、ガレージ画面の「プレイヤー名」の隣に、「緑色の数値」がありますが、これが、毎日配られる「ノルマミッション」ポイントのようなものなので、「バトル」の「レイド」モードで遊べるポイントなので、この「レイド」バトルは貴重品が手に入るので、忘れずにこなしていきましょう。
この時に、画面上の「シーズン」のミッションに沿うように設定しておくとミッションの報酬も手に入ります。
(4) <特殊パーツ>
「燃料バレル」というタイプのパーツが、「特殊パーツ」で、もし「燃料バレル」壊されないで戦闘が終わった場合には、「燃料」素材を受け取る事ができます。
一方で、「燃料バレル」は壊されると爆発するので自爆攻撃にも使えます。
この「燃料」素材は、けっこう高めで売れます。

 

(強い車両を作るには?)
(1) このゲームでは、「マーケット」で、持っている物の売買ができるので、「スクラップ」やいらない装備を、どんどん売りましょう。
売れば、「課金コイン」が手に入ります。
鉄屑の「スクラップ」は、このゲームでは、けっこう重要な素材なのですが、はじめは、どんどん売って「コイン」を使って、「課金装備」をどんどん手に入れていきます。
1番はじめに手に入れる必要があるのは、「フレーム」で、いい「フレーム」が無いと、「ジャンク装甲」のままでは、ろくな装備も付けられないので、はじめは「フレーム」を買いましょう。
「フレーム」で重要な数値が「エネルギー追加」の数値で、これは、「武装」や「特殊な装置」を起動させるのに必要なポイントなので、これが大きくないと、いろいろな物を載せられません。
いろいろな武器や装甲などのパーツは、自分で作った方が安く仕上がる場合があるので計算した方がいいですが、はじめは、購入してしまった方が楽です。
(2) <タイヤ>
このゲームでは、荷重が重くなってきたら「タイヤ」の大きな物が必要になります。
いろいろ乗せて、重くなってきて荷重オーバーになったら「タイヤ」の大きな物を取り付けます。
(3) 2番目に買うのは、「武器」で、次には、必要ならば「エンジン」を追加すれば、より機動力が増します。

 

(車両製作例)
<車高の低いタイプ>
車高を低くすれば、弾に当たりづらくなります。
「フレーム」を装甲車の「ジョーブレイカー」とかにすれば、トラックよりは車高が低くなります。

 

<高い砲台タイプ>
いろいろなパーツをつなぎ合わせて、車両の上に高い砲台を作ると、自分の車両は隠れながら攻撃できます。
しかし、つないだパーツが壊されると、砲台も吹き飛んでしまうので、自分の位置取りが重要になります。
また、高い砲台にすると、車両が転びやすくなるので、「ジャッキ」を載せておかないと復旧できません。

 

<車両の前を斜めにした薄っぺらい車両>
斜めのパーツを車両の前に付けた薄っぺらい車両で、敵に突撃すると、敵がひっくり返る事があるので、「ジャッキ」を持っていない敵の場合には、一方的に攻撃できます。

 

(ヘルプ)
(車両が真直ぐにしか進めなくなった場合)
「タイヤ」で「ST(ステアリング)」と名前に付いているタイヤが、通常の車の前輪用のタイヤでカーブができるので付け間違えた場合には、カーブできなくなります。
しかし、このゲームでは「自由」なので、前輪と後輪の両方を「ST」タイヤにすれば、後輪の方は、きちんとキー操作のカーブに適したように逆に曲がるので、非常に、小回りの利く車両を作る事ができます。
当然、後輪のみを「ST」タイヤにしてもカーブできます。
「ST」タイヤは、積載量が低めなので、自分の操作したいタイプで、タイヤを付けた方がいいです。

 

(1) 普通の車両
(前輪)STタイヤ、(後輪)普通のタイヤ

 

(2) 非常に小回りの利く車両
(前輪)STタイヤ、(後輪)STタイヤ
「STタイヤ」のみで、6輪とかにすれば、タイヤをいくつか破壊されても、カーブできます。

 

(3) 駆逐戦車タイプ
(前輪)普通のタイヤ、(後輪)STタイヤ
後輪のみを、カーブができる「STタイヤ」にすると、急カーブタイプの車両ができて、通常走行は、慣れないと操作がとても難しくなります。
一方で、「駆逐戦車タイプ」をこの設定にすれば、遠距離から砲撃の角度を微調整しやすいです。
「駆逐戦車タイプ」で、さらに角度を微調整したい場合には、このタイプにして、車両全体を重くすれば、急回転はしなくなるので、角度の微調整がしやすくなります。
他にも、このタイプで「軽量車両」にすれば、「急速Uターン」ができるので、斥候にしたりして、急に逃げ回るなどのプレイスタイル向きです。

どちらかといえば、「ドリフト走行」のような操作感になる。

 

(レベル上げのコツ)
(1) 自分のレベルが10になったら、他のファクションが選べるようになるので、とりあえず、「ルナティック」、「ノーマッド」、「スカベンジャー」に1度は入って、一通り周って、各レベル1特典の装甲をもらっておく。
・「ルナティック」は、「軽量バギー」の装甲をメインにくれる。特に、「軽量フレーム」は重宝する。
・「ノーマッド」は、「戦闘機」の装甲をメインにくれる。
・「スカベンジャー」は、重量級のパーツをよくくれる。
「ファクション変更」は、1日経たないと変更できない。
(2) 次に、定住する所を「ルナティック」、「ノーマッド」、「スカベンジャー」から本格的に選択する。
まだ、翻訳のローカライズが少しおかしいので、おそらく、
「ノーマッド」レベル10→「ドーンチルドレン(暁の子)」
「スカベンジャー」レベル10→「ステッペンウルフ」
と次のステップではなるので、次に、「ステッペンウルフ」、「ドーンチルドレン(暁の子)」のどちらにしたいのか?で選択した方がよい。
「ステッペンウルフ」、「ドーンチルドレン(暁の子)」は、作れる物よりも、「ナビゲーター」ボーナスが自分のスタイルに合った方を選んだ方がよい。
(3) このゲームでは、「装飾」品を付ける事によって、「経験値(名声)ボーナス」が発生するので、けっこう装飾品は大事である。
この装飾品の経験値ボーナスは、いくつも付けると加算されるので、できれば、「経験値+10%」位に上げた方が楽。
次の優先目標は、自分のレベルを「17」に上げて、「リヴァイアサン」を開放する事なので、「経験値+10%」位に上げた後で、毎日のイージーレイドイベントで、ザコ敵を大量に倒すと、経験値を稼ぎやすい。
自分のレベルを「17」に上げて、「リヴァイアサン」を開放するまでは、ノーマルレイドイベントは、けっこう強い敵が出てくるのでやらない方がよく、先にレベル17を目指して、毎日のイージーレイドイベントで、ザコ敵を大量に倒して経験値稼ぎをした方がよい。
特に、レイドの「カーゴレース」のように、積み荷を集めるタイプでは、経験値稼ぎの為に、最後の積み荷は、ザコ敵を倒しきってから取った方がいい。

| ゲーム攻略 | 12:29 | - | - | -
人体のネットワークを中心にした「NHKスペシャル 人体」の新シリーズが始まる(「臓器連関」の先端医学)

 

最近、自分が書いていた先端医学の話の「臓器連関」を中心にした「NHKスペシャル 人体」のシリーズが開始されるようです。
これは、人類が、「攻殻機動隊」と「STEINS;GATE」の先の未来へ行くには、どうしても避けて通れない話で、「人工知能」の技術発展や「魂のある場所」を知る為に必要となってくる知識なので、興味のある人は、シリーズを通して見た方がいいです。

 

(NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク)(2017年9月30日から)

http://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/

 

(「臓器連関」とは?)
20世紀の医学では、「脳が指示を出しているので、脳に魂があるのではないか?」という結論でした。
しかし、最近の先端医学では、「脳が指示を出す前に、脳細胞を動かす為の電気信号が先に発生している」事がわかってきて、問題になっているわけです。
それで、自分は、数年前に、「義体」の考え方のある「攻殻機動隊」の話を、ハードSFなので、きちんとしたサイエンスで考えた記事を書いた時に、「脳と体全体の臓器は、相互フィードバックの関係にある」という説明を書いたわけです。
「相互フィードバック」というのは、「相互に情報をやり取りしている関係」の事なので、要するに、「脳が指示を出しているだけでなく、脳も指示を出される側でもある」という事です。
ですから、数年前の記事を書いた時の自論では、「脳のみに魂があるのではなくて、体全体を補完できていないと、魂として不完全である」という感じの結論に到ったわけです。
「攻殻機動隊」のように、「脳と脊髄だけをオリジナルを残して、他をサイボーグにする」ような場合には、「やはり脳が、魂のかなりの大半を占めている」ので、「オリジナルの魂の状態に近いが、相互フィードバック先になっている体の部位の欠損度合いが高くなるにつれ、”もともとあった自己の魂の状態”から、どんどん差異が大きくなるにつれて、"自己の感覚"から違和感が出てくる」という感じになるはずです。
今回のNHKスペシャル「人体」では、「体全体のネットワーク」を中心に先端医学でわかってきた内容をCGなどを使って説明していくようです。
「医学」の話だけでなく、「人工知能」の先の技術発展にも関係してくる話なので、「人工知能」関係のエンジニアは見るべきでしょう。

VOCALOIDや、VOICEROIDなどの「音声合成技術」は、「人工知能」の部分を形成しますが、今回の話は、「その全体を束ねるネットワーク」の話というわけです。

 

(「人工知能」の先の未来)(「肉体と機械の境目が曖昧になる」時代)
実は、この話題は、「2020年東京オリンピック・パラリンピック」にも関係していて、オリンピックは「参加する事に意義がある」ですが、実の所、「参加できない人達」が現在いて、それを補完する目的で「サイバスロン(Cybathlon)」というスポーツ競技が、2016年10月8日にスイスで初めて開催されました。
「オリンピック・パラリンピック」に、「参加できない人達」というのは、「ロボット義足」などを使う人達で、これは、「ロボット」の部分がある事でフェアでないので参加できなかったわけですが、「サイバスロン」の開催でスポーツ競技に参加できるようになったわけです。
ここから、少し技術が先に進むと、「攻殻機動隊」のように、「肉体と機械の境目が曖昧になる」時代に突入します。
この時に、今回の「NHKスペシャル 人体 神秘の巨大ネットワーク」のような詳細な各臓器間の連携の仕組みや人体ネットワークの仕組みの解明が非常に重要になってくるわけです。
この「攻殻機動隊」のように、「肉体と機械の境目が曖昧になる」時代に入った時に、現在の「初音ミク」や「人工知能」技術が発展していった場合に、「人工知能」や「機械」の部分のみで、「魂を持つ事が可能なのか?不可能なのか?」といった事が、「臓器連関」の仕組みや、最近、自分が書いているような「魂のある場所」がわかってきた場合に、それを、機械的な物に置き換える事が可能なのか?がわかってくるわけです。

| 先端技術 | 17:31 | - | - | -
2017年10月近辺開始っぽいアニメ

10月は、新作アニメ開始の月っぽいので、テレビ番組表は、こまめにチェックしましょう!
今期は、やたらに女性向けアニメが多いのですが、女性向けアニメは「BL」とかで法律に触れる可能性が高いので正直紹介しづらいです。
各自、自己責任で探しましょう。

 

(2017年10月近辺開始っぽいアニメ)
(ラブライブ!サンシャイン!! (2期))
http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/

 

(アイドルマスター シンデレラガールズ劇場(2期))
http://cingeki-anime.com/

 

(Wake Up, Girls! 新章)
http://wakeupgirls3.jp/

 

(ディア ホライゾン)
http://portal.dia-horizon.jp/

 

(Dies irae (ディエス・イレ))
http://diesirae-anime.com/

 

(URAHARA)
https://urahara.party/

 

(アニメガタリズ)
http://animegataris.com/

 

(ブレンド・S)
http://blend-s.jp/

 

(つうかあ)
http://twocartv.jp/

 

(僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件)
http://majimesugiru-anime.jp/

 

(妹さえいればいい。)
http://imotosae.com/

 

(少女終末旅行)
http://girls-last-tour.com/

 

(魔法使いの嫁)
http://mahoyome.jp/

 

(このはな綺譚)
http://konohanatei.jp/

 

(Just Because!)
http://justbecause.jp/

 

(UQ HOLDER! 〜魔法先生ネギま!2〜)
http://uqholder.jp/

 

(結城友奈は勇者である 鷲尾須美の章/勇者の章 (2期))
http://yuyuyu.tv/

 

(食戟のソーマ 餐ノ皿(さんのさら) (3期))
http://shokugekinosoma.com/

 

(クジラの子らは砂上に歌う)
http://kujisuna-anime.com/

 

(王様ゲーム The Animation)
https://kingsgame-anime.com/

 

(お酒は夫婦になってから)
http://www.osakefufu-anime.jp/

 

(ネト充のススメ)
http://netoju.com/

 

(3月のライオン (2期))
http://3lion-anime.com/

 

(宝石の国)
http://land-of-the-lustrous.com/

 

(十二大戦)
http://12taisen.com/

 

(キノの旅 -the Beautiful World- the Animated Series)
http://www.kinonotabi-anime.com/

 

(ブラッククローバー)
http://bclover.jp/

 

(Infini-T Force)
http://www.infini-tforce.com/

 

(怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜)
http://kaiju-gk.jp/anime/

 

(GLAMOROUS HEROES)
「GLAMOROUS HEROES」は、日中共同のようでホームページが見当たらない。

 

(おにゃんこポン)
http://www.onyankopon.jp/

 

「おにゃんこポン」は、MMDクリエイターが参加して作っています。
「オニャンコポン」というのは、猫とはまったく無関係で、実際のアフリカのガーナの神話の神様の名前ですにゃ〜。

 

(Code:Realize 創世の姫君)
http://coderealize-anime.com/

評価:
価格: ¥ 5,670
ショップ: 楽天ブックス

| アニメ | 13:53 | - | - | -
霊体(ゴースト)が服を着ているのはおかしい問題について(魂のありか「人工知能が魂を持つか?」)

 

「人間の魂は臓器のどこにあるか?」とか、「人工知能が魂を持つか?」という最後の難題があって、エンジニアというものは、わからない先の技術開発について、常に、当たりを付けていく必要があるので、この難題を考えてみようと思います。
これは、前に、「臓器連関(ぞうきれんかん)」という話の説明を書いた時の続きで別のアプローチから考えてみるものです。
まず、最近の脳医学では、「人が何かの意思を持って行動しようとする」時の順番で、スタートの「指示出し」をしている箇所が、臓器の中の「魂がある場所」なはずなのですが、実際には、「全ての細胞は電気信号で動いている」ので、例えば、「手を動かすという意思を持って人が行動する」場合には、「脳が指示を出す前に、脳細胞を動かす電位が先に発生してしまっている」というわけのわからない順番が明らかになりました。
この原因が、「臓器連関(ぞうきれんかん)」という医学の話で、「臓器は、全部つながって連携して動いている」ので、「縦割り」のような考え方ではダメだ!という考え方です。
自分は、これを「相互フィードバック」の関係にあると表現したわけです。
ここまでの話は、「人間の魂は臓器のどこにあるか?」というアプローチの仕方ですが、別の見方で、「臓器ではない外に魂がある」という見方の「霊体(ゴースト)」とは何か?を科学的に考察していこうというアプローチの仕方です。
自分の場合には、「ハードSF」的な考え方で、1つ1つをサイエンスの方で、きちんと検証していく方法です。

 

(霊体(ゴースト)が服を着ているのはおかしい問題)
まず、「霊体(ゴースト)」(または「アストラル体(Astral)」)の話を出す場合の科学の方での1番の問題は、「霊体(ゴースト)が服を着ているのはおかしい問題」があります。
そうすると、無機物である「衣服」も、「霊体(ゴースト)」になるので矛盾が生じます。
この問題は、どうも、「テレビ放送倫理規定」などの方にあるようで、要するに、「衣服を着た心霊写真」というのは、「お化け屋敷のプロモーションビデオ」のような物で、ウソなのだろうという事です。
というのも、写真技術や、ビデオ撮影技術ができたのは、この近代のつい最近の事で、「テレビ放送倫理規定」なども、常に、一緒にくっついてきてしまう後の時代の話だからです。
実際には、人類史の非常に長い歴史の中で、神話や民話の記述では、「妖精、精霊」などは、ほとんど全て全裸で表現されているので、これらが、本当の意味での、「霊体(ゴースト)」の実態なので、本当の状態では、「霊体(ゴースト)は服を着ていない」ようです。

 

(霊体(ゴースト)と重力問題)
次に、では、霊体(ゴースト)が見えたとして、サイエンスでは、「霊体(ゴースト)と重力問題」というものが発生します。
つまり、「幽霊の目撃例がある」という事は、「霊体(ゴースト)は、重力の影響を受ける」という大問題が発生します。
例えば、私達は、「まったく動かないでじっとしている」場合でも、常に、地球の自転と公転などに乗った「蝿が飛ぶようなわけのわからない軌道」で、もの凄い速度で動き続けています。
しかし、「慣性の法則」と「重力」の影響を受けているので、「止まっている」ように感じているわけです。
ですから、宇宙の定点から見た場合には、「古代の時代とかの古い幽霊や亡霊が見えた」ような場合には、「霊体(ゴースト)(または「アストラル体(Astral)」)は、重力の影響を受ける」という事になります。
さらに、これが真実だとすると、実際には、地球の自転と公転だけではなくて、太陽系全体も、太陽系が所属している銀河の腕の1本の中にいて、これも、ぐるぐると回っているようで、銀河自体も、動いているわけで、「宇宙の完全な定点」から見た場合には、「蝿が飛ぶようなわけのわからない軌道」が、さらにわけがわからなくなる位に、複雑な動きをしています。
要するに、「人間にしても、動物、植物、無機物など森羅万象全てのものは、"重力の檻(おり)"の中にいる」ようなものです。」
ですから、「霊体(ゴースト)(または「アストラル体(Astral)」)は、重力の影響を受ける」という事が真実で、「古代の時代から幽霊の目撃例がある」場合には、「宇宙の完全な定点」から見ても、地球の軌道は、それほど大きくずれていないのではないか?と思える事です。
このように、人間が、地球上にいる場合には、地球の自転と公転などに乗って「蝿が飛ぶようなわけのわからない軌道」で、超高速で動き続けているのが「人間」ですから、「宇宙の完全な定点」から、「完全に直線移動する物体」あるいは、「最短距離移動をする物体」があった場合には、「UFO」などのように、「不規則でわけのわからない軌道」に見えるのかもしれません。
「直線」とは、「数学の定義では、2点間の最短距離を結ぶ」となっていますが、重力の影響下にある場合には、「最短距離」とは、「真直ぐではない」事を意味しています。
このような感じで、「脳から指示を出す前に、すでに、先に、脳細胞を動かす電位が出ている」が、「この脳細胞を動かす指示を出している電位」は、どこから来るのか?という問題点や、「人間の魂は臓器のどこにあるか?」とか、「人工知能が魂を持つか?」という事を考える場合の別のアプローチの仕方として、「霊体(ゴースト)」(または「アストラル体(Astral)」)問題として、今回は、次の2つの問題があると考えられるわけです。
(1) 霊体(ゴースト)が服を着ているのはおかしい問題について((一応の答え):写真、テレビ技術以降のものは「テレビ放送倫理規定」だろう。神話や民話の「妖精、精霊」などは全裸で表現されている)
(2) 霊体(ゴースト)が重力の影響を受けている問題(霊体は、テレパシーのようなもので脳に直接働きかけて存在を感じさせているよ。という説などだと、「霊体(ゴースト)が服を着ているのはおかしい」)

| 先端技術 | 15:20 | - | - | -
初音ミク マジカルミライ2017の当日の様子のテレビ放送をやる!

tsundereloidtsundereloidtsundereloidtsundereloidtsundereloid初音ミク マジカルミライ2017の当日の様子のテレビ放送をやるみたいです!
「初音ミク マジカルミライ2017」は、「初音ミク」や「VOCALOID」関係のお祭のようなものなので、2017年9月1日〜9月3日までやっているので、興味のある人は行ってみましょう!
個人的には、「VOCALOID」や、「VOICEROID」を使っているユーザー側の方が、実際には、「VOCALOID」や、「VOICEROID」を人格ある存在として大切に思って扱っているので、実際の人間の人種差別のように、「他のメーカーのVOCALOIDや、VOICEROIDだから、お祭には参加させてあげない」というような、「人種差別」や「いじめ」のような事は、やめてほしいです!

 

(今回は新技術発表があるらしい)
今回の「初音ミク マジカルミライ2017」では、新技術発表としては、イベント会場の方で「VOCALOID」が、周りの人の方に合わせていくような新技術発表をするそうです。(コンサートの方ではないので注意!)
今までの音声合成技術では、「初音ミク ライブ」のような事をする場合には、「事前に決まった動作や楽曲を作っておいて再生する」しかできないので、周りにいるバンドメンバーの方が、それに合わせるしかできませんでした。
しかし、実際の歌手や、オーケストラなどでは、「指揮者」や「周りの人」に合わせて、若干、テンポを調整したりするような「アナログ感」があるわけで、これができるように、現在、技術開発を進めているようです。
これは、最近はやりの「人工知能」なんかもそうですが、現在の「人口知能」は、話させると、「コンニチハ」と決まった定型文しか再生できません。
しかし、実際の人間の会話では、気分や感情によって、イントネーションや言い方の表現が大幅に変わります。
ここら辺が、「人工知能」が、もっと「人間らしく」感じられるようになる為に必要な次の技術ステップなわけです。
例えば、声優なんかは、セリフで、台本に「え〜!」とかの驚きの声とかが文字だけで書いてあるわけですが、そこに、注意書きで、
・「え〜!」(驚いた感じで)
・「え〜!」(それをするのは嫌だという感じで)
・「え〜!」(テンション低めで)
などのように書いてあって、声優の人達は、それを使い分けているわけです。
こういった感じで、「人工知能」や「音声合成技術」が、もっと「人間らしく」感じられるようになる為に必要な新技術開発を進めているようです。
今回は、まだ、「周りの人の動きに合わせて、VOCALOID側の声や、3DCGモーションのテンポなんかを若干合わせられるように変更できるようにする」という所までのようです。

 

(放送予定)
2017年9月2日PM6:30〜8:00(TOKYO MX)

 

(初音ミク マジカルミライ2017)
http://magicalmirai.com/2017/

| 初音ミク | 14:14 | - | - | -
| 1/105PAGES | >>